実践!烏龍茶で健康管理!飲むだけで得られるうれしい効果20!

家事

飲むだけで嬉しいい効果がでる夢みたいな飲み物が烏龍茶です。
その烏龍茶から得られる効果に付いて詳しく説明します。

効果を最大限に引き出すには飲むタイミングが大切です。

またこの体に良い効果は烏龍茶独特のポリフェノールが大きく影響しています。

烏龍茶と他のお茶との違いも説明します。

是非、烏龍茶があたえる効果を最大限に引き出しましょう。
そして烏龍茶で健康管理を実現させます。

いつ?どうやって?ウーロン茶を飲むタイミングや効果的な飲み方を理解しより健康な生活を!

烏龍茶にある効果を紹介します。

①脂肪吸収
体内に入ってきた脂肪は、すい臓から分泌される脂肪分解酵素リパーゼにより
吸収されやすく分解され吸収されていきます。
このリパーゼの働きを阻害し、脂肪が分解されないようにします。
この働きを阻害したことで吸収されにくくなり、脂肪が対外へ排出されます。

②コレステロール値を下げる
烏龍茶をのむことでミセルの効果を低下させることが出来ます。
その効果が低下そたことでコレステロールは、小腸で吸収されずそのまま体外へ排出されます。
その結果、血液中のコレステロール低下につながります。

③中性脂肪を下げる
先ほど説明した脂肪吸収抑制作用によって中性脂肪を下げる効果もあります。
血液中の中性脂肪が下がると、体脂肪の増加を抑えます。
ダイエット効果に繋がるのです。

④脂肪燃焼
烏龍茶に含まれるカフェインの70~80%を肝臓で代謝されます。
代謝されたときにパラキサンチンが分泌されます。
このパラキサンチンは脂肪の分解・代謝を促進させてくれます。

⑤体温上昇
カフェインには交感神経を刺激し、体温を上げる働きがあります。
体温が上昇すると基礎代謝が上がり、脂肪がつきにくい体になります。

⑥動脈硬化予防
動脈硬化が進行すると命に関わる病気を引き起こす原因になります。
動脈硬化はコレステロールや中性脂肪が原因で起こります。
この2つを低下させる作用があるので動脈硬化の予防に繋がります。

⑦血液の抗凝固作用
血栓を出来にくくし、血液をサラサラにする効果があります。

⑧血圧を下げる
血圧の上昇には、アンジオテンシンが関与しています。
烏龍茶にはアンジオテンシンの活性を阻害する効果があるので血圧を下げることができます。

⑨脂質異常症予防
脂肪、コレステロール吸収抑制作用は、血液中の中性脂肪やコレステロールの減少につながり、脂質異常症の予防、改善に効果があります。

⑩アンチエイジング効果
烏龍茶の代表的な効果には、抗酸化作用があります。
酸化し体が老化していくのを防いでくれます。

⑪美肌効果
先ほど説明した抗酸化作用は、美肌効果にもつながります。
美肌の維持に必要なのは水分保持力と、弾力を担うタンパク質コラーゲンやエラスチンです。
酸化によってこれらが少なくなることを防ぐことが出来ます。

⑫美白効果
紫外線により生成されるメラニン色素の沈着を抑制する作用があります。

⑬冷え性改善効果
烏龍茶は半発酵茶で、体を温める「温性」の飲み物です。
体温上昇作用もあり、基礎代謝を上昇させます。
烏龍茶は手足の冷えはもちろん、体の中から温め効果を発揮してくれます。

⑭便秘改善効果
烏龍茶は内臓の血行が良くなり、胃腸の機能が改善、そして腸の運動が促され
便秘の改善につながります。

⑮リラックス効果
烏龍茶に含まれるアミノ酸の一種テアニンは、リラックス効果があります。

⑯むくみ改善効果
循環器系に働きかけ、尿細管で水分の再吸収を抑制、尿量を増やし利尿を促してくれます。
血行を促す作用や利尿作用は、むくみを解消に導きます。

⑰集中力持続効果
烏龍茶には覚醒作用があります。
この覚醒作用が集中力持続効果に繋がります。

⑱眠気冷まし
烏龍茶には興奮作用があります。
この興奮作用は目が覚める効果に繋がります。

⑲ストレス緩和
烏龍茶に含まれるアミノ酸の一種テアニンは、ストレス緩和効果があります。

⑳更年期障害改善
烏龍茶に含まれるアミノ酸の一種テアニンは、更年期障害改善効果があります。

効果的にこのような効果を発揮させるためには飲むタイミングが大切です。

脂肪吸収を抑制するためには食事と一緒に飲みましょう。
脂肪を燃焼させるには、運動する30~40分前に飲みましょう。
リラックスやストレス緩和にはティータイムに飲むことがお勧めです。

知ってた?烏龍茶の効果は他のお茶には無い独特のポリフェノールによるもの!それらの違いを簡単に説明します!

烏龍茶には「ウーロン茶重合ポリフェノール」という独特のポリフェノールは含まれています。
お茶を作る製造方法の違いでこの烏龍茶独特のポリフェノールは出来ます。

お茶は茶葉を発酵させて作ります。

発酵させないお茶は緑茶で発酵させたお茶は紅茶といいます。

烏龍茶は半発酵されたものいいます。

発酵を途中でやめ半発酵させることでこのウーロン茶重合ポリフェノールを
含むお茶が出来上がります。

さいごに

烏龍茶はたくさんの効果があります。

ダイエット効果、生活習慣病予防、ストレス緩和、冷え性緩和、むくみ解消
便秘改善、美肌効果などです。

この効果を最大限に引き出すには、ただ飲むだけより
効果的に飲む方法を知る必要があります。

烏龍茶はに含まれる「ウーロン茶重合ポリフェノール」は
烏龍茶は独自の半発酵という製造工程でふくまれます。

烏龍茶を効果的にのみ健康管理をしっかり行いましょう。