友達がいない人の人生は実は幸せかも!?その理由とは

人間関係

「友達がいないよりも友達がいた方が絶対に幸せだし楽しいでしょ」

というような風潮がありますが、実際そうでしょうか。

友達が多くても幸せではない人もいるし、友達が少なくても幸せな人は

いると思います。


今回は友達がいない人の特徴をまとめました。

友達がいなくても幸せや楽しみは見出せるんです。

実は、友達がいる人より、いない人の人生の方が幸せかもしれません。

友達がいない事に対して負い目を感じている方、必見です。


友達がいない人の特徴から見る幸せな人生の可能性

友達がいない人は、どのような特徴があるのでしょうか。

特徴をまとめていく中で、友達がいない事によって、実は幸せな人生を

送ることができていることもあるんです。

まずは、特徴について一つづつ見ていきたいと思います。

①ひとりでも問題がない

友達がいない人の特徴には、ひとりでいて問題がないとうい特徴があります。

例えばカラオケに行くときには友達と行かないと行くことができないとか、

焼肉を食べるときにはひとりではいけないと考える人がいますよね。

これは、友達がいないとダメなタイプの人です。

しかし友達がいない人の中でも、ひとりで問題ないと感じている人は、

ひとりカラオケもひとり焼肉も問題なくできます。

わざわざ友達と行く理由がないので、友達ができないことに焦りを感じません。

②人に合わせるのが苦手

友達がいない人の特徴には、誰かと何かを合わせるのが苦手であるという

特徴もあります。

例えば友達がいれば、遊びに行こうという約束をしたときには、どこで待ち合わせるとか、何時に待ち合わせるということを決めます。

しかし友達がいない人の中には、そういう約束事が苦手であるという人もいるのです。

またどこかに遊びに行ったときに、友達に合わせてお店に入ったり、友達に合わせて計画を立てるということも苦手であるという特徴があります。

友達に合わせて行動をするよりも、ひとりで考えて自分がよいと思うタイミングで行動ができるので、ひとりのほうが気楽だと感じてしまうのです。

③気を使いすぎる

人に気を使いすぎてしまって、友達がいない人は結構大勢いるようです。

誰かと一緒にいると、その人に気を使いすぎてしまって、その人に合わせすぎて

しまうのが原因で、精神的にとても疲れてしまうのです。

精神的に疲れてしまうことが原因で、これだったら友達がいない人でいいかなと、

友達ができないことに焦りを感じることがありません。

むしろ友達がいない人でいることを望む特徴があります。

④ゆっくりと休みたい

友達がいない人の気を使いすぎてしまうという特徴にもつながりますが、友達がいない人は、仕事や通常の生活でも周りの人にとても気を使っています。

会社から出たら、家にいるときくらいは、ゆっくりのんびり休みたいと考えます。

そのため、ゆっくりと休むことができないなら、友達ができないままでもいいかなと考えるのが、友達がいない人の特徴になります。

⑤コミュニケーションをとるのが苦手

友達はほしいと思っているのですが、コミュニケーションをとるのが苦手で友達を

作れないという原因になっています。

まず自分から話しかけるということができません。

自分からアクションを起こすことができないので、相手から話しかけて

もらえなければ、友達になるチャンスはどんどんと減ってしまいます。

チャンスを逃していることが原因で、友達が少ない、友達ができない人になってしまっています。

⑥自分に自信がない

友達がいない人には、自分に自信がないという特徴もあります。

自分に自信がないので、「こんな自分が友達になってもらえるはずがない」と

考えてしまいます。

以上が友達がいない人の特徴です。

多くの人は、「友達がいない人は寂しくないの?」というでしょう。

しかし、友達がいない人でも、ひとりでなんでもできてしまうという人の場合は、

寂しいと感じることはあまり無いでしょう。

一人でも平気と感じる人は、むしろ友達に気を使う必要がないので、寂しいと感じることはないようです。

第一に、自分が幸せを感じるのに、友達の存在はいれば望ましいですが、

必ずしもいなくてはならない存在ではありませんよね。

本人がよいと感じるなら、友達がいなくても幸せな生き方はできます。

たしかに人との出会いは、幸せを運んできたり、人生を豊かにしてくれます。

では、友達がいなければ、誰も幸せを運んでくれないでしょうか。

そうではありませんよね。

むしろ、友達が幸せを運んでくることの方が少ないと感じます。

幸せは自分で運んでくればいいんです。1人で趣味を楽しむのもよし。

1人で出かけるのも幸せです。1人時間を満喫するのも、十分な幸せです。

静かな時間に幸せを感じる人もいるでしょう。

好きなことをすれば、自分で自分に幸せを運んでくることができます。

友達の数にこだわる必要はありません。

無理に友達を作ろうとするほうが危険です。

友達はプラスの面もありますが、面倒やストレスが増えたり、一緒にいても

疲れることもあります。

友達がゼロであっても、1人の時間が充実しているなら、大勢の友達とつるむより

幸せに生きることも可能です。

友達がいない人でも彼氏・彼女はほしいもの?

友達はいないけど、彼氏・彼女は欲しいと思う人は多いようです。

友達がいない人の特徴から見ると、彼氏・彼女とのつながりも同じように

必要ないのではと思いますよね。

でも、彼氏・彼女は友達よりももっと密接な関係と考える人が多いんです。

彼氏・彼女は家族と同じとまではいかないけれど、唯一心を許せるひとり

として、友達とは別の感覚をもつようです。

しかし、彼氏・彼女は欲しいけれど、友達がいないから出会いもないと思って

いませんか。

友達の数が多ければ、紹介や出会いも多いかもしれませんが、友達がいる

イコール彼氏・彼女がいるは成り立ちません。

実際、友達がいない人でも彼氏・彼女がいる方はたくさんいます。

友達がいない人の場合、出会いのおすすめの一つが「職場」です。

友達がいない人であれば、職場での出会いは特に貴重なチャンスの場です。

会社は友達の遊び場ではありません。仕事をする上で、必要なコミュニケーション

はしますよね。他にも、コミュニケーションをとらなくても、仕事姿勢を誰かが

見ているかもしれません。

他にも、会社の懇親会などにも参加するのもひとつですよ。友達じゃなくても

会社の同僚として誘ってもらえるのでチャンスです。

もう一つが、婚活市場です。

出会いを求める最終的な目標が結婚にあるのなら、いっそのこと婚活市場に

エントリーしてみるのも一つの手段です。

婚活は、基本的に一人で行うものですから、「友達がいない」というのは

全く問題になりません。

いきなり結婚は、と思う方は、マッチングアプリなども活用してみるのもひとつ

ですよ。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

友達がいない事に対して負い目を感じている方、自分は他の人よりも不幸せ

なんじゃないかと思っていた方も、考え方が少し変わったのではないでしょうか。

そもそも、幸せかどうかを友達の数で考えるのも間違っていると思います。

幸せかどうかは自分で決めることです。

友達がいるかどうかより、友達がいない自分を好きになって、幸せをつかみ

ましょう。