何か飲みやすそう!りんご酢の効果ってどれぐらい効くもの?

人間関係

りんご酢の効果はどんなことがあるのか、リンゴ酢をのむときの注意点などについて紹介したいと思います。

案外見た目にすぐ分かる?りんご酢の効果的な飲み方って?

①リンゴとお酢の両方にダイエット効果がありポリフェノールに消化吸収を抑える働きがあります。

血中中性脂肪低下、脂肪蓄積の抑制などの効果が期待されてお酢は酢酸にダイエット効果や脂肪の合成を抑えるだけではなく脂肪の燃焼を促す働きがあります。

ミツカンの研究は12週間1日大さじ1杯(15ml)をとることで、内臓脂肪や皮下脂肪も減ります。
リンゴポリフェノールと酢酸の働きでダイエットを効果できます。

②康効果は生活習慣病などの予防をすることができる。

中性脂肪が増えすぎや血液中の悪玉コレステロールが増えすぎると、脂質異常症の病気にかかりやすくなります。

動脈硬化…
高血圧…
糖尿病…
脂肪肝…
など様々な病気を招く原因になります。

酢酸には血糖値の上昇を緩やかにする、血中脂質や血圧を下げる、血液をサラサラにする働きがあります。
※高血圧や糖尿病などの生活習慣病を予防することができます。
※クエン酸にも血液サラサラ効果があります。

③肌をきれいに保ち白くする効果がある。

抗酸化成分は健康や美肌効果もありますが肌が老化するとシミやしわなどが増えます。

リンゴポリフェノール、レスベラトロール、ビタミンCが入っていると年を重ねても若々しい肌を保つことができます。

リンゴ酢を肌に直接塗ることやお風呂に入れると美肌効果が高まり、抗菌作用がニキビや吹き出物などに効果があります。
※肌の弱い人は刺激が強すぎる可能性があるので一度皮膚につけてテストをしましょう。

④リンゴ酢で長生きできる。

動物実験でリンゴポリフェノールを与えたら寿命が延びた結果が出ています。

・ウルソール酸はリンゴの皮から見つかった成分で、がん細胞が増えるのを邪魔する働きや老化で起きる筋力の低下などを抑える効果があります。

・オクタコサノール人体の能力や機能向上する働きがあり、持久力を高めて筋肉痛を軽減、
運動機能向上して生活習慣病予防することができるなど多くの効果が期待されているそうです。

⑤内環境改善や便秘解消に効果がある。

リンゴには腸内環境を整える食物繊維やお酢の酢酸は体内でクエン酸に変化して腸内の悪玉菌を減らし環境を整える働きがあります。

お酢には善玉菌がたくさんあるので腸を刺激してぜん動運動が活発になり便秘を改善することができます。

その他の効果

・疲れを回復する効果…リンゴ酸やクエン酸、酢酸の効果。
・カルシウムの吸収がよくなる…酢酸効果。
・むくみを解消する…カリウム効果。
・筋力が上がる…リンゴポリフェノールの効果。
など体にいい効果を期待することができます。
※リンゴ酢は薬ではないので毎日継続的に飲まないと効果を得ることは難しいです。
リンゴ酢をのむのをやめると効果を得ることができないので注意が必要です。

以前から気になってた?りんご酢の効果って血圧にも意味がある?

①血糖値が安定する。

急に血糖値が上がるのを抑える働きがあり、アップルペクチンは皮に入っているので皮のままリンゴを食べるようにしましょう。

②コレステロールを体の外に出す。

アップルペクチンはコレステロールの吸収を防止して、食事でとったコレステロールが体内に吸収される前に体の外に老廃物として出す働きがあります。

③血圧の低下

りんごポリフェノールは悪玉コレステロールが増えるのを抑えてくれる働きがあるので、血流を改善する働きがあります。
※りんごのカリウムと酢は血圧を正常値に近づける働きがあります。

④腸内環境を整える。

アップルペクチンは善玉菌のエサになるので腸内環境を整えます。
酢の酢酸も同じように腸内環境を整えるので便秘気味の人におすすめします。

⑤免疫力が上がります。

りんごポリフェノールの働きで白血球の働きが促進されて免疫力が上がります。
ポリフェノールは生活習慣病の予防に効果があります。

⑥老化を防止します。

アップルペクチンと酢の働きで腸内環境が整うと抗酸化作用が働くのでシミやシワを防ぐことができます。

⑦脂肪を減らすことができる。

糖を含むりんご酢を飲むことで体の中でエネルギーを作るクエン酸回路が働くことで、エネルギー代謝が高まり脂肪を減らす効果があります。

期待できる働き

・がん細胞の発生を抑える働きがある。
・健康長寿をもたらす長寿遺伝子のスイッチを入れることができる。
・アルツハイマー病の発病リスクを下げることができる。
・アレルギーの原因となるヒスタミンの放出を抑える働きがあります。

リンゴ酢を飲むときの注意点

・リンゴ酢はお酢なので食道や胃を痛めてしまうことがあります。
お腹がすいているときに直接飲むことはやめましょう。
胃が痛くなる可能性もあり胃が弱っている時も避けることをおすすめします。
※リンゴ酢をのむときはスムージーや牛乳などに混ぜて飲みやすい状態にすると胃が痛くなることもありません。

・リンゴ酢の酸で歯のエナメル質も溶けてしまうので、リンゴ酢を飲んだ後は口をゆすぎ、ガムを噛んで唾液を出すと口の中が中和されて歯が溶けにくくなりますよ。

まとめ

リンゴ酢を毎日継続的に飲むことで生活習慣病や老化を防止する、きれいな肌を保つことができるなど様々な効果がありますよ。
リンゴ酢を毎日のむのは大変なので牛乳やフルーツドリンクなどに混ぜて自分が飲みやすいドリンクにすることで、毎日飽きずに酢をとることができます。
リンゴ酢を飲んで健康的な体を取り戻しましょう。