日本マイクロソフト週休3日に試験導入レビューアの反応は?

人間関係

日本マイクロソフトが今年2019年8月を試験的に週休3日にするようです。

4月22日の記者会見で日本マイクロソフトの平野社長より試験的に8月1か月を週休3日にすると発表しました。

しかも、有給消化での休暇かと思ってみると、「特別有給休暇」として全オフィスを閉めるようです。
これは凄いことだと思いませんか?
昨今では「働き方改革」で過度な残業時間の是正を求められていてまさに画期的とおもいます。

週休3日で自己啓発や家族旅行を

平野社長はコメントの中で、休暇中の家族旅行や自己啓発そしてボランティア活動向けに会社がプログラムを用意してくれたり、なんと、費用も10万円補助するとの事です。
よく言われるのが、残業が少なくなったので給与が減ったとか、休みが多くなった分、出費がかさんだとか、後ろ向きな話が私の周りでも聞こえます。
でも、会社が10万円補助してくれれば大助かりですよね!
また談話の中で、「短い時間で働き、よく休み、よく学ぶということが大切。仕事をするのが4日になるので、同じ仕事の仕方をしていてはアウトプット(成果)が出なくなる。違う仕事のやり方、考え方を誘発したい」との事で、これはある意味社員の意識改革も狙っているのかと思いました。

週休3日のレビューコメントの紹介

Aさんのコメント

一番怖いのは、休みを減らしても仕事量は変わらないのでしわ寄せが平日の長時間残業にならなければ良いと思いますが、仕事のやり方を変えたり、考え方を変えることにより
結果が良い方向に向けばいいと思います。
どんな弊害が出てくるかは試してみないと分からないけど関心度は非常に高いです。

Bさんのコメント

仕事の質を高めることは重要で付加価値の高い仕事をしたり同じ時間でも価値の高い仕事を開拓したり、できない事は他に任せる事も重要となってくる。
また、学びは知識だけではなく自分の考え方や内面などを知るとできなかったことができるようになったり世界観が広がることからいろんな体験も必要になってくる。

Cさんのコメント

すべての物事にはメリット・デメリットが両方あるので最初は大変だろうけど良い試みだと思う。日本人は確かに勤勉で真面目だけどゼロから仕事を生み出す能力は欧米などから見ると低いと云わざる得ない。
今回の試みで、業務を根本から見直し改革することが出来れば他社でも導入してくるのではないかと思います。

さいごに


3名の方のコメント紹介しましたが、日本マイクロソフトが試験導入した週3日は非常に良いものだと思います。
政府見解としても副業を認めるように促しているので、空き時間で副業をする人も出てくる。
それゆえに、所得も上がってくれば、いい意味で本業の張り合いにも繋がってくるのでないかと思います。
また、家族との触れ合いの時間や、旅行などに行けば行楽地にお金が落ちるので経済も潤ってくると思います。
是非とも成功して貰いたいと思いますね!