烏龍茶はダイエットにも効果あり!飲み方のポイントは?

身体

烏龍茶は、独特な香りと味わいをしながらも、食事にもあう飲み物ですよね。

冷たくても、温かくてもおいしく飲めるお茶です。

烏龍茶は健康に良いと言われていますが、どんな効能があるか詳しく分る人は

少ないんじゃないでしょうか。

最近では、ダイエットにも効果があると言われている烏龍茶ですが、ただ飲めば

いいわけではないんです。

ダイエットの効果があがる飲み方があるので、そのポイントを紹介したいと思います。また、烏龍茶の効果効能についても説明していきます。


 烏龍茶の効果効能いろいろ

 

烏龍茶は茶葉を摘み取り、発酵の手順の途中でわざと発酵を中断させて作ります。

途中で発酵作業を止めて、完全に発酵させないからこそ烏龍茶の独特な香りと

味わいが出るんです。

烏龍茶はたくさんの効果効能があります。これからいくつかの烏龍茶の効果効能を

紹介します。

また、効果効能だけでなく、烏龍茶のデメリットもあるので、一緒に説明して

いきますね。

≪脂肪の吸収を抑える≫

ウーロン茶は、脂肪の吸収を抑える働きがあります。

脂肪が体に吸収されることなく体の外へ排出されるよう促してくれるんでます。

よくCMなどで、「油っこい食べ物と一緒に」と宣伝しているのも、脂肪の吸収

を抑えてくれるからなんですね。

もう少し詳しく説明すると、烏龍茶には烏龍茶茶ポリフェノールという

成分が含まれています。

この烏龍茶ポリフェノールには、脂質の分解や吸収の働きを行う消化酵素

の働きを抑えることによって、体内で脂肪の吸収をせずに腸まで運んで

排出させてくれるんです。

その結果、脂っこい脂質多めの食事をしても烏龍茶の手助けで太りにくい体

にしてくれるんですね。

≪むくみ解消≫

烏龍茶にはむくみ解消の効果もあります。

烏龍茶にはカフェインが含まれていて、このカフェインには利尿作用が

あります。

体内に溜まった水分を尿の量を増やして外に排出することで、むくみの解消

効果があるんです。

≪アンチエイジング効果≫

烏龍茶には抗酸化作用もあります。そのため、活性酸素を抑制してくれるんです。

性酸素が体内で過剰に増えると、細胞などを酸化させ、老化が進んでしまうん

です。

そこで烏龍茶の出番です。烏龍茶ポリフェノールには、「SOD酵素」という成分の

働きをサポートし、過剰な活性酸素を減らす働きがあるんです。

烏龍茶ポリフェノールの働きによって、アンチエイジングが期待できるですね。

また、新陳代謝も活発になり、美肌にも効果が期待できますよ。

≪虫歯対策≫

烏龍茶は、虫歯対策にも役立つんです。

烏龍茶は虫歯原因菌の酵素の活性化を邪魔する働きも持っています。

簡単に例えると、キシリトールのようなものです。

また、烏龍茶には殺菌効果もあるため、口臭を防ぐ効果もあります。

口内環境のためにウーロン茶を飲むのもいいですね。

もちろん、毎日の歯磨きはしっかりやりましょうね。

≪烏龍茶茶ポリフェノール≫

ポリフェノールはワインやチョコレートに含まれていますよね。

実はウーロン茶にもポリフェノールが含まれているんです。

その名も、烏龍茶ポリフェノールです。

烏龍茶ポリフェノールは、多くのカテキンが結合してできています。

緑茶などには含まれない特有のポリフェノールと言われているんですよ。

烏龍茶ポリフェノールは、上記で説明したように、脂肪の吸収を抑える

働きがあります。烏龍茶が肥満予防に効果があるのは、このポリフェノールの

おかげなんですね。

≪烏龍茶のその他の効果効能≫

烏龍茶には、むくみ解消効果やアンチエイジング効果以外にも、たくさんの

効能、効果があるんです。

消化不良予防や、高血圧予防などの効果もあり、さらには抗がん作用まである

とも言われています。

烏龍茶にはたくさんの効果効能があることを紹介してきましたが、注意する点

やデメリットもあります。

≪飲み過ぎには注意≫

烏龍茶にはカフェインやタンニンが含まれているので、飲みすぎには注意

しましょう。

カフェインはコーヒーほどではありませんが、緑茶などと同じくらいの

量があります。

カフェインはビタミンCの吸収を邪魔するので、飲み過ぎるのは控え

ましょう。

また、タンニンは鉄の吸収を邪魔するため、特に貧血気味の人は摂取に

注意が必要です。

≪空腹時は避ける≫

烏龍茶にはコーヒーほどではないですが、カフェインを含んでいるため

空腹時に大量に飲むとお腹の調子を悪くする可能性があるんです。

胃に何も入っていない状態では大量に摂取した烏龍茶のカフェインが

消化器官に刺激を与え、下痢や腹痛を引き起こすこともあります。

≪烏龍茶の飲み過ぎによるデメリット≫

烏龍茶の飲み過ぎは下痢や腹痛だけではなく、利尿作用の影響で反対に

水分不足を引き起こすデメリットがあります。

水分補給のためにたくさんの烏龍茶を飲むのは、水分補給しているようで、

実は水分不足に陥る危険性もあるんです。

烏龍茶は空腹時は避け、食事中に飲んだり喉が渇いたときに適量飲むなど

正しい飲み方をしましょう。


ウーロン茶のダイエットに効果的な飲み方

烏龍茶には脂肪の吸収を抑えてダイエットにも効果的な飲み物です。

しかし、ただやみくもに飲めばいいわけではありません。

これから、ダイエットに効果的な飲み方をいくつか紹介したいと思います。

≪食事中又は食後に飲む≫

脂質の吸収を抑えてくれる烏龍茶ですが、食事中に飲むのが一番効果的です。

胃腸に食べ物がある時に烏龍茶を飲めば、食事中の油の吸収を抑えてくれます。

油を多く使う中華料理に烏龍茶を合わせることが多いのは、そのためなんですね。

また、烏龍茶には、「サポニン」と呼ばれる抗酸化作用のある成分も

含まれています。

サポニンは、食べたものの油分を分解するだけでなく、腸管にある脂質も

分解する働きがあります。

さらに、血液中のコレステロール値を下げたり、脂質の生成を抑えて肝機能の

働きを良くしたりする働きもあるんです。

烏龍茶は、ダイエットだけでなく、健康も維持してくれる優れものですね。

≪運動前に飲む≫

烏龍茶に含まれるカフェインは、脂肪燃焼を助けてくれるので、

運動前に飲むことで消費カロリーや脂肪燃焼率を増すことが期待できますよ。

烏龍茶に含まれる「カフェイン」には、交感神経を刺激する働きがあります。
交感神経には、エネルギーを放出させる働きがあるので、交感神経が活発になる

ことでエネルギーの消費に繋げることが期待できるんです。

その結果、脂肪燃焼を促進させる効果が生まれ、ダイエットをサポートして

もらえるんですね。

烏龍茶を飲んでから運動をするなら、持続性のある有酸素運動がおすすめです。
ウォーミングやスイミング、サイクリングなどを取り入れてみてください。

≪一日に飲む量は、600~800ml程度≫


烏龍茶の飲みすぎは体にも良くないので、600~800ml程度にしましょう。
200mlのコップに3~4杯くらいになるので、「毎食ごとにコップ1杯飲むようにする」と決めておくのもいいですよ。

まとめ

いかがでしたか。ウーロン茶にはたくさんの効果、効能があることが分り

ましたよね。

飲み過ぎは良くありませんが、正しい飲み方をすれば、健康にも美容にも

効果的な飲み物です。

毎日の生活に烏龍茶をぜひ取り入れてみてください。