ひっくり返らないように? 運動会お弁当の詰め方をチェックしよう!

料理

子どもの運動会が始まる前に、お母さんは

お弁当作りという戦いが始まります!

運動会と言えば、みんなでわいわいお弁当を囲む

というイメージですよね。でも、

みんなから歓声が上がるようなお弁当を作りたい!

いつもとちょっと違ったお弁当を作りたい!

と思っても、どう詰めればいいのかよく分からないし、

時間もかかるし・・と

結局いつもと同じようなものになってしまうことも。

以前は私自身も、お弁当作りに慣れてないし、

作るときはいつもかなり時間をかけていました。

でもちょっとしたコツを知ることで、

そのハードルが低くなるかもしれません。

いつもよりスムーズに、美味しくて簡単なレシピで、

大人も子どもも笑顔になれるお弁当を作りませんか?

そんなコツをお伝えしていきます!

計画的にするのがいい?運動会お弁当の詰め方のコツをチェックしよう!

運動会と言えば、大きなお弁当箱。

でも、いざ詰めてみたら、

なんだかバランスが微妙になっちゃった・・。

となることがあるかもしれません。

お弁当の詰め方を考える前に、

一度ざっくり全体的な計画を考えると、

準備がやりやすくなります。

・メニューを決める

・買うものリストアップ

・前日に準備出来るものを作る

・詰め方を決める

・当日の準備

簡単でいいので、計画を紙などに書き出し、

詰め方を図で書いてみると分かりやすいです。

色を塗ってみると、さらに彩りのイメージがわきますね。

そして、詰め方のコツは

まず、正面を決める。

大きなものから詰め、隙間に小さいものを。

奥から手前に詰める(大きいもの、背の高いものを奥に)

基本は隙間を作らずに詰める。

メインのおかずを詰めてから、野菜や副菜の

おかずの配置を決めるといいかもしれません。

詰め方のバリエーションとしては、

小さなカップにおかずを入れ、

それをお弁当箱にそのままお弁当箱に

敷き詰めていく方法があります。

例えば、100均などのプラスチックカップや

紙コップ、プリンやゼリーの空きカップを

利用しても可愛く見えそうです。

お弁当箱にワックスペーパーで仕切りを作ってしまうのもおすすめです。

100均などで簡単に手に入りますし、

油分や水分に強いので、揚げ物や汁気のある

おかずを入れるときに活躍します。

ちょっと可愛いデザインのものを使えば、

お弁当が一気におしゃれにイメージアップ!

でも、せっかく頑張って時間をかけて作ったお弁当を

いざ開けてみたら、中身が片寄っていた・・

なんてことになっていたら残念ですよね。

これには裏ワザがあります。

なんと必要なものはラップだけ!

出来上がったお弁当にラップをかぶせ、

なるべくごはんやおかずにラップを

ぴったりくっつけるように空気を抜いていきます。

お弁当箱からはみ出たラップはそのままにして

上からフタをします。

こうすることで、箱と中身が真空パックのような状態になり、

お弁当箱の中身が動く隙間をなくしているんです。

バランスも意識して?運動会お弁当レシピで野菜はどう使う?

メインのおかずは、

定番の唐揚げやハンバーグ、エビフライ、ウインナーなど、子供の大好きなものを入れるのではないでしょうか?

しかし、メインの料理は茶色系や黄色系が多いですよね。

そこで野菜をうまく使って、彩りや全体のバランスを

考えることが大切です。

食材の色は、赤・黄・緑の信号機の3色を

意識するといいそうです。

こうすると、栄養面でもバランスが取れます。

野菜で赤や緑などを入れると、見た目でも

全体のバランスが良く、アクセントにもなりそうです。

野菜は、前日に準備出来るものも多いので、

前日に準備しておくと当日が楽になりますね。

・野菜の肉巻き、ベーコン巻き

アスパラやにんじん、れんこんやいんげんなど

好きな野菜をカットしておけば、

当日は肉を巻いて焼くだけ。

カットすると断面が鮮やかな色になるので

美味しそうに見えます。

・ちくわきゅうり

美味しくて簡単で彩りもキレイ!

好きなお子さんも多いのではないでしょうか?

・きんぴら

・ごま和え

・おかか和え

ごまやかつお節や海苔で和えることで、

それらが食材の水分を吸いとってくれるので、

お弁当にはぴったりのレシピです。

色がキレイでそのまま入れることのできる、

プチトマトや茹でたブロッコリーなども活用しましょう!

腕によりをかけて?運動会お弁当レシピでおにぎりにも一工夫?

簡単に食べられるし、いろんな種類があるし、

おにぎりはやっぱりお弁当の人気者。

ちょっと工夫するだけで、いつものおにぎりが1ランクアップ!

・混ぜごはん

混ぜるだけで美味しいふりかけタイプのものも売っていますし、

ごまやしらす、鮭や天かすなど、好きな具材を混ぜることで

簡単に美味しく作ることができます。

・海苔でデコレーション

キャラ弁は難しい!というイメージがある方は、

100均などで売っている、海苔の型抜きパンチを

活用してみてはいかがでしょうか?

○○のアニメのキャラクター、とはいかなくても

可愛い模様やパンダの顔が簡単に作れますよ!

・おにぎらず

もうお弁当の人気メニューとして定着していますよね。

断面がカラフルで、食欲をそそります!

ごはんとおかずを海苔に乗せ、ラップに包んでカットするだけ。

ラップのままカットするとキレイに切れるそうです。

・スティックおにぎり

今流行りの、小さなお子さまでも食べやすく

見た目もかわいらしいおにぎりです。

具を真ん中に入れて、海苔なしの巻き寿司みたいにしたり、

ごはんと具を混ぜて、海苔や薄焼き卵で巻いても

見た目も楽しくて美味しいですね。

いかがだったでしょうか?

何のために可愛くて美味しそうなお弁当にするのか

というと、「みんなに笑顔になってもらうため」

ですよね。

特に運動会の主役である子供に、昼からも頑張ろう!

と思ってもらえるものになれば親としても嬉しいです。

時間がかかる、センスが必要、難しい

そんなイメージがあるかもしれませんが、

こちらを読んで少しでも気軽に、

楽しくお弁当作りをしてもらえると嬉しいです!