知ってた!?節分にいわしを飾るのは地域差があった

節分

2月3日は、節分の日です。
みなさんは、節分の日にご家庭ではどんなことをされていらっしゃいますか。
豆まきをしたり、最近では恵方巻きを食べたりしていることと思います。
これらのほかに「柊いわし」と言う節分の伝統行事があるのをご存知でしたか。
その名の通り、柊の枝にいわしの頭を刺し玄関に飾る行事になります。
昔から日本では、季節の変わり目に、邪気(鬼)が現れると考えられていたため、この行事によって邪気(鬼)を追い払うとされていたのです。
柊の葉には、棘があります。
このように尖っているものを玄関に飾ることで魔除けや厄除けの効果を生みだし、さらに「門守(かどもり)」としての意味を込めていました。
ちなみに「門守」とは、お守の類いを門口に飾り、魔物や災難などを避けるおまじないになります。
また、焼いたいわしを一緒に飾るのは、その臭いを鬼は嫌って家に近づくことが出来なかったのです。
それでも鬼が家に近づいてしまったときは、柊の葉にある棘が鬼の目を刺して退治していたと言われています。
別の地域では、いわしを焼くのは、鬼をおびき寄せて退治するためとも言われているので、いわしの頭を飾ることには諸説あるようですね。
この風習の起源は、宮中の行事として執り行われていたことですが、時代の流れとともに庶民の間にも広がり、今日に至ったとされています。
また、地域によって飾るものにも若干の違いがあり、ニンニクやラッキョウというところもあります。
では、この風習はどこの地域で行われており、どのようにして飾っているのでしょうか。

節分アイテムの鰯と柊を飾る地方

節分の日に「柊いわし(ひいらぎいわし)」を飾る風習は、全国各地であるわけではありません。
北海道や九州などでは、この風習を見ることはなく、本州がほとんどです。
しかし、その本州でも飾る地域は限られています。
<東北地方>
青森、福島
<関東地方>
群馬、栃木、埼玉、東京、千葉
<東海地方>
愛知、静岡
※愛知県では、名古屋市にある那古野円頓寺周辺など、古くからある街でしか見ることが出来ず、新しい街ではほとんど見ることは出来ません。
<関西地方>
岐阜、京都、大阪、奈良
<中国地方>
広島、岡山

全国的に広がりはあるものの、限定された地域での風習になります。
また、呼び方も地域によって異なります。
西日本では「焼嗅(やいかがし)」、「やっかがし」、「やいくさし」、「やきさし」などと呼ぶところがあるようです。

節分のいわしの正しい飾り方とは

柊いわしの正しい作り方はとても簡単です。
厄除けのためにも次の節分に作ってみてはいかがですか。
<用意するもの>
・いわしの頭 1つ
・葉がついている柊の枝 1本
※柊はある程度長さが必要になりますので、20㎝程度の枝を用意しましょう。
※柊いわしの風習がある地域では、柊は、スーパーやお花屋さんなどで販売されています。
さらに、豆まきに使う豆とセットにして販売しているところもあるようです。

<作り方>
いわしの頭を焼き、柊の枝に頭を刺すだけです。
※いわしは、丸ごと一匹焼いたあとに頭を切り落としても問題はありません。

<飾り方>
出来上がった柊いわしを玄関に飾るだけです。

<飾る期間>
・2月中
・節分の日〜立春の日まで
・節分から翌年の節分まで
・3月3日のひな祭りまで
・雪から雨に変わる時期の「雨水」(2月19日ころ)まで
以上のように飾る期間は、地域によって様々です。
しかし、長い時間飾るとなれば、柊は枯れていきますし、柊の枝には、いわしがついているので、長く飾るのは難しいかもしれませんね。
あなたのお住まいの地域で決まりがないのであれば、2月いっぱい飾ってみてはいかがですか。
この期間が一般的と言われています。

<処分の方法>
魔除けやお守りの意味として飾っているものをゴミ箱に捨ててしまうのはバチが当たりそうですよね。
ここは、横着せず、きちんと処分していきましょう。
【自宅で処分する場合】
一般的に半紙やキレイな包装紙に包み、塩でお清めします。
【神社などに持って行く場合】
お焚き上げしてもらいます。
お正月飾りにあるしめ縄や神社のお守りなどと扱いは同じです。
しかし、翌年の節分まで飾っておくと長い時間、外に置かれることになります。
そうなれば雨風で柊いわしは朽ちてしまうので、難しく考えず捨ててしまっても問題ないのではないでしょうか。

最後に

昔から「いわし」は庶民の魚でした。
そんないわしを節分の日に食べて、残った頭を柊に飾り、邪気(鬼)を払う願いを込めていたのでしょう。
余談ですが、その名残りとして西日本の地域では、「節分いわし」と呼ばれる「いわしを食べる」風習があります。
現在、柊いわしの風習は、全国でも限られた地域にしか残っていません。
日本の大事な伝統行事が廃れていく中で、私たちはどのようにして、この風習を守ることが出来るのでしょうか。
それは、この風習をきちんと理解し、節分の日に「柊いわし」を飾ることです。
そうすることによって、この風習が廃れていくことはありません。