殺処分される犬は年間〇匹!小さな命を守る取り組みを知る

ペット

あなたに飼い犬は居ますか?

その飼い犬は幸せなのでしょうが、その裏で何倍何十倍…

いえ、何千倍の犬が殺処分の憂き目に遭っているのです。

今回は日本における殺処分の現状を、特に犬に焦点を当ててみます。

さらに、そんな小さな命を守る取り組みについてもご紹介します。

日本における犬の殺処分の現状

まずは、この日本における殺処分の現状についてお伝えします。

平成30年度において、殺処分された犬の頭数は8,000に及ぶそうで

一応は年々減少傾向にあるのですが、まだまだと言えるでしょう。

なお比較となるのですが、昭和後期の場合は猫も含めると

何と、殺処分は100万頭を超えるのが普通だったようで

如何に当時が人間ファーストであったか、思い知らされます。

法整備にも問題があると言えます。

現在はある程度改正がなされましたが、ごく最近2012年以前の

動物の愛護及び管理に関する法律(動物愛護法)において

犬や猫の所有者が、その引き取りを保健所に希望した場合は

原則として、それを引き取らなければならないという部分が

殺処分に拍車を掛けていたと言えるのではないでしょうか?

2012年以降は、引き取りを希望する犬や猫の所有者に対して

事由によっては引き取りを拒否出来るようになったようですが

所有者がその気になれば、事由などどうにでも出来るのです。

ただ2019年、動物取扱業に対する締め付けを強化したこと

飼養に対する規制強化、引き取り拒否事由の追加などにより

可哀想な命が少なくなるのでは、と期待されています。

殺処分される犬を一時保護する施設がある

基本的に犬や猫というのは、一度保健所に収容されてしまえば

後は殺処分を待つのみであるという印象が強いと思います。

ですが、別に保健所も犬猫を来た側から殺処分するのではなく

3~7日以上は引き取り手を待ってから、というのが一般的です。

(所有者が直に持ち込んだ場合は、即日になるようです)

この事から、保健所も一応は犬猫を保護する施設と言えますし

実際、飼い犬を探す際に保健所という選択肢もありますので

「保護施設」と言っても、決して過言ではないでしょう。

ただ引き取り手がない場合確実な「死」が数日後に待っています。

近頃は、そんな保健所のような刹那的な施設だけではなく

殺処分されるはずだった犬猫を、一時的に保護をして

里親を探そうとする団体がいくつか現れたようです。

里親を探そうとしてくれるだけではありません。

施設敷地には動物病院が設立、専門医療の提供がなされています。

ですので、予防接種等は多くの場合済まされているようで

新たな飼い主との出会いから、実際に受け入れるまでの

ハードルを下げてくれていると言えるでしょう。

さらに驚愕すべきは、万が一里親が見つからなかったとしても

終生飼育を行うことで、結果的な救命に至っているところです。

「一体その資金はどこから?」と気になるところですが

施設運営は多くがNPO法人ですので、寄付金や委託事業収入

または自主事業収入などによるものなのでしょうね。

本来死にゆく小さな命を、現在進行形で目に見える形で救う…

NPO法人が多いということで怪訝な気持ちを抱くかもしれませんが

殺処分されるはずだった犬猫を、実際に救っているのですから

活動としては、素晴らしいことこの上ありません。

殺処分ゼロに向けた各自治体や団体の取り組み

ようやくですが、世間はそんな可哀想な小さな命に対して

「殺処分ゼロ」の取り組みを行うようになったようです。

1.NPO法人等による保護

前項でご紹介したもので最も目に見える取り組みかもしれません。

殺処分ゼロを目指すために、引き取りと受け渡しを活発に

そして、絶対数を減らすために繁殖そのものを抑制、制限

さらには所有者のペットに対する意識の改革または改善など

様々な取り組みを実践しているようです。

2.ふるさと納税の活用

名古屋市では、ふるさと納税の制度を利用して寄付を募り

「犬猫サポート寄付金」として動物愛護センターへ送金し

多くの動物に対する世話を実現しているようです。

それにより、なんと2016年には実際に殺処分ゼロが達成され

ネットでは称賛の嵐となっているようです。

3.ボランティア

登録していただいたボランティアの皆さんにより

保護された幼齢の動物に対して、世話を行うもので

一時的ではあるものの、小さな命を救う手立てとなっています。

4.相談会等の開催

頭数こそ少ないのですが、保護犬または猫の譲渡に関する会を

開催してそこで実際に譲渡が成立しているようです。

5.子供に対する教育

子供に対して、人間と動物の関わりや命の大切さなど

基本的な部分の教育を行うことで、意識の向上を図っています。

安易な決断に至らない、命に対する責任を身に付けてもらいます。

6.企業との提携

やはり小さな団体や個人の活動では限界があると言えます。

ですが企業と提携することで、普及活動の幅は大いに広がり

パンフの作成やネットにおけるバナー広告、さらにはイベント等

発信力の強い活動が実現されています。

【まとめ】

様々な現実と、それに対する取り組みをご説明しました。

ですが、結局一人一人の動物への意識が改善されなければ

殺処分ゼロというのは不可能なのです。

未だ「飽きたから」と、何年も連れ添った友と呼べる犬や猫を

あっさりと捨てていく輩が後を経ちません。

今一度、命の大切さを改めて理解するように努めてほしいものです。