紫外線アレルギーの検査方法って何をするの?

人間関係

紫外線にあたると子どもに蕁麻疹がでたり、かゆがったり、発疹が出たりなどの症状がある場合紫外線アレルギーの可能性があります。
紫外線は普通に生活しているとあたってしまう可能性が高いので早く気付いてあげることが親として大切なことだと思います。

そのために欠かせないのは紫外線アレルギーの検査です。
ここではその検査でどのようなことを行うかや、かかる費用についてなど詳しく説明していきます。
検査いく前に調べておくことで安心して受けさせることが出来ると思います。
検査の前にもちろん説明はあるので細かく調べる必要はないかもしれませんが、大まかな情報があるのとないのとでは心構えが全然違うと思います!

また紫外線アレルギー対策に効果的な食べ物があると言われています。
お母さんが知っておくことで紫外線アレルギーをもっている子どもに意識して食べさせることが出来るので是非読んでみて下さい!

紫外線アレルギーの検査にかかる費用

まず紫外線アレルギーかもと思った場合は皮膚科かアレルギー科を受診しましょう。
しかし全部の病院がこの紫外線アレルギーの検査を行っているわけではないので来院する前に電話で確認することをおすすめします。
紫外線アレルギーかもしれないという症状が出たときには写真をとっておくなどすると診断に役立つことがあります。
ある場合は持って受診しましょう。

検査の方法は採血やパッチテストを行います。
他にも光線過敏症検査もあります。
この検査は直接背中に紫外線の光線をあててアレルギー反応が出るかを見る検査になります。

血液検査を行えは紫外線だけでなく花粉、食品、ハウスダストなど複数の項目を一緒に調べることも可能です。
アレルギー反応が出ているなどし医師がそのアレルギー検査を必要だと判断されれば保険が適応され採血検査実施費用が1570円で1項目1100円になります。
つまり調べる項目が増えると値段も高くなることになります。

光パッチテストや光線過敏症検査を行う場合の費用は平均で4000円~5000円くらいになります。
受診する病院によって誤差があるので確認が必要になります。

もし検査を行い紫外線アレルギーと診断された場合は帽子や日傘、長袖長ズボンをはくなどの対策が必要になってきます。
症状に合わせて塗り薬や飲み薬を医師が処方してくれるでしょう。
かなり酷い症状が出てしまうと入院して治療する必要がでてきてしまいます。

早くに紫外線アレルギーが発覚することで紫外線対策を早くから行うことが出来ます。
その場合紫外線の蓄積量を減らすことが出来るのでアレルギーの発症を遅らせることも可能です。
もちろん夏は強い紫外線がありますが春の紫外線も思っている以上にあるので注意しましょう!

紫外線アレルギー対策にはこの食べ物

紫外線アレルギー対策は食べ物でも行うことが出来ます。それは抗酸化作用のある食材です。
この食材を食べることで紫外線が当たってしまったときに発生する活性酸素の働きを抑えることが出来ます。
抗酸化作用のある代表的な食材はビタミンCを多く含むみかんやいちご、ビタミンEを多く含む玄米や大豆などです。
意識してこれらの食材を摂取させてみましょう。

このように抗酸化作用のある食材を食べるという対策は紫外線を避けて生活するより簡単で行いやすいと思うのでおすすめの対策方法です。
いろいろな料理に混ぜるなどし飽きさせないように食べさせる方法を考えていきましょう!

食べ物の中には食べてしまうと紫外線を吸収しやすくしてしまう効果があるものもあります。
それはきゅうりやレモン、オレンジ、グレープフルーツなどです。
食べるときは夜に食べたり、食べ後2時間くらいは外出を控えるなどの対策が必要になります。

紫外線だけでなくアレルギーのある人はたくさんいると思います。
このアレルギーとは長く付き合っていく必要があるので、子ども本人にも分かってもらうことが大切です。
ずっと子どもを見張っておくことは出来ません。
見てないところで紫外線にあたらないように、なぜダメなのかなど理由もしっかりと説明してあげましょう!
自分の身を守るためにとても大切なことになります。

まとめ

紫外線アレルギーかもしれないと思ったらまずは皮膚科かアレルギー科を受診しましょう。
そこでアレルギーの検査を行うことが出来ます。出来ない病院もあるので注意しましょう。
検査方法には以下のようなものがあります。

①採血
費用は採血検査実施費用が1570円で1項目1100円です。

②パッチテスト
費用は平均で4000円~5000円くらいです。

③光線過敏症検査
背中に直接紫外線をあてて症状が出るかを確かめる検査です。
費用は平均で4000円~5000円くらいです。

紫外線アレルギーは食材によって対策することができます。対策に効果的なのは抗酸化作用のある食材でビタミンCを多く含むみかんやいちご、ビタミンEを多く含む玄米や大豆などです。
逆に避けた方がいい食材は紫外線を吸収しやすくなってしまうきゅうりやレモン、オレンジ、グレープフルーツなどです。