診断書を会社に郵送するときのマナー!注意するポイントは?

マナー

病気などで会社を長く休まなくてはいけないときは、診断書を会社に届ける必要があります。
手続きは色々とあり診断書を送るマナーや書き方についてわかりやすく紹介します。

診断書を会社に提出するときの基本的なマナーとは

━━━[PR]━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ ■□━ 65歳以上の方の治験モニター会員大募集 ━■□ 治験ボランティアを募集中! 無料で登録可能!
高齢者(シニア)治験ボランティア|65歳以上の健康な方対象の治験ボランティア(モニター)募集 | 治験ボランティア・臨床試験モニター募集ならJCVN
高齢者(シニア)モニターに関するページです。JCVNではモニター・ボランティアとなって頂ける方を大募集しています。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━[PR]━━━

① 診察を受けたら診断書をもらう。

診察を受けたら担当の医者に診断書を書いてもらいます。
患者から診断書の発行を頼まれたときは、診断書を発行する必要があります。
会社を休職するために長い期間の療養が必要か話があります。

診断書は医療機関によって違い3000円くらいでした。
長い期間複数枚発行してもらう必要があるので、金銭的負担がかかります。

診断書の内容
① あなたの氏名、現住所、生年月日、年齢
② 病名、医師の所見、療養上の注意点
③ 医師の氏名、医師の印鑑
④ 病院名、病院住所、病院の角印

病院側も診断書の控えが残るように複写式となっています。
発行した診断書と病院側で保管する写しとの間に割り印を押します。

診断書を書き終えたら医師が患者へ診断書の内容に間違いがないか確認をします。
会社を休職するにあたって、あなたが休む理由も書いてあります。

診断書の提出方法

会社に行って上司に渡すことができないときは、郵送で提出することができます。

診断書だけを封筒に入れて送るのはマナー違反になります。

休職するときは診断書など手続きに必要な書類は郵送で提出しても大丈夫ですが、会社へ連絡を入れて郵送で提出することを伝えましょう。

もらった診断書をそのまま封筒へ入れて送るのはマナー違反なので、添え状をつけて郵送します。

診断書を郵送するときの添え状の書き方と例文集

━━━[PR]━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ ■□━ 65歳以上の方の治験モニター会員大募集 ━■□ 治験ボランティアを募集中! 無料で登録可能!
高齢者(シニア)治験ボランティア|65歳以上の健康な方対象の治験ボランティア(モニター)募集 | 治験ボランティア・臨床試験モニター募集ならJCVN
高齢者(シニア)モニターに関するページです。JCVNではモニター・ボランティアとなって頂ける方を大募集しています。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━[PR]━━━


① 日付を右端に寄せて書きます。

② 左端に寄せて会社名を書きます。
※様や殿をつける必要はありません。

③ 左端に寄せて所属部署、課を書きます。

④ 直属の上司などは送る相手の名前を様をつけます。

⑤ 自分の氏名は右端に書きます。

⑥送付状と記入した後一言添えます。

拝啓から敬具で締めましょう。

⑥ 記と記入した下に封入する診断書の枚数を書きます。

本文の書き方は、病気で休職することや仕事を出来ないことに対する気遣いが伝われば大丈夫です。

郵送の際のマナーは診断書だけではなく、添え状を合わせて送るようにしましょう。
添え状なしで書類のみ郵送するというのは失礼なので、社会人として最低限のマナーを守ったうえで書類は郵送しましょう!

休職制度を利用する場合は、診断書など、休職のために必要な書類を会社に提出しなければなりません。病気やけがの治療中に、それらの必要書類を会社へ持参するのは困難だと思います。
このような場合は、郵送による提出でも問題ありません。ただし、診断書などを会社に郵送する際には、添え状をつけるのがマナーです

診断書を郵送する際の例文

【例文】
—————————日付
○○会社
○○課
ご担当 ○○様
—————————名前

送付状

拝啓 貴社益々ご清栄のことと申し上げます。
診断書を同封させていただきます。
私も引き続き回復に努力しておりますので、ご迷惑をおかけいたしますが、
宜しくお願い申し上げます。
敬具

診断書○通

手続き依頼をする際の例文

【例文】
—————————日付
○○会社
○○課
ご担当 ○○様
—————————名前
送付状
拝啓 この度は大変ご迷惑をかけしており申し訳ございません。
更にお手数を煩わせるようになり恐縮ですが、傷病手当の申請書を同封させていただいます。
ご査収の上、ご手配下さいますよう、どうぞ宜しくお願い申し上げます。

敬具

傷病手当申請書○通

中身出し③ 体験談


何年か前に会社に診断書を出したことがあります。
入院はしていませんでしたが、休む前は上司と話し合いをしてから休みました。
診断書を病院からもらうときは3000円くらいお金を払ってから、その診断書を会社に送っていました。
診断書と一緒に手紙をつけて郵便で出しました。
会社に診断書を出すのは大変だったので、その月の末で会社を辞めることを決めました。
病気がいつ治るかもわからないのでそのまま休むより会社に迷惑がかかるので辞めることになりました。

まとめ


私が勤めていた会社は働くスタッフのことを考えて色々と相談をすることができました。
病気が治ってその会社で働きたい人は、無理をしない範囲で病気を治していけばいいと思います。

会社を長い間休むときは病院からもらえる診断書が必要です。
診断書があると会社から給料はもらえませんが、傷病手当てを申請することでお金をもらうことができます。

傷病手当てを申請するときは毎月診断書が必要になります。

傷病手当ては病気や怪我などで働くことができない人がもらえるお金です。
もらうには申請書を書かなくてはいけないので、担当のお医者さんに相談しましょう。

病気や怪我などで働くことができなくても、診断書を会社に提出することで傷病手当て金が貰えるので忘れずに申請をしましょう!