節分とは何か?子供に一番わかりやすく解説します。

人間関係

2月3日は「節分」の日です。
節分の日には、「鬼はそと、福はうち」と言いながら豆を撒いたり、恵方巻きを食べていらっしゃるかと思います。
節分の日に「何故、鬼を払い、豆をまくのか」、「何故、恵方巻きを食べるのか」など知らないことがたくさんあるのではないでしょうか。
そんなとき子供から節分について聞かれたら、あなたは上手に説明してあげられますか。
ここでは、まず大人が節分について理解を深めてみましょう。
自分が理解したことなら、子供たちにもわかりやすく教えてあげることが出来るはずです。

節分とは?恵方巻を食べるのはなぜ?

「節分」と言えば、豆まきをすることが主流でした。
しかし、ここ数年で「恵方巻きを食べる」食のイベントとしても定着してきています。
そもそも恵方巻きの由来をご存知でしょうか。
恵方巻きは食べるときに向く方角がありますよね。
その年の福を司る神様がいる方角を「恵方」と言います。
その方角を向いて恵方巻きを食べるのが習わしです。
恵方の向きは「甲の方角、庚の方角、丙の方角、南壬の方角」の4つしかありません。
この方角は、5年の周期で繰り返し訪れており、東→西→南→北→南の順番で回っています。
「恵方」を難しく捉える方が多いのですが、実はとてもシンプルに決められていたのです。
また、恵方巻きの具材は7種類とされ、七福神になぞらえています。
七福神によって、「福を巻き込む」と言われており、そこから縁起物として節分の日に食べられるようになりました。
また、恵方巻きが長い形になっているのは、「長生きできるように」との願いが込められ、その形となったと言われています。
恵方巻きを食べるときは、無言、かつ丸かじりで食べるようにしましょう。
無言で食べるのは、食べている最中にお喋りすると運が口から逃げたり、神様に願いを込めているのにお喋りするのは失礼だから、と言う意味からきています。
丸かじりするのは、「縁を切らない」という願いを込めているからです。
恵方巻きは、ただ美味しくいただくだけのものではなかったのです。

節分とは?子供向けのカンタン解説

節分は、漢字の通り「季節を分ける」という意味を持ちます。
昔の暦では、一年の始まりは「春」としていました。
そのため、立春の前日が「大晦日」とされており、春が始まる季節の分け目を「節分」と呼ぶようになったのが由来です。
さらに、昔は「季節の分かれ目」や「年の分かれ目」には邪気が入りやすいと考えられていました。
特に「年の分かれ目」が危ないとされていたため、邪気を払い、福を呼び込むために「豆まき」をするようになったと言われています。
しかし、なぜ邪気が「鬼」になり、それを退治する方法が「豆まき」になったのでしょうか。
人の目に見えない悪いもののイメージが「鬼」となったとされています。
また、「豆まき」に使う大豆には「邪気を払う霊力」があるとされていたからです。
これは大豆、米、麦などの実りあるものには、生命力や邪気を払う霊力を持っていると信じられていたところからきています。
その中で大豆が使われるようになったのは、毘沙門天様が「大豆を使って鬼を払うように」とお告げをされたからと言われています。
その大豆を使って、鬼を退治したことから「豆まき」は始まりました。
大豆は、生の大豆ではなく、火を通したものを使います。
生の大豆では、撒いた大豆から芽が出てしまう可能性があるからです。
生の大豆から芽が出てしまうと、追い出したはずの悪い鬼(邪気)が育ってしまったと連想できるため火を通した大豆を使うようになりました。
また、豆まきをしながら「鬼はそと、福はうち」とかけ声をかけるのは、邪気を追い払い、福を家に呼び込むためのものです。
しかし、寺や神社、地域によっては、かけ声の内容が違っていたり、言わないこともあります。

さいごに

少し説明が難しくなってしまったところもありますね。
しかし、子どもに説明するには、まず説明する大人がきちんと理解していないと伝わりません。
子どもに説明するときはポイントを掴んでお話してみましょう。

恵方巻きのポイント
・「恵方」とは、神様のいる方角とされていて、その方角に向かって食べるのが習わしです。
・恵方巻きの具材を七福神になぞられており、縁起物の食べ物とされています。
・「長生きできるように」と願いを込め、無言、かつ丸かじりで食べるようにします。
それは、お喋りすると口から運が逃げていき、縁が切れてしまうと言われているからです。

節分のポイント
・昔は、2月3日の「節分」が大晦日とされていました。
新しい年に、「悪いことが起きないように」と願い、福を呼び込むために「豆まき」を行ったのが始まりです。
・豆まきに使われる「大豆」には、悪い鬼を追い払う力があると言われていました。
・「鬼はそと、福はうち」を言わない地域などもあります。

いかがでしたでしょうか。
美味しく食べていた恵方巻きも、なんとなく撒いてきた豆まきにも深い意味が込められていたのです。
日本の文化を理解して、子供と一緒に節分を楽しんでください。