マイナンバーって提出義務があるの?もし出さなかったらどうなる?

仕事

マイナンバーと聞くと、マイナンバーによってどのような情報が分かるのかなど

詳しくは知らなくても、大切な個人情報という認識は多くの方がもっているでしょう。

最近は、役所などの提出書類にはマイナンバーを記載したり、会社でもマイナンバーを

提出するように言われますよね。

でも、大切な個人情報なのに、会社に提出してもいいの?

そもそもマイナンバーを会社に提出するのがめんどくさい。

なんて思っている人もいると思います。

そこで、今回はなぜ会社はマイナンバーを必要としているのか、従業員にはどのような

義務があるのかについて紹介します。

また、マイナンバーの提出を拒否するとどうなるのかについても説明します。


マイナンバーの提出を拒否するとどうなる?

基本的に、従業員は会社からマイナンバーを求められたとき提出する義務があります。

ただし、『義務であり強制ではありません』ので、どうしてもマイナンバーの提出に

抵抗があるという場合は拒否することも可能です。

このマイナンバーを会社に提出する従業員の義務は、パートやアルバイトであっても

同様であり、会社に提出する義務があります。

会社にどうしてもマイナンバーを提出したくないという場合、提出を拒否することに

より罰則などはありません。

当然マイナンバーの提出を拒否したこを理由に会社の人事や評価に影響することも

ありません。

ただし、強制ではありませんがマイナンバーを提出する義務は負っています。

マイナンバーを提出しないことで会社に迷惑を掛けるということは知っておきましょう。

会社は従業員が安心してマイナンバーを提出できるよう管理や監督などの徹底が

義務付けられています。

情報が流出してしまう可能性はゼロではありませんが、正当な理由のない頑なな

拒否は会社との信頼関係を壊してしまう可能性がありますので、納得できる説明を

受けた上で提出するのが無難でしょう。

 

マイナンバーの提出方法は会社の指示に従って行うことになりますが、基本的には

マイナンバー通知カードなどの原本を会社に預けることはなく、マイナンバー通知カード

の提示とコピーの提出となります。

また、提出した人物とそのマイナンバーが同一であるか確認をするために運転免許証

などの本人確認書類を求められる場合もあります。

年末調整や源泉徴収票の作成、社会保障、年金などの事務手続きは、会社で働いて

いたら個人ではなく会社の担当部署が行ってくれます。

この事務手続きを自分でするとなるととても大変で面倒です。

これらの事務手続きはマイナンバー制度が始まったことにより、今までと比べて

負担が大きく軽減されました。

負担の軽減は人件費の削減にも繋がるので、会社は従業員のマイナンバーを

収集したいのです。

マイナンバーを提出拒否するときは理由書を書く必要がある?

会社で従業員が安心してマイナンバーを提出できるよう管理や監督などの徹底をしていても、マイナンバーの提出を拒否されるケースもあるでしょう。

その場合には提供を求めた経過等を記録、保存するなどし、税務書類等にマイナンバーを

記載しなかったことが単なる義務違反でないことを明確にしておく必要があります。

企業から役所に提出することは義務とされているため、拒否された場合、提出書類に

マイナンバーを記載することができませんから、まず引き続き提出を求めて、

それでも拒否する場合、拒否確認書を提出してもらいましょう。

従業員から提出の拒否があったら、まずは会社のほうからあらためて従業員に

マイナンバーの収集目的、趣旨などを説明して提供を求めることが必要です。

そして、それでも提出を拒否された場合には、提供を求めた経過、具体的に

説明した日、内容、従業員の回答、理由などを記録することが求められています。

会社側が役所に提出する書類に番号を記載するのは義務なので、書かれてない場合は

義務違反となります。

会社が義務違反をしていないことの証明としても、拒否確認書は、提供を求めた

にもかかわらず拒否されたという経緯は、単なる義務違反ではないと判断する材料と

なります。

拒否確認書は、企業側のリスク軽減のためでもあるんですね。

拒否確認書がどのようなものかは、下記に例を出します。

マイナンバー提出拒否についての確認書

私は、株式会社◯◯から周知された「マイナンバー提供依頼書」及び通知された利用目的について説明を受け、内容を確認し、マイナンバーの提供について拒否いたします。

なお、本マイナンバー提供の拒否により、私が被る一切の不利益について理解し、株式会社◯◯に対して損害賠償等の法的措置を行うことはいたしません。

このような内容の文章の下に、署名・押印などが付け加えられます。

まとめ

マイナンバーは絶対会社に提出しなければならないものではありませんが、

どうしても会社が信用できない等の理由がなければ、かたくなに提出を

拒むものでもありません。

強制ではありませんがマイナンバーを提出する義務は負っています。

年末調整や源泉徴収票の作成、社会保障、年金などの事務手続きは、会社

が行ってくれます。 マイナンバーを提出しないことで会社に迷惑を掛けるということは知ってお