冬至2018の日の入りはいつ?かぼちゃを食べる意味は?

マナー

2018年12月22日は二十四節気のひとつ「冬至」です。
冬至は一年で最も昼の時間が少ない日です。
冬至でよく知られているのは、かぼちゃを食べることですね。
今回はかぼちゃを食べる意味といろいろな風習についてご紹介します。

冬至にかぼちゃを食べるのにはきちんとした意味があった!

冬至は二十四節気のひとつで「日短きこと至る」という意味。
太陽が冬至に向かってだんだんと勢いがなくなり、冬至を過ぎると勢いを取り戻す。
と考えられているようです。
つまり下がった運気が冬至を過ぎたころから上がるという事になりますね。

そこで運気の「ん」のつく食べ物として、栄養価の高いかぼちゃが食べられるようになったのです。
かぼちゃは「南瓜(なんきん」とも呼ばれ「ん」がつく食べ物ですね。

かぼちゃは保存に強く、傷がつかなければ長期保管が可能な食材です。
野菜が不足しがちな冬季に、栄養価の高い緑黄色野菜のかぼちゃ。
この時期の献立やおやつに大活躍します。

例えば、「蒸しかぼちゃ」かぼちゃを一口大に切り蒸し器に並べて固めに蒸すだけなので簡単です。

おいしい塩や、レモン、オリーブオイルなどをかけても美味しいですよ。
余ったらタッパーなどで保存しておいてサラダやポタージュスープなどにアレンジするのも良いでしょう。

かぼちゃの代表的な健康効果をご紹介!

アンチエイジング効果

ビタミンC、ビタミンE、β―カロテンが効果。

免疫力を高め、呼吸器系を守る

β―カロテンが体内でビタミンAに変わり、粘膜を保護して免疫力を高める。

がん予防

β―カロテン、ビタミンC・Eが活性酸素を撃退し発がんを抑える。

高血圧を抑える

かぼちゃの中に血圧上昇防止の働きを阻害する物質があり、塩分の排出を促すカリウムが豊富。

便秘解消

食物繊維が豊富なため、腸内環境の悪化を改善する。

貧血・冷え性改善

ビタミンEにより血流の流れを良くする。
かぼちゃの種に100g中6.5mgと鉄分が豊富。

かぼちゃひとつでこんなに栄養効果が期待できるなんて、すばらしい食材ですよね!
実はかぼちゃは隠れたスーパーフードなのかもしれません!
手軽に作るにはシリコンスチーマーを使うと良いですよ。
一口大にきってシリコンスチーマーに入れるだけです。
電子レンジでかぼちゃをふかす事が出来ます。
是非お試しください!

冬至の食べ物はかぼちゃだけじゃない!

冬至の風習にはもうひとつ、運盛りというものがあります。
「ん」がつく冬至の七種と呼ばれる食べ物をお供えするそうです。

冬至の七種(ななくさ)

・南瓜(なんきん)かぼちゃ
・蓮根(れんこん)
・人参(にんじん)
・銀杏(ぎんなん)
・金柑(きんかん)
・寒天(かんてん)
・饂飩(うんどん)うどん

すべてに「ん」がついていますね。「ん」=運ということですね。
最近でも西日本や関西圏を中心に根付いている風習だそうです。

他にも、「砂おろし」といって一年間で体にたまった砂を出すために「こんにゃく」を食べることもあります。

日本でのさまざまな冬至の風習

星祭(ほしまつり)

妙見系の神社等、天台宗や真言宗の寺院で行われます。
「星供養」ともいわれるそうです。各自の生まれ年の十二支に該当する当年星をまつって、無病息災を祈ります。

冬至風呂

この日は冬至風呂と称して「柚子湯」に入ります。天保9年の『東都歳時記』によると流行し始めたのは江戸の銭湯からだったそうです。
そしてこの日に飲食する風習があったものがこちらです。

冬至粥

冬至の朝に小豆粥を食べる。
小豆粥には疫病にかからないという伝承があり、体を温めるためともいう。

とうなす(かぼちゃ)

冬至にはかぼちゃの煮物を食べる風習があり冬至に栄養価の高いかぼちゃを食べると長生きするとも言われています。

こんにゃく

「体の砂払い」と称し、体内の悪いものを掃除するといいます。

冬至の「と」にちなむ食べ物を食べる

冬至の「と」に因んで、豆腐・唐辛子・ドジョウ・イトコ煮が今でも冬至の前にはスーパーや魚屋で売り出しされているそう。

中国地方では「餃子」、南方では「湯円」を食べる

家族団らんで過ごすという風習のようです。

最後に柚子湯についてご紹介します!

柚子の香りに包まれて心地よく、体が心から温まる柚子湯。
やり方は簡単です。
お風呂の中に柚子を2~3個入れるだけ。
すると柚子の皮に含まれる成分の芳香油、クエン酸、ビタミンCの効果で冷え性や湯冷めを緩和してくれます。
もっとも冷え込む冬至は柚子湯で温まりましょう。

さいごに

2018年の冬至は12月22日です。
よく知られるかぼちゃを食べる習慣を詳しく調べてみました。
とても栄養価の高い食材という事がわかりましたね。
いろいろなレシピをみてかぼちゃを美味しく食べたい!
そう思いました。
みなさんはどうでしたでしょうか?
あまり知られていない「ん」のつく食材で運を上げるというのもやってみたいところです。
スーパーに行くと冬至の食材が並べられているので今年はからだを労わって栄養をしっかりとって、柚子湯に入って身も心
もポカポカ暖まるのも良いかもしれませんね。