食物アレルギーの子供の増加が続いている!検査ってした方がいいの?

人間関係

近年、子供が食物アレルギーを発症する割合は増加傾向にあります。
そんな話を聞くと、子供の離乳食がはじまるとなると余計不安に感じたりはしませんか。
食物アレルギーとは、皮膚に症状があらわれるだけでなく、酷いときには呼吸器や循環器などさまざまな症状があらわれる、ということは何となくでも知っていることであると思います。

まずは、「食物アレルギー」についてお話していきますので、「何となくしか知らない不安」というものを拭っていきましょう。

私たちの体には、有害な物質から体を守る“免疫”という働きが備わっています。
食物アレルギーは、体が異物と認識した食物、いわゆるアレルゲンに対して免疫が過敏に反応してしまうことです。
子供は消化・吸収機能が未熟なため、特にその反応が起こりやすくなっています。
体は、腸から吸収されたアレルゲンを排除しようと働きかけますが、アレルゲンは血液にのって全身に運ばれていき、眼・鼻・のど・肺・皮膚・腸などでさまざまな症状を起こしてしまいます。

※アレルゲン・・・アレルギーの原因となる物質

食物アレルギーが発症する原理がわかったとしても突然、自分の子供が食物アレルギー反応を起こしてしまったらお母さんも慌ててしまうことでしょう。
そうならないためにも食物アレルギーの検査を受けることをオススメします。
子供に食物アレルギーがあるかどうか分かれば、たとえ発症したとしても上手に付き合うことで怖い病気ではなくなります。

食物アレルギーは検査でここまでわかる!費用は子供だとどれくらい?

食物アレルギーの検査は、いくつか方法があります。
<血液検査(血中抗原特異的IgE抗体検査)>
これは一つの食物に対して、体に“IgE抗体”があるかどうかを調べる検査になります。
病院によって検査の方法が若干異なりますが、基本は同じです。
結果の抗体価を数値で表します。
※抗体価をスコアもしくはクラスとも言います。
この数値が高ければ高いほど、症状がでる可能性があると言われていますが、中には
抗体価の数値が高くても症状があらわれないこともあります。
そのため、この検査だけで判断することは難しく、あくまで補助的な検査として捉えられているようです。
ですから、原因と考えられる食物を除去するかどうかの判断には別の検査も受ける必要があります。
この検査の費用は、健康保険が適用になりまして5,000円程度ですが、別途診察料がかかります。
検査内容は、13項目です。

食物除去試験

主に母乳を飲む赤ちゃんの検査に用いられています。
この検査によって、母乳に含まれるアレルゲンを特定します。
医師の指導のもと、食物アレルギーが疑わしい食物をお母さんが1~2週間、長ければ4週間近く除去し、赤ちゃんの症状が改善するかどうかを観察していきます。
この検査によって、症状が改善したならば診断を確定するために食物負荷試験を行うようになります。
食物負荷試験は、次でご説明します。
ここでかかる費用は、基本診察料のみになります。
疑わしい食物を除去して、経過観察になるからですね。

食物負荷試験

食物アレルギーの疑いがある食物を実際に食べて、症状が現れるかどうか確認する検査です。
この検査は、食物アレルギーの疑いのある食物を少量ずつ摂取し、15分~20分ごとに量を増やしながら食べていく方法になります。
しかし、アレルギー反応が強く現れ、重い症状を起こす子供もいるので、“必ず”医療機関で受けるようにしょう。
とてもシンプルな方法ですが、食物アレルギーの検査を行う上で、一番正確な手段と言われています。
健康保険が適用となり、3,000円程度で検査可能ですが、入院などした場合は別途入院費用がかかります。

皮膚プリックテスト

赤ちゃんの食物アレルギーの診断に有効な検査です。
これは、アレルゲンと疑われる物質を皮膚に1滴のせ、専用の針で皮膚に小さな傷をつけて、15分待ちます。
検査した部位が赤く腫れていれば「陽性」と診断されます。
この検査は、血液検査とほぼ同じ意味があるので、採血しない分、赤ちゃんでも手軽に行えます。
しかし、全身にアレルギー反応を起こしてしまう子供もいますので注意が必要です。
医師が検査を必要と判断した場合、健康保険が適用になります。
適用になると、1項目420円です。

食物アレルギーの子供はどうしたら治るの?

子供のうちに発症した食物アレルギーは、治る病気であることをご存知でしたか。
乳幼児時期に発症した食物アレルギーの原因となる食物は、卵、乳製品、小麦などです。
この時期に発症した場合、3歳ごろには5割、小学校の入学までに8割近くの子供が治ると言われています。
もちろん、個人差がありますので必ず治ると言う訳ではありません。
しかし、食べられるようになったかどうかは食べてみないとわかりません。
そのため、半年~1年を目安に定期的な血液検査(特異的IgE抗体検査)を行うように薦められています。
その結果次第では、食物負荷試験を行い、アレルゲンとなる食べものを継続して除去すべきなのか、もしくは解除しても問題ないのか判断していきます。
また、小学校に入学して以降にはじめてあらわれた食物アレルギーは治りにくいと言われています。
このような場合の原因となる主な食物は、甲殻類、果物類、魚類、そば、ピーナッツなどが挙げられます。
食物アレルギーの基本は、まず症状を出さないことです。
そのためには、必要最低限におさえた食物除去を行います。
食物除去の程度や方法、期間などは子供一人ひとりによって違いますので、専門の医師と相談しながら行いましょう。
また、食物を除去したことで子供の成長へ影響が出ることが考えられます。
そのため、除去した食物の栄養をほかの食物で補い、バランスのよい食事を心がけることが大事になってきます。
また、最近では「経口免疫療法」という治療方法も行われるようになりつつあります。
この治療方法は、原因となる食物を時間をかけながら摂取する方法です。
摂取するときは、徐々に量を増やしていきます。
このように、食物アレルギーの原因となる食物を摂取している訳ですから、治療途中で、重篤なアレルギー反応を起こす可能性があります。
また、一定の量を食べられるようになっても体調が悪いときにはアレルギーの症状があらわれることもあるので、リスクのある治療法になります。
したがって、自己判断で安易に行うのは非常に危険ですので行わないでください。
必ず専門の医師の指導のもと、リスクを承知したうえで行うことが必須です。

最後に

子供の食物アレルギーの発症は、乳幼児時期の皮膚トラブルによって発症するケースがほとんどです。
乳児湿疹やアトピー性皮膚炎によって、かきむしった肌からアレルゲンが侵入していると言われています。
そのため、食物アレルギーの一番の予防は、乳幼児時期の肌ケアが最も大切になります。