就活にお礼状は付き物!書き方やマナーをサクッと解説

人間関係

就活をしていると面接などの採用試験でお世話になった企業にお礼状を送るという機会がたくさんあると思います。お礼状を送ることで相手に好印象を与えることも出来ます。しかしお礼状の書き方やマナーを知らないと逆に失礼になってしまうことがあるので注意が必要です。きちんとお礼状を書く際、送る際のマナーを守って送りましょう。

ここではその守るべきマナーについて説明していきます。就活が終わっても知っておくことで恥ずかしい思いをすることがなくなると思うので是非覚えておきましょう!

また今はお礼状を手紙ではなくメールで送るという場合もあります。たくさんの企業に送るとなると手書きで毎回書いていると時間がかかってしまいます…しかしメールであればお礼状にかかる時間を短縮することが出来ます。就活生はやることがたくさんあり時間が必要なのでメールで送るという方法もおすすめですよ。

メールで送る際の注意点を知っていれば失礼にあたることはありません。この注意点についてここで説明するので是非読んでみて下さい!

就活のお礼状の基本的な書き方・マナー

守るべき就活のお礼状の基本的な書き方・マナーを紹介します。お礼状はその企業に自分が採用されたか不採用だったかは関係なく出した方が好印象でしょう。

①お礼状はなるべく早く出すことが大切

お礼状を出すタイミングを間違えてしまうとせっかく出してもまったく好印象に繋がらなくなってしまいます。お礼状を出すのであればそのお礼状の効果が発揮できるタイミングで出すことが大切です。そのためには出来るだけ早く出しましょう。手紙は届くのに時間がかかってしまうので、出来れば当日に書きあげて出すようにしましょう!もちろんメールで出しても大丈夫です。メールは送信すればすぐ届くというメリットがあります。就活中なので時間がなかなかとれず出すタイミングが遅れてしまった場合はもう出さない方がいい場合もあります。面接などのことを鮮明に覚えているうちに書くことに意味があります。時間がたつと自分も忘れてしまいますが、相手も忘れてしまうので注意しましょう!

②お礼状に書くべき内容

お礼状は自分の採用試験のために時間をさいてもらったことに対してのお礼を相手に伝えるための手紙ということを忘れないようにしましょう!他にも入社後の意気込みも書きましょう。面接であればその場でも伝えているかもしれませんが、また意気込みをかいても問題ありません。相手が今後の活躍を期待出来るような文章が書けるといいですね!

③はがきか封筒かはきちんと使い分ける

お礼状だけであれば基本的にどちらを使っても大丈夫です。しかし一緒に送る書類がある場合はお礼状を一緒に送れるように封筒を選びましょう。宛名の書き方にもマナーがあります。はがきでも封筒でも住所・宛名な表面にかき宛名が部署名であれば御中、個人名であれば様を使いましょう!書類を一緒に送る際は「重要書類」と書いておくと親切です。

④お礼状の例文

拝啓

貴社ますますご清栄のこととお喜び申し上げます。
○○大学経済学部の○○(名前)と申します。

この度はご多忙の中、面接のお時間を頂き誠にありがとうございます。

面接の感想を簡単に書く

入社したいという意欲を書く

取り急ぎ面接のお礼を申し上げたく、お便りを差し上げました。

末筆ではございますが、貴社のますますのご発展お祈り申し上げます。

敬具

就活のお礼状をメールで送るときの注意点

お礼状は手紙でなくてもメールを使っても大丈夫です。メールであれば送信後すぐに相手に届くというメリットもあります。ここではメールを使う場合の注意点を紹介します。

①件名はかならず付ける

件名でどのような内容のメールなのか相手に伝えることが大切です。長くならないよう簡潔に「面接のお礼」といったような件名をつけましょう!

②内容は簡潔にかく

だらだら長く書くのではなく、伝えたいことだけ簡潔に伝えることがとても大切です。1行をあまり

長くしないように改行を上手く使って書きましょう!

まとめ

就活中書くことの多い企業に対してのお礼状ですが、しっかりマナーを守らないと逆に嫌な印象になってしまう可能性もあるので注意しましょう!守るべきマナーは以下の通りです。

①お礼状はなるべく早く出す

手紙であればその日のうちに書くのが好ましいです。

②お礼状に書くべき内容

自分のために時間をさいてもらったお礼と入社後の意気込み

③宛名を書く時のマナー

表面に住所と宛名をかく。宛名が部署の場合御中、個人名の場合様を使う

④はがきか封筒かはきちんと使い分ける

基本的にどちらでも大丈夫です。しか書類など一緒に送るものがあれば封筒する

お礼状をメールで送る場合の注意点は以下の通りです。

①件名はかならず付ける

②内容は簡潔にかく

このようなことに気を付けてさっそくお礼状を作成してみましょう!お礼状を正しいマナーで送ることで相手にさらにいい印象を与えることができるでしょう!就活中はとても忙しい日もたくさんあると思いますが、もし入社することになった場合その良い印象のまま入社することが出来ます。自分にプラスになることもあると思うのでお礼状を書くことをおすすめします。