炭酸水は体に良いの?悪いの?その成分から真相を追求してみた!

人間関係

シュワっと喉ごしがすっきりする炭酸水。甘い炭酸飲料や無糖のものなどいろんな種類がありますね。
これから夏に向けて恋しくなる方も多いのではないでしょうか。
最近では飲むだけでなく洗顔やヘッドスパなど美容にも活用されていたりと大活躍です。
今回は飲むことを中心にお伝えしますが、飲みすぎはダメだって聞いたことありますか?
真相を掘り下げていきましょう!

 

炭酸水は水と二酸化炭素でできている

炭酸ガスは二酸化炭素であり、水中に溶け込んでいるときのみ炭酸と呼ばれます。
かなり不安定な状態なので、少しの刺激で水から分離して二酸化酸素に戻ってしまいます。
少し進堂をあたえてしまった炭酸飲料の蓋を開けたら勢いよく吹き出ててしまったなど、ちょっとした失敗談を皆さんもお持ちではないでしょうか。
水中から気泡がのぼっていく現象はまさに炭酸が抜ける様子で、容器などが完全に密封されている気圧が一定の液体の中でのみ安定して溶けていられるのです。
グラスから立ち上る泡、とても涼やかですよね。

甘い炭酸水が体に与えるデメリット

炭酸水のメリットとデメリットをお伝えしますが、まずはわかりやすく糖分が入った炭酸水からはじめましょう。
甘い炭酸飲料、これは糖分です。
しかも炭酸のシュワシュワした感覚で私たちの味覚は甘みを感じにくなってしまいます。
その為一般的な炭酸飲料には500mlあたりだいたい35〜42g、角砂糖でおよそ8〜10個分になり、思った以上に砂糖が加えられています。
糖分の取りすぎは身体によくないということはすでにご存知のことと思います。

・気分の浮き沈み
・倦怠感や疲れ
・肥満
・肌荒れ
・虫歯
・糖尿病のリスク

糖分を摂取すると体内で糖が十分にあるとハイな状態になり元気が出ます。
しかし不足すると一気に気分が下がったり疲れがでてくる、その対処としてまた糖分を取るという悪循環になってしまいます。
清涼飲料水の炭水化物の成分はほぼ糖分だと考えられるので、皆さんも一度チェックしてみてください。

炭酸水の香料には注意!体に害があることも

糖分が悪いのは知ってるから、カロリーオフやカロリーゼロを飲むようにしているという方も多くいらっしゃると思います。
フレーバーがついた炭酸水、無糖炭酸水よりも飲みやすく味があるようでおいしいですよね!
実は香料という名の食品添加物が使われており、あまりお勧めできるものではありません。

・合成香料 人工的に作られる香りを持つ化合物。成分が何からできているのかわからないことも珍しくない。
・天然香料 主に植物からの香り成分を圧搾、抽出

蒸留などの製法により得られる。
原料の多くは植物で食用ではあるが、そうでないものもある。

香料の製法は殆どが企業気味つであるため、大手食品メーカーでも原料が何かがわからないケースが多くみられるようです。
得体の知れない謎な物質が少量ながら入っている、少し注意した方がいいのかも知れませんね。

炭酸水が体に与えるメリット・デメリット

糖分や香料の入っていない、水と二酸化炭素だけの炭酸水についてもお伝えしたいと思います。

メリット
ダイエット、疲労回復、肩こりの緩和、胃腸作用の活性化

ダイエットと疲労回復、そして肩こりの緩和については、残念ながらあまり信憑性がないようです。
しかし炭酸水を摂取すると血液の中に二酸化炭素が増えます。
そうすると血液中の酸素が不足するので体はより多くの酸素を求めて血行が良くなると言われています。
たしかに血行が良くなるという実績はあるようですが、残念ながら肩こりの緩和や疲労回復に役立つまでは至らないとの意見があります。
ダイエットに関しては摂取時の満腹感で食事の量が少なくなり、結果的にダイエットの助けになるということは言えるかもしれません。

デメリット
食欲の増進、下痢

炭酸のメリットであったはずの胃腸作用の活性化が、食欲の増進につながりだいえっとどころか太ってしまったということもあるようです。そして消化吸収も活発になるので便秘の方には便秘の改善に役立ちますが、飲みすぎると下痢をおこしてしまうかのうせいもあるのです。
さらに食べ物を通常よりも早く胃から腸へと送ろうとするので胃酸が十二指腸へ流れるリスクが高まり、キリキリと胃が痛んだり進行すれば潰瘍ができてしまうこともありえます。
甘味料や香料が入っていない、水と二酸化炭素だけの炭酸水でさえメリットとデメリットがあるとはビックリです。

体に良い炭酸水の飲み方

炭酸水を健康のために飲むなら、間違いなく水と二酸化炭素のみでできている炭酸水をお勧めします。
そして飲む量は適度にするということが大切です。
とはいえ、炭酸水の飲みすぎと言われるのは1.5リットルを一気に飲むぐらいのなので、グラスに1〜2杯の炭酸水くらいでは影響はありません。
しかし、水と二酸化炭素のみの炭酸水であってもやはり飲み過ぎは身体に毒です。
ダイエットや健康のために飲むということではなく、喉ごしの爽快感や気分転換のために飲むくらいで楽しんでみてはいかがでしょうか。