栄養価が高いしこれが良い!?離乳食の初期にバナナってどう?

人間関係

赤ちゃんの離乳食には栄養のあるものを食べさせたい。
お母さんなら誰しも思いますよね。
栄養があって、手軽においしく食べられるバナナは、離乳食の初期には適しているのかな?そんな疑問にお答えしたいと思います。
そもそも、バナナの栄養価って?
それは、食物繊維やビタミン、ミネラルがバランスよく含まれているのです。
美肌効果や、便秘解消、貧血の予防などの効果があります。
また、糖質を緩やかに体内へ吸収し、血糖値が緩やかに上昇するためダイエット効果もあるのです。
大人もうれしくなるような効果がぎゅっと詰まったバナナ、では離乳食に利用するにはどうでしょうか。
一緒に見ていきましょう。

そろそろ大丈夫?離乳食を食べる時の初期ってバナナはいつから?

バナナは離乳食の初期(生後5か月から6か月)から与えることができますが、お粥や野菜に慣れてからトライしましょうね!
でも、まだそのまま与えてはいけません。
バナナを初めて与える場合は、アレルギー症状が出ない様に様子を見ることが大事です。
また、生後5か月~6か月ごろは、離乳食も始まったばかりなので、モグモグもあまり上手ではありません。
むせこまない様に、すり鉢でつぶしてペースト状にしてから与えましょう。
その時に、ツブツブした固形が残らない様に、滑らかになるまでしっかりつぶしてあげます。
初めてバナナを与える時は、1日小さじ1杯程度の5mlまでとします。
先に述べたように、アレルギー反応があるかもしれないので、与えた後はしっかり赤ちゃんの様子を見てあげてください。

 食べやすくしたい?離乳食の初期にバナナは加熱すればいい?

バナナにはアレルギーを引き起こす物質が含まれています。
加熱してもそれを除去できるわけではありませんが、生のバナナから始めるよりは加熱したバナナから離乳食を開始した方が良いとされています。
バナナの過熱は手軽にレンジでチンするだけでオッケイです。
加熱した少量のバナナを問題なく食べられたら、パン粥やお粥に混ぜてアレンジしてみてもいいですね。
実は、バナナは加熱することでアレルギーのリスクを減らすばかりではなく、甘さもアップするので赤ちゃんは好んで食べてくれる場合もあります。
しかし、バナナの甘い味に慣れてしまうと、お野菜などを食べてくれなくなる可能性があるので、与えすぎには注意が必要です。

バナナのアレルギーが出た場合はどうすればいいの?

バナナの栄養価の高さや、食べやすさ、すぐに手に入るなど手軽に開始ができる反面、アレルギーになった場合はお母さんも心が痛みますよね。
バナナによるアレルギー反応を知って、もしもの時にすぐに対応が出来るようにしましょう。
まずは、お父さんやお母さんに、バナナでのアレルギー症状が過去にありましたか?
アレルギーは体質や遺伝によるものもあるため、もし両親のどちらかにアレルギーがあった場合は、医師や保健師などに相談してから開始した方が良いでしょう。
では、バナナを食べさせてから考えられる症状を一緒に見ていきましょう。
バナナのアレルギー症状は、口の周りや口の中に変化が現れます。
・口の周りに赤いブツブツがでていませんか?
・口の中や口の周りを痒そうにしていませんか?
これらの症状が出た場合は、念のため携帯電話で写真を撮って、受診できる時間帯であれば小児科を受診しましょう。
もし、ブツブツだけで他の症状がない場合は、翌日に受診しても良いと思いますが、必ず症状の経過を追う事が必要です。
もしかしたら、他の食物でもアレルギーがあるかもしれないため、血液検査が可能であれば医師に相談してみましょう。
バナナによる食物アレルギーは、体の機能が未熟な5か月ごろから常時食べさせているとバナナアレルギーのリスクは高まるとされています。
手軽に食べさせられるメリットはありますが、なるべく離乳食が順調に進み開始してからだいぶ経った遅い月齢で与えた方がリスクは低いです。
バナナを与える時の注意点をまとめてみました。
・バナナは生後5か月から与えられるが、お粥や野菜に慣れてから与える。
・バナナはレンジでチンして、ペースト状に柔らかくつぶして与える。
・初めて食べさせる時には、アレルギー反応に備えて受診が出来る平日の日中に与える。
・なるべくバナナを与える時期は遅い月齢の方がアレルギーのリスクは低い。

まとめ


いかがでしたか?おいしくて栄養価の高いバナナですが、アレルギーを起こす場合もある事を念頭に置いて、離乳食として取り入れていきましょう。
赤ちゃんとお母さんにとって、楽しく安全に離乳食が開始できると