チャイルドシートの着用義務は何歳まで?免除になるときもある?

子供

生まれたばかりのお子さんを車にのせるのは安全面はもちろんですが、快適性や振動など、赤ちゃんが快適に過ごせるかと考えると、チャイルドシートは車での外出に欠かせないアイテムですね。
ここではチャイルドシートの着用義務年齢と免除になる場合について紹介したいと思います。

 

チャイルドシートが何歳まで必要かは法律で決まっている

チャイルドシートの着用は6歳未満と法律(道路交通法71条の3第3項による)で定められています。
つまり5歳までということです。抱っこでは、万が一の時、大きな衝撃から大切なお子さんを守ることが難しいからです。
これは例え生まれたばかりの新生児でも同じでチャイルドシートを着用しなければなりません。

6歳未満の子どもがチャイルドシートを着用せず事故に遭うと、着用していた場合と比べて致死率が約16倍になるそうです。怖いですね。
でもせっかくチャイルドシートを使用していても、ちゃんと取り付けないと意味がなく、かえって危険にさらすことになります。
使用時には取扱説明書をよく読み、しっかり取り付けることが大切です。
使用前には毎回、緩みがないかチェックするようにしましょう。

ではチャイルドシートの着用義務の期間である5歳をすぎたらチャイルドシートを卒業してもいいのでしょうか?
従来私たちが乗っている車のシートベルトは身長140㎝以上の大人に合わせたものになっているのです。
身長140㎝というと小学4年生から小学5年生の身長以上で当然5歳の子どもには合いません。
これではシートベルトをしていても正しく衝撃を受けることが出来ず、逆に首や腹部を圧迫し危険な状態におちいることもあるのです。
このことからチャイルドシートの着用義務の期間である6歳を過ぎても身長140㎝以下のお子さまにはジュニアシートの着用をおすすめします。

参考
警視庁(www.npa.go.jp/bureau/traffic/anzen/childseat.html)
JAF(http://www.jaf.or.jp/profile/news/file/2013_18.htm)

チャイルドシートの着用義務が免除になるのはこんな場合

①車の座席の構造上、チャイルドシートを固定することが出来ない場合。

車の座席の構造によっては、チャイルドシートの固定場所がない場合もあります。
その場合にはチャイルドシートの使用は免除されますが、運転席以外に固定する場所がある場合は着用義務が生じます。

②定員内の乗車で、乗車する幼児全員にチャイルドシートを用意すると定員数が乗車できなくなる場合。

車ごとに指定されている乗車人数がチャイルドシートを設置することで乗れない場合はチャイルドシートの着用義務が免除されます。
でも、小さな赤ちゃんなどチャイルドシートを使用せずに抱っこした状態で高速道路や事故にあうことはとても危険な事です。
やむを得ない場合を除いて、チャイルドシートを着用することお勧めします。

③幼児が病気や怪我、障害によりチャイルドシートをしようすることが療養上又は健康保持上適当でない場合。

チャイルドシートを使用することで、逆に怪我や病気、障害に影響を及ぼす場合にはチャイルドシートの使用が免除されます。

④著しく肥満していたり、その他幼児の身体の状態により適切にチャイルドシートを使用することができない場合

年齢を問わず、子どもの体重や身長はさまざまです。
肥満などによりチャイルドシートが使用できない場合は、着用が免除されます。
身体的理由によりチャイルドシートが使用できないときは、ジュニアシートという年齢が高い子ども用のシートもありますので検討されることをお勧めします。

⑤運転者以外の同乗者が子どもを世話する場合、チャイルドシートを使用したままでは、授乳等の日常生活上の世話ができない場合。

同乗した人が授乳やおむつ替え等、赤ちゃんの世話をするときにチャイルドシートを着用したままではできない場合には着用は免除されます。
ただし、走行中の車は急停車したりする恐れもあるので、停車して作業を行うことをお勧めします。

⑥バスやタクシー・ハイヤーなどの公共の乗り物に乗る場合。

バスやタクシーなどに乗る場合はチャイルドシートの着用は免除されます。

⑦道路運送法第七十八条第二号又は第三号に掲げる自家用運送車で幼児を乗せる場合。

有償運送(市区町村で運営するバスや過疎地などの住民の生活に必要な車や福祉などに利用される車のこと)を行う許可を受けたの自家用運送車に幼児を乗せる場合にはチャイルドシートの着用は免除されます。

⑧応急の救護のため怪我をした子どもを病院へ連れて行くときや、子どもを保護し警察へ連れて行く場合。

緊急を要する怪我や病気の子どもを乗せ病院に向かっている場合や迷子や事件性のある子どもを警察へ連れて行く場合にはチャイルドシートの着用は免除されます。

まとめ

チャイルドシートは大切なお子さまを守るものです。
着用義務の免除の有無にとらわれず、お子さまの命を守るために適切に取り付け、極力着用するように心がけましょう。
そして、ご家族でのドライブを楽しんでください。