車内に灯油のにおいが充満しちゃったどうすればいい?

車関係

冬になるとストーブを使っている家庭では灯油が必ず必要になります。
エアコンよりストーブが暖かいと寒地域では必須アイテムです。
多くの人がこの灯油を購入するためにガソリンスタンドへ行きます。
車に乗せて家まで運ぶときに少してもこの灯油がついてしまうと、かなり長い間臭いに苦しまなければなりません。
こんな経験をしたことがある人も多いと思います。
そんなときに役立つ灯油の臭いを取る方法を紹介します。是非試してみて下さい。

車内で灯油をこぼしたくさいニオイはこの方法で取り除こう!

灯油を車も中でこぼしてしまったらすぐに拭き取りましょう。
気づいたらとにかくすぐに拭き取ることが大切です。
灯油は常温でも気体に変化する揮発性の油ですが、ガソリンと比べると非常に揮発性が低いので放置しておいてもすべては気体になりません。
残った液体がいつまでも臭ってしまいます。
こぼしてしまった灯油を拭き取るのに適しているのは新聞紙とマイクロファイバークロスです。
新聞紙は吸収性が高く消臭効果があります。
こぼした部分に新聞紙を押し付けておくことで灯油を吸い取ってくれるのです。
これを何度か繰り返しましょう。
そして吸収性がいいと言えばマイクロファイバークロスです。
ぬるま湯にひたし絞ってからふくことでより効果的に油をすいとります。
マイクロファイバークロスは日々の掃除や洗車でも使えるので自宅に常備していくといいでしょう。
このような方法でしっかり油をふき取ることが出来たら、
次は灯油の臭いをけす方法を試しましょう。
灯油がついてしまった場所によってもその方法は異なります。
足マットについてしまったら丸洗いが可能なので取り外して丸洗いしましょう。
油をおとせる洗剤を使って洗うと効果的です。
身近にあるものでは食器を洗う洗剤です。
どの家庭にも必ずあると思うので是非使ってみて下さい。
その後はしっかり太陽にあてて乾かしましょう。
消臭効果もあります。
取り外して丸洗いが出来ないシートなどに付いてしまった場合はアルコールをスプレーします。
アルコールが灯油と一緒に蒸発してくれます。
身近にあるものだとガラスクリーナーや除菌スプレーなどがあります。
吹きかけた後は水拭きをしてさらに乾拭きもしましょう。
乾かすことは大切で臭いをなくしてくれる効果があるのでどの方法も必ず最後はしっかり乾かしましょう。
カー用品店に行くと灯油の消臭スプレーは販売されています。
試してみるのもいいでしょう。
わたしは大学生の時にガソリンスタンドでバイトしていました。
セルフのガソリンスタンドではなかったので灯油を買いきたお客さんのポリ管につめていました。
もちろん軍手をはめて作業します。
その軍手に灯油が付くことはよくあります。
その時は油をおとす専用の粉がお店においてあったのでそれをかけてから洗濯していました。
ほかの衣類とは一緒に洗濯できないくらい臭っていたのを覚えています。

車内で灯油をこぼしたときは車両保険が使えるって知ってますか?

灯油を車内でこぼしてしまって車両保険が使えるとは知らない人もたくさんいると思います。
どのくらい酷く灯油をこぼしてしまったかなどの状況にもよりますが、車両保険を使うことが出来る場合があります。
金額はこぼした量にもよりますが、シートを取り外して洗ったり、フロアカーペットを取り外したりと修理方法によっても大きく変わってきます。
まずは修理金額の見積もりをとってにましょう。
車両保険に入っている場合使用できる条件が決まっていますがその中に「その他偶然な事故によって保険契約自動車に出た損害」とあり、そこに当てはまります。
大量にこぼしてしまった場合フロアカーペット・フロアマットの交換やルールクリーニングなどの費用がかかってくるので高額になることもあります。
代車特約に加入していれば車がクリーニングされている間の代車費用も保険でまかなうことが出来ます。
車両保険を使うことになっても保険は1等級下がるだけなので来年の保険代は少ししか変わりません。修理費用より安くなる可能性もたかいです。
なのでこのような場合は保険を使ってきれいにしてもらった方がお得なのです。
車両保険は事故だけでなく、このような日常生活の中で起こってしまったトラブルも保険対応になっているので、そのことを知っておくことがとても大切です。

さいごに

少量の灯油を車内にこぼしてしまった場合はすぐに新聞紙やマイクロファイバークロスのような吸収性が高いものて拭き取りましょう。
その後は食器用洗剤で丸洗いかアルコールをスプレーしよく乾かすことがとても大切です。
この対応方法で臭いを消すのが難しいくらいこぼしてしまったら、まず修理にどのくらいの費用が掛かるか見積もってもらい車両保険の使用を検討しましょう。
修理方法によっては車両保険を使って方がお得な場合があります。
このようなトラブルが車に起こってしまった場合も車両保険が使えることを覚えておきましょう。
せっかく加入している車両保険を活用しましょう。