失礼にならない新築祝いの相場が知りたい!【兄弟の場合】

マナー

「新築祝い」とは、親族、知人、友人などが新しく家などを建てたときに「家内が安全で末永く繁栄しますように」、「新しい家での暮らしが豊かなものになりますように」などのお祝いの気持ちを形やお金にして贈るものになります。
家を建てるということは、一生に一度の買い物と言われており、贈る側もそう何度もあるワケではないはずです。
そんな高価な買い物を自分の兄弟が購入したとなれば、きちんとお祝いしなくてはなりません。
しかし、身内になれば知人や友人に贈るより金額が高めなのは分かるけど「相場が分からない」なんて方もいらっしゃるのではないでしょうか。
ここでは兄弟へ贈る「“新築祝い”の金額はどれくらいなのか」、その相場ついてお話していきます。

新築祝いの相場を調査!兄弟のときはどれくらい?

一般的に兄弟へ贈る新築祝いの金額は、30,000円~50,000円が相場になります。
ただあくまでも一般的な相場価格になりますので、この金額の範囲に納めなくてはいけない、と言うことではありません。
お祝い事ですので、新築を建てた兄弟へお祝いの気持ちを届けることが何よりも大切になります。
たとえ相場より少ない金額を包んだとしてもお祝いの気持ちをしっかり伝えられれば問題ないのです。
ですから、学生さんであれば無理してお金を包まず、気持ちだけでも伝えるようにしましょう。
また、あなたと新築を建てた兄弟以外に、他にも兄弟がいるならば新築祝いを贈る前に贈る金額を決めておくことをおススメします。
兄弟の新築祝いは自分以外の兄弟と包んだ金額に差があると、その先気まずくなることがあります。
兄弟間でもめることなくお祝いしてあげるためにも、前もって打ち合わせしておくのがベストです。
金額がわかったとなると、次はそれを包むのし袋ですね。
新築祝いに使うのし袋は、蝶結びの紅白水引になります。
表書きは「御祝」、「祝御新築」、「新築御祝」などを書きます。
ちなに印刷されたのし袋は、包む金額が5,000円~10,000円程度の場合に使用するのが一般的とされています。
相場に合わせて30,000円以上をお祝いに包む場合は、きちんと水引がかかったのし袋を使用しましょう。
新築祝いを渡すタイミングは、新居に初めて訪問したときです。
新居が完成したら出来るだけ早く渡すのがマナーではありますが、相手も引っ越しなどで忙しく、中々訪問出来ないことがあります。
相手が忙しそうならば、無理に訪問せず少し時間を置いてから渡しても問題はありません。
時間を置くと言っても半月~一ヵ月以内には渡すようにしましょう。
また、遠方に住んでいて直ぐにお祝いを渡せない場合は新居完成後、一ヵ月以内を目安にして郵送してください。
ただお金を送るだけでは淋しいので、お祝いのメッセージを添えると、より気持ちが伝わるのでオススメです。

新築祝いの相場を調査!親戚など他の親族のときは?

親戚へ贈る新築祝いの金額は、10,000円~30,000円が相場となります。
一般的にこの範囲内で自分と相手との関係性によって金額を決めているようです。
しかし、相手が目上の方になれば現金で渡すのはあまり良くないと言われています。
贈る相手が目上の方の場合は、品物を贈るようにしましょう。
品物は、商品券、カタログギフトなどがオススメです。
自分の趣味で選べるものになるので、相手の趣味がわからなくても喜ばれること間違いありません。
そんな新築祝いの贈りものにも「避けるべき」と言われているものがあります。

インテリア小物や大きな観葉植物

理由としては、新築の家はインテリアに拘っていることがほとんどです。
相手の趣味に合わなければ置き場所に困ることになるので、避けたほうが無難でしょう。

「火」を連想出来るもの

火は、「火事」を連想することに繋がるため、縁起が悪いと言われています。
一生に一度、頑張って家を建てたのに不吉なイメージになるものを貰っては、贈られた側も良い気持ちにならないはずです。

絵画や壁飾りなど

柱や壁に穴を開けるものも新築祝いには好ましくありません。
相手の希望でないのならば避けるようにしましょう。

マットやスリッパなど

これらは「踏みつけて使うもの」になるので、目上の方に贈ると「あなたを踏み台にします」という意味になってしまいます。
品物を贈るときはマナーがありますので、気をつけて選ぶようにしてください。
もし相手に欲しいものを聞ける間柄であるなら、直接欲しいものを聞いてしまうのもアリではないでしょうか。

最後に

新築祝い」は、あくまでも家を建てたときに贈るものです。
近ごろでは、中古住宅や中古マンションをリォームやリノベーションして購入する方も増えてきていると聞きます。
このような場合のお祝いは、「引越し祝」や「御祝」として贈るのが正しいお祝いの仕方となりますので注意してください。
これまで、新築祝いの相場についてお話ししましたが、お祝いする気持ちが伝われば、あまり金額にこだわる必要もないでしょう。