たけしのこれがホントのニッポン芸能史(3月20日)長寿番組のヒミツに迫る

『たけしの“これがホントのニッポン芸能史”』とは?

2015年から番組がスタートし、不定期で放送されています教養&特別番組です。
毎回、漫才・コント・物真似・司会・ラジオDJ・時代劇・スポ根性ドラマ等々…、日本人にとって馴
染みのある芸能文化の中から1つを取り上げて、そのルーツ(歴史)を学びながら、過去の貴重
で懐かしい映像を堪能します。

また、司会のビートたけしさんやアシスタント役の所ジョージさん
(第4回を以外、全て出演)、NHKアナウンサー・久保田祐佳さんらの、時には真面目で、時に
はコミカルな掛け合いにより、楽しいトークが展開していきます。
そして更に、それぞれのテーマにゆかりのあるゲストの方々がご出演されては、それぞれ持たれ
ているウラ話や知恵袋を十分に発揮され、より場の雰囲気を和ませ、活気を沸かせます!

参照元URL: 公式HP http://www4.nhk.or.jp/P4512/(予告動画はありませんでした)

長寿番組の長年親しまれるその訳は?

今回は、長年視聴者から愛され続けられているTVの『長寿番組』について焦点を当てていきま
す。深く掘り下げていきますと、知っている様で実は知らなかった!TV番組の事実が次々と判明
してきます。
例えば、日本人なら殆どの方が知っているTV番組についてですと、「『NHKのど自慢』は当初、審査の鐘が無かった⁉」「『世界ふしぎ発見!』(TBS)では最初スーパーヒトシくんがいなかった⁉」といった具合で…、普段、自分達が当たり前の様にテレビで観ている番組には、意外なエピソード・今と全く異なるスタイルだった事等が明らかとなります。

普段、自分達が何気なく観ている番組も、周りの人達の試行錯誤の努力と『良い・面白い番組を作ろう』という意気込みが、今日にまで至っているのかなと思いました。またそういう番組は、観る側がどういうものを観たいのか・感じたいのか、という事を意識されて、制作されているのかもしれませんね。

長寿番組の現場へ密着!すると…、

また今回は、出演者やゲストの方々も長年にわたり親しんだ長寿番組に対する、自分達が抱か
れる願望を叶えようと、奮闘されます!ゲストの久本雅美さんは、長寿トーク番組「徹子の部屋」
(テレビ朝日)に対し、特別な熱い思いを抱いておられます。そこで久本さんは、思い切ったある
行動を起こされます…⁉

また、「NHKのど自慢」の選抜オーディションや本番収録といった、自分達が普段見る事ができな
い舞台裏へ密着しました!すると、そこで思いもよらない感動的な展開が待っていました…⁉
誰でも一度は、『憧れのこの番組に出演したい!そして○○してみたい!』なんていう思いや願
望を抱くかもしれませんが、それを実現する事は中々難しく、出演・実現できた時の喜びは計り
知れないものでしょうね。案外大事なのは、それに対するビジョンやその行動を起こそうと思う「勇
気」でしょうか⁉

たけしのこれがホントのニッポン芸能史への評価

Twitter①

Twitter②

Twitter③

インスタグラム