もしかして消化不良?こんな症状があるときは注意!?

人間関係

最近げっぷや吐き気などで悩んではいませんか!?
症状が悪くなると大変なことになる可能性があり、消化不良の症状や原因について紹介します。

【消化不良の症状】吐き気の原因になるものとは

消化不良とは?

暑い時期は熱中症予防のために冷たいものをとることが多いと思いますが秋になると胃が疲れやすくなります。

涼しくなると食欲が増えて夏の時期におちた体力を回復するために、急にたくさん食べすぎると夏バテしている体に負担をかける可能性があります。

胃の働きとは?

胃は食道を通って入ってきた食べ物を波を打つように動いて消化したあとに胃に送ります。
胃に入った食べ物を消化するために胃液が出て、栄養が吸収されるように溶かします。
胃が弱っていると体全体に栄養を送ることが難しくなります。
胃の健康を守るために暴飲暴食を避けて規則正しい生活をすることが大切です。

① 消化不良で飲みすぎら食べすぎに!

飲みすぎ、食べすぎだけではなく食生活が崩れていると、胃が疲れているサインを出しています。
ずっと休まず食べて飲んだりを繰り返していると、胃が休まる時間がないため胃が疲れる可能性があります。

② 胃酸が多いと生活習慣の乱れる原因に!

胃酸過多とは?
長い時間空腹の状態が続いて、ご飯を早く食べることが原因で起こります。
丈夫な胃壁も悲鳴を上げて薬で胃を荒らすこともあるので、必ずコップ一杯の水を飲んで胃が荒れないように気をつけましょう。

不規則な生活は胃酸過多の原因となる可能性があるので、規則正しい生活をしましょう。

③ 刺激物が入っている食べ物をとりすぎている。

胃がからっぼのときに刺激がある食べ物やコーヒーやお酒をガブガブ飲むと胃酸過多の原因になります。

④ ストレスが発散できていない。

人間関係や職場や学校生活での悩みなどがあるとストレスが原因で、胃が荒れるなどの症状は器質的疾患の治療がおすすめです。

器質的疾患‥

⑤ タバコなどを吸うと胃が不健康になります。

胃が荒れた状態が続くと「急性胃炎、胃、十二指腸潰瘍」になる可能性があります。
急性胃炎にかかったまま刺激がある食べ物をやストレスが続くと「慢性胃炎」になります。

最近、いつもと比べて調子がおかしくて、症状が続くときはかかりつけ医に相談することをおすすめします。
胃からのSOSに早く気づいて治療をしましょう。

胃がダメージを受けないように暴飲暴食を避けてストレスがたまらないように発散させることが大切です。

【消化不良の症状】げっぷがよく出るとき


仕事中や人と話しているときに、急にゲップが出そうになる、お腹が張りガスが出そうになることはありませんか!?
ふだんからゲップやお腹の膨満感が多い人は、「呑気症(どんきしょう)の可能性があります。

呑気症

たくさんの空気をのみこむことで大腸や食道などに、空気がたまって起きる症状で別名空気嚥下症とも呼ばれています。

ゲップや腹部膨満感、ガスなどだけでなく、胸焼けやお腹の痛みなどの症状が出ます。

空気を吸い込んだだけで呑気症が出るのか!?
飲んだり食べたりするときに、食べ物と一緒に少しの空気を呑み込んでいます。
呑気症があると食べ物を食べているときだけではなく、普段の生活の中で自分が気づかないうちに空気をのみこんでいる可能性があります。

仕事や人間関係などで緊張や不安になるときに、唾液を呑み込むことがありますがそのときに空気も呑み込んでいます。

ストレス状態が長く続くと自分が知らないうちに呑み込む空気の量が多くなり、胃や腸にたまるとゲップやガスなどの症状が出ます。

ゲップで胃液や食べた物が逆流すると胸焼けが起きて、「逆流性食道炎」になることもあるので注意が必要です。
人がいる前でゲップなどを我慢すると、我慢がストレスになり、空気を呑み込むという悪循環が起きて、人によって不安症やうつ状態になる人もいます。

呑気症の原因はストレスになることは、急に起こる可能性があるので気をつけましょう。

※逆流性食道炎は、酸性の胃液や消化中の食べ物が食道に逆流し、炎症や痛みが起きます。
呑気症の人は逆流性食道炎で胸焼けなどの症状があります。

呑気症を予防する方法

① 胃腸に優しい生活をする。

脂肪の取りすぎると胃酸が逆流して、胃腸に負担をかける味の濃い、辛いもの、冷たいものなどの食べ物を控える。

② よくかんでゆっくり食べる。

音を立てないでゆっくりご飯を食べるように心がける。

③ 鼻に違和感のある人は耳鼻科に行く。

症状が長く続いているときは病院で治療しましょう。

④ 姿勢を正して生活をする。

顎を引く、姿勢を意識すると口呼吸も改善しやすくなります。
自己対処で薬を使うと症状が、悪化させる可能性があるので病院に行きましょう。

⑤ マウスピースをつける。

かみしめる癖が改善され、かみしめ癖だけではなく飲み込む癖が改善されるとリラックスできます。

⑥ ツボ押しをする。

お腹に神闕(しんけつ)、天枢(てんすう)というツボが効果があります。
神闕はおへその位置にあり、天枢はおへその両側に2つ(指3本の位置)あり、人差し指をおへそに当てて薬指の隣くらいの場所にあります。

神闕と天枢は胃腸の不快を改善するツボは、おへそにめがけてドライヤーを当てるカイロで温めたりすると効果が高まります。

⑦ タバコを吸わない。

喫煙を吸うと自己回復力できずに、体調がなおりにくくなります。
ガンや他の重大な病気が隠れているときは効果がなく、長引いているときは我慢しないで早めにかかりつけの病院に行きましょう。

まとめ


消化不良の原因は普段の生活で、空気をのみこんでいる量が多いとげっぷや胃液が逆流して症状が悪くなる可能性があります。
消化不良が起きたときは、普段の生活を見直してゆっくり食べるように意識して、姿勢を整えるなどをして症状が改善されますよ。

消化不良の症状が出たら病院に行って相談することをおすすめします。