これも運転マナー?片道一車線で譲るか譲らないか

マナー

運転をするときに運転マナーはとても大切です。

片道一車線の道はよくあると思いますが、その時に後ろから車がきて
あきらかに自分の車がその車に比べて遅い場合つんでしまいます。

そういった状況に遭遇したことがある人は多いと思います。

その場合路肩がある場所で、安全に譲る事が出来るようなら
譲ることをおすすめします。

後ろの車に追われているとバックミラーを見るたびにその車が目に入って
無意識に意識していまい、イライラしてしまう場合もあります。

後ろの車の運転手もなかなか思うように運転できず
自分の前に車がずっといることでこちらも同じように意識してしまいイライラしてしまいます。

このように路肩があり安全な場所で道を譲る行為は
運転マナーがいい人だと言えるでしょう。

しかしみんなが運転マナーの良い運転手ではありません。
ここからは運転のマナーが悪い人についてとその対応方法を紹介します。

運転マナーの悪い人でよくあるのが煽り運転です。
煽り運転をされ車間をつめられた場合は
速やかに道をゆずるか、気にせず自分の運転に集中しそのまま走行しましょう。

運転マナーが悪い人は片道一車線で煽ってくることも

「煽り運転」、最近よくテレビで耳にしますよね。

テレビで見る煽り運転はとても悪質です。
その映像を見て自分がされたときのことを考えるととても怖くなってしまいます。

しかも片道一車線で煽り運転、、、

路肩などがなければ道を譲ることが難しい状況での煽り運転は
された方からすると怖く、自分の運転に集中することが難しくなってしまいます。

煽り運転をする人は時間がなくて急いでいるためしてしまったり、
何かイライラすることがあり運転の仕方にもそのイライラが出てしまう場合もあります。

車を運転する際は気持ちも時間も余裕を持つことが大切です。
この2つは運転マナーの大きく関わってくるでしょう。

運転マナーが悪い車が車間を詰めてきたらどうする?

どんどん車間を詰められてしまうと、詰まられる方からすると怖くなってしまいます。

2車線ある道路ではタイミングをみて隣の車線に早めにうつることで
この煽り運転をする車を避ける事が出来ます。

しかし先ほど説明したような片道一車線で煽り運転をされてしまった場合は
路肩をみつけ安全に譲ることおが出来そうな場合は速やかに譲りましょう。

しかし周りの状況によっても対応方法が変わってきます。

自分の前にも車が何台もいる場合は自分だけが譲ってもそれほど意味がないかも
しれませんが、車間を詰められているのが気になってしまう場合は
譲ってもいいでしょう。

運転していても車間を詰められていることをすごく気にしてしまう人と
そうでない人がいます。

まずは自分の運転に集中し安全運転をすることが大切でしょう。

気になってしまう人は先ほど説明したように速やかにゆずることをおすすめします。
そうでない人は法定速度で走っている場合はそこまで気にせず
自分の運転に集中しましょう。

また煽り運転に対して行わない方がいい対処方法も紹介します。

それは煽り運転をされたことで自分もイライラしてしまうことです。
確かに煽り運転をしている人が悪いと思います。
しかしそれに対してやり返してしまったり、張り合ってしまうことで事故になってしまう
可能性も出てきます。

さらに事故になってしまった場合、煽り運転をしていた人が100%悪いと思ってしまいますが
裁判をした場合にそうでない判決が出た事例もあるので気を付けましょう。

他にも煽り運転を辞めさせるためにわざと急ブレーキをしたり
車間距離を詰められたらさらにスピードを上げるなどは
大きな事故に繋がる可能性があるので絶対にしないようにしましょう!

煽り運転をされてイライラしてしまう気持ちを抑えることも大切です。

さいごに

煽り運転は運転のマナーが悪い人が行う行為だと言えるでしょう。

そんなマナーの悪い運転手は片道一車線ですぐに道を譲ることが出来ない
状況でも煽り運転をしてきます。

その場合の対処方法は以下の通りです。

①路肩を見つけて安全に譲る事ができる場合は道を譲る
②煽り運転をされても気にせず自分の運転に集中する

他にも二車線ある場合の対処方法は以下の通りです。

①タイミングを見計らって早めに隣の車線にうつる。
②自分の前に車が何台もいる場合は、煽り運転が気にならないようならそのまま運転する

してはいけない対処方法は以下の通りです。

①煽り運転の相手と張り合ったり、やり返したりする
②急ブレーキをかける
③スピードをだす

煽り運転は大きな事故になる危ない運転の仕方です。

自分がそんな運転をしないためにもイライラした気持ちで運転しないのと
車で出掛ける際は時間に余裕を持って出掛けるようにしましょう。

そうすることで運転に集中できるでしょう。
運転するときは、運転に集中することが1番です。

せっかくのドライブなので安全に運転し楽しみましょう!