うさぎの寿命の平均はどれくらい?きちんと最後まで看取るために

ペット

ペット大国と呼ばれる日本では、犬や猫に次いで、うさぎもその飼いやすさから高い人気を誇っています。
ペットとして飼われているうさぎの寿命は、およそ5年~10年とされ、その平均は8年ほどになると言われています。
しかしながら、昔は、適した飼育方法が知られていなかったため5年~6年ほどしか生きられず、短命でありました。
現在では、うさぎの適した飼育方法が知れ渡ったことによって、10年ちかく生きられるさぎもいるようです。
しかし、10年と言っても人間の寿命と比べれば、あっという間にその時はやって来てしまいます。
その兆しは、食欲が落ちたり、昔と比べると動きが少なくなったりなどして現れます。
その後は、眠っているかのように静かに息を引き取る場合もあれば、暴れて苦しそうに鳴く場合など、うさぎによって、その瞬間は様々です。
さらには、ついさっきまで元気に走り回っていたのに、急に動かなくなり、息を引き取ってしまう。
そんなことだってあり得るのです。
うさぎは、犬や猫に比べて病気やストレスに弱く、デリケートな動物になるので、寿命をまっとうすることなく、最期を迎えてしまう、そんなうさぎがたくさんいます。
それでも、愛するうさぎに寿命をまっとうしてもらうために、飼い主さんは、出来ることを精一杯行ってあげてください。
もちろん過保護になりすぎれば、あなたもうさぎも疲れてしまいますが、出来る限りの危険を取り除き、安全に過ごせる環境を作ってあげることは必要です。
うさぎの死因は、寿命以外に病気や家の中での事故などがあります。
ですから、飼い主さんは、うさぎの年齢にあったエサを与えたり、家の中でのケガを未然に防ぐことを心がけましょう。
うさぎは5歳以上になると人間でいう「中年層」に該当します。
仔うさぎ専用のペレットがあるように、高齢になったうさぎにも専用ペレットが販売されています。
高齢向けのペレットは低たんぱくで作られていたりするので、そういったエサを与えて健康な体づくりを行ってください。
また、室内だけでなく、ゲージ内でケガをすることもあります。
室内、ゲージ内などでケガをしないような環境を作ることが大切です。
このようにうさぎは、大変デリケートな動物ですが、適切な飼育環境におければ12年〜15年まで長く生きることの出来る動物になります。
ただし、長く生きてもらうためには、飼い主さんの日々の生活において、努力する必要があります。
難しく考える必要はありません。
愛情を持って世話をし、気を配りながら過ごすだけでいいのです。
そんなうさぎですが、品種によって平均寿命は変わってくるのでしょうか。

うさぎの平均寿命「ホーランドロップ」

「ホーランドロップ」は、ネザーランドドワーフとフレンチロップを掛け合わせて生まれたうさぎです。
このうさぎの容姿は、垂れ耳が特徴的で、性格も穏やかであるため、人に懐きやすく、攻撃的な面を見せることはほとんどありません。
この「ホーランドロップ」は、このような人懐っこい性格から飼い主さん以外の人にでも簡単に抱っこさせてくれます。
「ホーランドロップ」の寿命は、およそ7年~10年となりますので、先述したうさぎの平均寿命とほとんど変わりません。

うさぎの平均寿命「ネザーランド」

「ネザーランド」はオランダという意味があり、名前の通りオランダで品種改良されたことから由来しています。
ネザーランドドワーフといううさぎは、成長しても大きくなることはなく、小柄な体格になります。
しかし、小柄な体格にも関わらず、活発に動き回り、元気な姿を見せてくれます。
また、飼い主さんに対して攻撃するようなことはありません。
むしろ、人に懐きやすい性格をしているので、撫でたり抱っこしたりなどのスキンシップも嫌がることもないので、甘え上手なうさぎと言えるでしょう。
そんなネザーランドドワーフの寿命は、5年~7年と言われています。
全体的なうさぎの平均寿命より少し短くなっています。

最後に

うさぎは「さみしいと死んでしまう」というのは有名な話ですよね。
この話は、あながち嘘ではありません。
うさぎは、コミュニケーションが不足してしまうとストレスを感じてしまうことがあります。
ストレスを感じ、溜め込んでしまうと便秘や下痢、肝臓などの病気に繋がってしまう畏れがあるのです。
しかし、うさぎにだって人間と同じでリラックスしたいときもあるのを忘れないでください。
過度なスキンシップによって、疲れが溜まってしまうとうさぎは、食欲が落ちたり、排便がなくなったりしてしまいます。
食事の量や排便の回数に変わりがないか、日々観察することようにしましょう。
さらに、日常的なスキンシップによるコミュニケーションは適度な距離を保つことが大切です。
うさぎの寿命を長くするには、飼い主さんの愛情や育て方次第になることは間違いありません。
一般的な平均寿命より長生き出来る環境を整えてあげましょう。