チャイルドシートの装着義務~対象年齢と形状について検証します

マナー

チャイルドシートには6歳未満の子供に装着の義務があります。

そのチャイルドシートは子供の成長につれて変えていく必要があります。
成長に合ったチャイルドシートを使うことで安全が保たれます。

ここではチャイルドシートをいつまで使うかを道路交通法で定められた年齢だけでなく、子供の安全を最優先に考えた選択の仕方を紹介します。

安全なドライブをするために是非参考にしてみて下さい。

子供のチャイルドシート~対象年齢が過ぎていても違反となったケースも!?装着しなければいけない年齢をあらためて考察

チャイルドシートを装着しなければいけない年齢が過ぎていたので
チャイルドシートを装着していなかったらそれでも違反になったケースはあります。

対象年齢が過ぎチャイルドシートを装着しない場合は
シートベルトを付ける義務が発生してきます。

そのシートベルトにも使用条件はあります。
それは身長135cm以上です。
しかし身長135cmは小学3年生(9歳)の平均身長になります。

つまり法律上は6歳以上でチャイルドシートの着用義務はなくなりますが、シートベルトの設計上は不適となり安全性が損なわれます。

このような理由から違反になってしまいました。

6歳~9歳までの間は安全のためにチャイルドシートを装着することをお勧めします。

チャイルドシートにも対象年齢はあります。
しかし、子供の成長には個人差があるので対象年齢だけに従っていては安全とは言えません。

チャイルドシートは体に合ったものを選ぶことが大切です。

チャイルドシートにはいくつかの種類があるので紹介します。

①ベビーシート

新生児・乳児用で体重10kg程度未満が対象です。
ベビーカーにそのまま装着できるようなベビーシートもあります。

②チャイルドシート

体重15kgまでが対象なので約3歳までと言えます。
5点のハーネスで固定することが出来ます。

③ジュニアシート

椅子のかたちに近づきます。
このジュニアシートには約1歳から使える少しがっちりしてタイプのものと、約3歳から使うものがあります。

④ブースターシート

シートベルトをするにはまだ身長が足りない時に使用します。

もう1つチャイルドシートを選ぶ時に見てほしいポイントはEマークです。

Eマークは国土交通省が安全基準を満たしたことを証明するものです。
このEマークが付いているチャイルドシートは構造がしっかりしています。

子供の安全を守るものなので、安全基準をクリアしているのを
選ぶことをお勧めします。

わが子のチャイルドシートが何歳まで必要かは子供の安全を最優先に考える親の判断!道路交通法にとらわれない!!

先ほど説明したようにたくさんの種類のチャイルドシートがあります。

それぞれのチャイルドシートには対象年齢の記載がありますが、それよりも子供の成長に合っているチャイルドシートを選ぶ方がより安全だと言えます。

また道路交通法で定められているチャイルドシートの装着義務は6歳未満ですが、その年齢ではシートベルトの使用条件を満たすことが出来ない子供が多いです。

安全のためにもきちんとシートベルトが装着出来るまでは、ブースターシートなどを活用しましょう。

わたしは子供に1歳くらいまで使えるベビーシートを購入して使っていました。
このベビーシートはベビーカーに装着できるタイプのものです。

このベビーシートごと移動が出来るので、外食の時もそのまま持って行っていました。

寝ているときにそのまま移動が出来るのはとても便利です。

しかしハーネスが3点で固定なので、成長するにつれて抜け出せるようになってしまい困っていました。

なので、1歳まで待たずにジュニアシートを購入しました。

ハーネスも5点でしっかり固定してくれるので安全を確保することが出来るようになりました。

わたしが購入したジュニアシートはどんどん取り外しができ最後には
ブースターシートになるタイプのものです。

また別でブースターシートを購入する必要がないのでお勧めです。

子供が何人いるかによっても、どれを購入するかも変わってきます。

高価なものなので、なるべく長くたくさんの子供が使えるタイミングを購入前に検討しましょう。

まとめ

チャイルドシートだけでなくシートベルトにも135cm以上という使用条件があります。

この条件を満たすまではチャイルドシートを使用しましょう。

チャイルドシートにもたくさんの種類があるので子供の成長に合わせて変えていきましょう。

チャイルドシートの種類は以下の通りです。

①ベビーシート
②チャイルドシート
③ジュニアシート
④ブースターシート

どのシートも対象年齢が決まっていますが、参考程度にしましょう。

チャイルドシートについているEマークも選ぶ時の参考になります。

子供の安全を最優先に考えるならば年齢よりも子供の身体の大きさに合わせましょう。