薄毛の原因はコレだ!女性が気を付けるべき習慣とは

人間関係

薄毛と言えば、中年の男性に多い悩みのように思われてしまいますが、実際は「抜け毛が気になる」「髪の毛にコシがなくなってきた」「髪が薄くなってきた」と悩む女性は、意外にも多いものです。
女性は特に、薄毛によって見た目が老けて見られてしまうため、何としても対処したいですよね!
美容室に来るお客さんの中にもそのような悩みをもつ女性は多いようです。
カラーリングやパーマでも薄毛の原因になるのか調べましたが、ダメージを受けやすいには頭皮のみということなので、直接薄毛には関係がないようです。
薄毛の原因には体調の不調、妊娠や出産によるホルモンバランスの変化、食生活など原因は様々です。
ここでは、悩みが多い女性の中でも、薄毛に悩んでいる方へその原因と対処法をお話ししたいと思います。

薄毛の原因は普段の食生活にもある

そもそも髪ってどのように生えているのでしょうか?
頭皮の中には「毛根」という物が存在し、毛根の深い場所にある細胞が押し上げられて髪が伸びてきます。
個人差がありますが、髪は1か月1㎝ほど伸びるとされています。
しかし、頭皮にあるこの毛根が少ないと髪の毛にボリュームが出ずに薄毛になってしまいます。
育毛剤なども髪に栄養を与えますが、一番効果があるものは食事内容を見直すということです。
毛根は皮膚の細胞と似ており、体を作るための栄養素であるたんぱく質を摂取することで、元気な毛根を増やす近道となります。
たんぱく質は魚や肉、大豆製品、卵などから摂ることができますね。
一人暮らしをしていたり、不規則な生活をしていると、なかなかたんぱく質を摂取する機会を逃しがちです。
良質なたんぱく質を取り入れた食生活を心掛けることで、薄毛対策にも繋がるのです。
また、牡蠣や豚レバーに豊富なミネラル、牛肉、小麦粉、鮭などに豊富なL-システインなどの栄養素も髪にとって重要です。
また、ビタミンCは血行促進の働きがあるので、髪に栄養を与えてくれることを手伝ってくれる栄養素です。
髪の成長にはバランスの取れた食生活が重要だということがわかりますね。

 薄毛の原因で特に注意したい「ストレス」

食事以外にもストレスによって薄毛になる可能性があります。
ストレスを受けると、その人の弱い体の部分に症状として現れます。
特に皮膚が弱い人は抜け毛が多くなり薄毛になる可能性があります。
ストレスを受けると、自立神経が乱れ、血行不良に陥ります。
その結果、頭皮の血行不良となり毛根に十分な栄養が届かず抜け毛や、髪の毛の成長が遅れたり止まってしまうことが考えられます。
また、ストレスからホルモンのバランスが乱れることで薄毛になることも考えられます。
ストレスフルの状態だと、食生活にも影響がでるため十分な栄養を頭皮に与えることが難しくなりますね。
ストレスは薄毛以外にも身体の不調が現れやすく、心の状態も不安定になってしまいます。
ストレスをため込まずに、運動や趣味などで発散することも大事です。

薄毛にならないために出来ることは?

基本的には食生活を見直して、規則正しい生活を送ることが重要です。
人の体は夜寝ている間に作られます。
睡眠不足だと、髪の毛の成長が遅くなったり止まってしまいます。
そして、適度な運動やゆっくり入浴をして体を温めることも重要です。
運動を行ったり、体を温めることで新陳代謝が活発になります。
そうすれば、髪の成長を促してくれます。
運動や入浴はストレスを抱えている場合、それを発散することもできますね。
日々の生活スタイルを見直すことが、薄毛対策には重要だといえます。
それらを行ったうえで、育毛剤などを併用することも効果があります。
育毛有効成分であるセンブリエキス、グリチルリチン酸、酢酸トコフェロール、パントテニルエチルエーテル、ピロクトンオラミン、セファランチンが配合されているものに効果があるとされています。
また、女性用と男性用の育毛剤かしっかり確認しましょう。
育毛剤の臭いの好みも男女で違いますし、そもそも抜け毛自体の原因も男女で違いがあるため、女性専用の物を選ぶことをおススメします。

まとめ

いかがでしたか?薄毛は育毛剤だけに頼らず、まずは食生活に着目して改善してくことが重要です。
食生活の改善に併せて、育毛剤も併用していけたら効果もバッチリですね。
ストレス自体、心と体に大きな負担をかけてしまいます。
薄毛以外にも不調が出やすいため、ストレスをため込まない生活を心掛けたいですね。
髪の毛は見た目も左右されやすいため、もし薄毛で気になっている女性は生活スタイルから見直してみましょう。
何歳になっても、キレイな髪でオシャレを楽しみたいですね。