自分は多い?少ない?新卒年収の推移をチェック!

マナー

僕は今大学生なんですが、もうそろそろ学生生活も終えようとしています。

つまり、大学生の方ならお分かりだと思いますが嫌な時期に入るわけです。
そう、人生をもっとも大きく左右させるであろう「就活」!ちょっと考えただけでも胃がズキズキと痛くなります・・・(T-T)

楽しかった大学生活であっただけに、これからの不安と大きなプレッシャーに潰されそうになることも(T-T)
そんな人生の一大事にでもなる「就活」ですが、まずは年収について学んでから就活をしたいと思います!

ただひたすら楽しんで、勉強して〜の毎日だったので年収についての知識は全くゼロ(T-T)

なのでまずは新卒年収の推移をチェックしてみました!

当たり前ではありますが、大卒の平均年収は企業によって差が出てきます。
大企業と中小企業を比べると、20代の平均年収で、大企業が400万なのに対し、中小企業は270万程度。大学卒業者の全体の平均年収は676万程度となっているようです。
ですが、大卒時の初任給がいいからといってそれが全体の平均年収にかかわってるということは無いようです。
なるほど。なんとなくざっくりとした新卒の年収が分かりました◎

新卒の「年収」と「手取り」の違いをおさらいしておこう

新卒の平均年収は分かりましたが、良く耳にする「手取り」。
「年収」と「手取り」の違いとは?と疑問になったので、こちらも調べてみました。

「年収」とは、基本的には一年間に得た総収入額のことを言いますが、税金や社会保険料が引かれる前の収入を表すのが一般的です。
年収を把握するには、身近なところでは源泉徴収票があります。
源泉徴収票には「支払金額」、「給与所得控除後の金額」「所得控除の額の合計額」「源泉徴収税」「社会保険料等の金額」「生命保険料の控除額」「地震保険料の控除額」……などなど。

様々な金額が記載されていますが、年収とはズバリ「支払金額」の欄に記載されている金額です。
そこに書いてあるその年の分の額が、まさに年収になります。

源泉徴収票毎は毎年12月~1月に各会社から配布されますので、そこに記載されている「支払金額」を見れば、その年の年収が明確に分かるようです◎

また源泉徴収票以外でも役所で所得証明書を発行してもらうことでも確認することが可能だそうです。
所得証明書には「給与収入欄」があるので、そこに記載されている額が年収になります。

「手取り」とは、その言葉のとおり、手元に入ってくる金額のことです。税金や保険料などが差し引かれた後、実際に銀行口座に振り込まれる金額なので、最も身近な額とも言えますね。
会社によっては、会社規定による積立金や親睦会費なども引かれた金額になっていることがあります。

手取り額の確認方法としては、給与明細に「差引支給額」や「銀行振込額」といった欄に記載されています。また、実際に給与が振り込まれる銀行口座の取引明細でも確認できます◎

「年収」と「手取り」では意味合いがかなり違ってくるんですね!

新卒の年収で気になるのは公務員!最近の水準とは

学校や世間でも良く言われているのがこのセリフ。「公務員は安定してる」。
偏見ももちろんあるとは思いますが、僕の両親にも「公務員になれるならなるべき!」
と耳にたこが出来るくらいくどく言われました(T-T)
なので、僕も就活する際にはまずは公務員を頑張って受けてみようとは思っていますが、新卒の公務員の年収ってそんなにいいの?いくらぐらいなんだろう?と気になったので新卒の最近の水準について調べてみました。

最近の新卒の公務員の年収は約320万円です。

国家公務員も地方公務員もさほど大きくは変わらないみたいです。
ちなみにその年収320万円の内訳も調べてみました。
新卒公務員の月収は平均にして約18万円。
あれ?そんなに一般企業とそんなに月収が変わらないなと思いきや、大きく異なったのは『ボーナス』。
公務員のボーナスはなんと約4ヶ月だそうです!

普通の一般企業だと企業によっても異なりますが、平均して2ヶ月の企業が多いです。
なので、先ほどの月給で計算すると、月収約18万円×4ヶ月となりますので、年間でボーナスだけで72万もらえることになります!

これは・・・一般企業と公務員では大きく違いますね!

ちなみに公務員のボーナスは夏と冬にもらえます。
夏に32万円程度、冬に40万程度と考えておけばよいでしょう◎
ただし、社会人1年目である新卒公務員は、夏のボーナスは約10万円程度と考えておくといいみたいです。
何しろ、2ヶ月しか働いていないので、そんなにもらえないです(笑)。
でも、1年目でもらえるだけで嬉しいですね!

そして、民間企業のボーナスが上がれば、公務員のボーナスも上がるようなのです。
景気が良くなれば、公務員のボーナスも上がっていくというわけですね。
でもあくまでも今僕が調べたのは年収。公務員の1年間での手取りは約260万円だそうです。
年金や所得税で結構引かれてしまうみたいですね。

これまで新卒の年収や手取りなどについて色々調べてみましたが、これから就活をする皆さんもこれらを参考にして就活を一緒に頑張りましょう!