病み上がりに持ってこい!簡単にできる消化の良い料理5選

人間関係

胃腸風邪をひいたあとは消化のいいレシピがぴったりです。
消化にいい簡単なレシピについて紹介します。

消化の良い料理レシピ!簡単・手軽にできるもの5選

① そうめん溶き卵スープ 時間:10分

材料(2人分)
そうめん 4束(200g)、水 3カップ、丸鶏がらスープ 大さじ1
しょうがのすりおろし 適量、溶き卵 1個分、水 大さじ1
片栗粉 大さじ1、小ねぎの小口切り 適量

「作り方」
① そうめんはゆでて水洗いをして、ザルに上げて水気をきったら皿にのせます。
② 鍋に調味料を入れて火にかけて沸騰させます。
③ 水溶き片栗粉でとろみをつけたら溶き卵をいれます。
④ そうめんに卵のスープをかけて小ねぎをのせたら完成です。

② 香味はんぺんがゆ 時間:5分

材料(1人分)
白がゆ 1袋、はんぺん 1/4枚(25g)、丸鶏がらスープ 小さじ1
ねぎのみじん切り1/5本分(20g)、しょうがのすりおろし小さじ1/2
小ねぎの小口切り 適量

「作り方」
① はんぺんは2cm角に切ります。
② 耐熱容器におかゆを入れたら調味料を入れて混ぜます。
③ はんぺんをのせてラップをかけたら、電子レンジ(600W)
2分ほど温めたらねぎをのせます。

「おかず」

① 汁かけ鶏ぞうすい 時間:10分

材料(2人分)レシピ提供:味の素KK
ご飯 200g、鶏ひき肉 100g、水 3・1/2カップ、酒 小さじ2
ほんだし 小さじ1、瀬戸のほんじお 小さじ1/2
小ねぎの小口切り 2本分、しょうがのすりおろし1かけ分
ポン酢しょうゆ 適量。

「作り方」
① 鍋に鶏ひき肉を入れて、ひき肉をほぐしたら中火にかけます。
② 煮立ったら弱火にしてアクを取ったら、ご飯を入れて塩で味を調えます。
③ 小ねぎを上からパラパラかけます。
④ 器にのせせてしょうがを添えたら、ポン酢しょうゆをかけたら完成です。

② にんじんの白和え 時間:5分

材料(1人分)
にんじん 50g、絹ごし豆腐100g、ほんだし 小さじ1/2、すり白ごま 小さじ1

「つくり方」
① にんじんは細切りにしたら塩を少しふります。
② しんなりしたら軽く水気をしぼります。
③ 豆腐はキッチンペーパーに包んで重しをして15分ほど水きりをします。
④ ボウルに豆腐をくずし入れたらほんだしにごまを混ぜます。
⑤ にんじんを混ぜます。

「お汁」

とろとろかき卵汁 時間:5分

材料(4人分)
卵・小 2個 瀬戸のほんじお少々、片栗粉 大さじ1、水 大さじ2
水 3カップ、酒 大さじ1、瀬戸のほんじお 小さじ3/4
ほんだし かつおとこんぶのあわせだし 小さじ山盛り1
しょうゆ 小さじ1

「作り方」
① ボウルに卵を割ったら塩を加えてほぐしたら、水溶き片栗粉小さじ1をいれてまぜます。
② 鍋に溶き卵をいれて煮立て、かつおとこんぶのあわせだしをいれて、しょうゆを加え味を調えます。
③ 残り水溶き片栗粉をいれたら中火弱でかき混ぜて煮立たせます。
④ 卵液を混ぜながら糸状に流し入れて菜ばしでそっと混ぜます。
⑤ 卵が浮いてきたらすぐ火を止めて皿にいれます。

「飲み物」

① ヨーグルトドリンク 時間:2分

材料(1人分)
牛乳 1/3カップ、プレーンヨーグルト 1/3カップ
パルスイート カロリーゼロ 1本(1.8g)。

「作り方」
① ボウルにすべての材料を混ぜたら氷を入れたグラスにいれます。
オレンジやフルーツを飾ると可愛いですよ。

材料(2人分)
にんじん・正味 1本(150g)、バナナ・正味 1本(100g)
牛乳 1カップ、レモン汁 小さじ1パルスイート 小さじ2。

「作り方」
① にんじんは皮つきのまま適当な大きさに切りバナナは適当な大きさに切ります。
② ミキサーににんじん・バナナ、Aを入れてジュースにします。

消化の良い料理は意外とコンビニにもある

① ヨーグルト

乳製品は胃粘膜を保護してくれますが、乳脂肪分の高くないものを選びましょう。

② お粥

コンビニならレトルトのお粥があるので、胃に優しいおかゆです。

③ 豆腐

豆腐は胃に優しい食べ物でお粥に混ぜるといいですよ。

④ うどん・そば

温めて食べられるうどんやそばは消化して、お腹いっぱいになります。
冷たいうどんより温かいものをたべましょう。

⑤ 半熟卵

卵は生も加熱したものは消化に良くないが、半熟は消化にいいのでおすすめです。
タンパク質が入っているため栄養価も高いです。

⑥ おにぎり

おにぎりの具は梅干しや昆布などシンプルなものを選びましょう。
海苔は消化に悪いのではずして食べましょう。
パンは油脂や砂糖が極力少ない食パンがおすすめで、おかずで消化がいいのは、かぼちゃの煮つけや里芋の煮物、肉じゃがなどは注意です。

海藻やキノコ類、ごぼうなどは消化によくない不溶性食物繊維が入っているので、きんぴらごぼうなどは食べないで下さい。

⑦ ゼリー

ゼリーも消化がよくクリームがかけていないシンプルなゼリーがおすすめ。

⑧ 果物

熟れたものが消化にいいので、皮の表面に茶色いスポットが出たバナナを選びましょう。
リンゴも消化がいいですが、酸味があるベリー系や柑橘系、繊維の多いパイナップルなどは食べないようにしましょう。

水分が多い体を冷やすスイカやナシ、渋み成分がある柿やブドウも食べないようにしましょう。

⑨ 飲み物

コーヒーや紅茶、緑茶、その他栄養ドリンクなどはカフェインが、入っています。
カフェインは胃を荒らすだけではなく、胃もたれの症状があるときは飲まないようにしましょう。
カフェインが入っていない麦茶やほうじ茶がおすすめです。

胃に負担をかけない食べ方に


・よく噛んで食べるために少しずつ5~6回に分けて食べます。
・消化にいい食べ物から食べましょう。
よく噛むと食べたものが小さくなり胃での消化の負担が減ります。
一度にたくさん食べないで、少しの数回に分けて食べると胃への負担を減らすことができます。

消化に良くないものを先に食べると、消化に時間がかかります。
食べ物がいつまでも胃にたまっているため胃もたれの原因になります。

野菜を先に食べると少しの量だけで、お腹いっぱいになります。

胃もたれは消化にいいものから食べ、食後の果物より最初に食べると胃に負担がかからないようです。

バナナなどの果物を食べてから、お粥やおかずなどを食べましょう。

まとめ

胃腸が弱っているときはあまりご飯を食べたいとは思いませんよね!?
そんなときはゼリーやお粥を少し口のなかにいれて、よくかんで食べてみてください。
消化のいいご飯やゼリーを食べて、薬を飲んだら横になって休みましょう。
すぐ元気にならなくても、栄養がある食べ物を食べて体を休ませたら元気になりますよ。
体の調子が悪いときは無理をしないで休むことが大切です。