新幹線の回数券は後から指定席にすることもできるの!?

人間関係

新幹線にも「回数券」があるのをご存知ですか。
新幹線の回数券は、普段利用する乗車料金から割引されているので、通常料金より割安で新幹線を利用することが出来ます。
通常のチケットになると、その都度新幹線のチケットを購入しなくてはなりません。
仕事などで時間に追われている方になると「その手続きすら面倒だ」と感じたことがあるはずです。
新幹線の回数券を利用すれば、そんな購入する面倒を省いてくれます。
しかし、「いくら安くても指定席でないなら利用したくない」、「仕事で疲れているのに自由席なんてもってのほか」など、回数券では指定席が取れないと思った方はいらっしゃいませんか。
実は、回数券でも指定席の予約はとれるんです。
ここでは、新幹線の回数券の利用方法などについて少しお話させてください。

新幹線の回数券を指定席にするときの方法と料金

新幹線の回数券は、通常のチケットより安く購入出来ますが、その割引率は利用する区間によって異なります。
一般的な割引率は3~5%程度ですが、区間によっては8%~10%、さらには15%を超える区間もあるので、かなりお得になるケースもあります。
しかし、気持ち程度の割引率になってしまう区間があるのも否めません。
乗車頻度が多い方になると、都度チケットを購入する煩わしさを感じたことがあるはずです。
割引率に関わらず、煩わしさから解放されるためにも回数券を利用してみてはいかがでしょうか。
普段、新幹線の乗車チケットを購入すると乗車券と特急券の料金を支払っています。
回数券は、これら2枚を1組にしてセット販売されています。
しかし、指定席の利用には「座席指定券」の購入も必要になりますので忘れず購入してください。
これらのチケットは、みどりの窓口、もしくは指定席券売機で販売しています。
また、指定席の予約は1ヶ月前からの受付になりますが、予約内容は、予約した新幹線の出発時刻前であれば何度でも変更することが出来ます。
予約は購入場所と同じく、みどりの窓口、もしくは指定席券売機で対応しています。
急な仕事で、出張の日程が変更になったとしても回数券を無駄にすることがないのは安心ですね。
余談ですが、回数券の払い戻しには、3つの条件を満たす必要があります。
・回数券を購入してから一度も利用していない状態であること。(回数券がすべて揃っていること)
・有効期間内であること。
・「表紙」がついていること。
ここで言う「表紙」とは、購入代金の総額が印字されているものを指します。
つまり、回数券が残っていても一枚でも使用していれば、払い戻しはしてもらえないので気をつけてください。
また、払い戻しにかかる手数料は220円です。
購入代金の総額から、この220円を差し引いた金額が戻ってきます。
回数券を購入するときは、利用頻度をよく確認しましょう。
利用頻度を間違えると、お得だった回数券も損してしまうので注意してくださいね。

新幹線の回数券の期間には要注意!新幹線回数券には使えない期間があります!

利用することの出来ない期間が新幹線の回数券にはあります。
その期間は、下記の通りです。
<ゴールデンウィーク>
4月27日~5月6日
<お盆>
8月11日~8月20日
<年末年始>
12月28日~1月6日
回数券は、乗車率の高い繁忙期では利用できません。
また、新幹線の回数券にも有効期限はあります。
基本、有効期限は3ヵ月です。
その期間内で回数券は使い切ってください。
購入した回数券が「利用することのできない期間」と重なっている場合、利用できない日数分だけ有効期限は延長されます。
購入した回数券が利用できない期間と重なるからといって、損することはありません。
回数券を利用する場合、以下のことに注意しましょう。

・途中下車は出来ない。

「途中下車」とは、目的地の駅とは別の駅で一度改札口を出て、また同じ乗車券を利用して新幹線に乗車することです。
例えば、新幹線が駅で停まっている間に、飲み物を買うため新幹線から降り、また同じ新幹線に乗車することは途中下車とは言いません。

・乗車区間を変更したい場合は、払い戻しの手続きを行う。

通常のチケットでは、乗車区間を変更することは可能です。
通常のチケットは変更する乗車区間の距離によって、その差額分を支払うか払い戻しするかの対応になります。
この変更手続きは、最初の一回は手数料を必要としません。
しかし、回数券は乗車区間の変更は対応してないので、払い戻しの手続きをとります。
その後、変更する乗車区間の回数券を改めて購入してください。
払い戻しの方法は、先述したとおり回数券が未使用で、かつ有効期間内でなくてはなりません。
一枚でも使用していた場合は、払い戻し手続きは出来ないので回数券だけ改めて購入するようになります。

さいごに

新幹線の乗車料金は決して安くはありません。
新幹線に乗車する頻度が多くなると、その分出費も高くなりますよね。
そんな方にこそ回数券を利用してもらえれば、少しでもお得に新幹線を利用することが出来ることは間違いありません。