りんごを長期間鮮度を保つ保存方法は?変色しない方法まで教えます!

家事

りんごは冬の食べ物とイメージは強いですが、今では年中スーパーで見かけます。
比較的リーズブルで栄養価も高い、私も頻繁に食べています。
このおいしさはどうやって貯蔵しているのかも興味深いですが、購入してからだとそんなに長持ちしないなと感じたことはありませんか?
そこで長期間鮮度を保つ保存方法から変色しない方法までお教えします!

 

りんごを冷蔵庫で新鮮にキープできる保存期間は?外に出すなら何日ぐらい?

りんごはおいしい時期を逃すと柔らかくなってしまったり、水分が抜けてカスカスになったりしまいます。
りんごだけではないですが、青果物が痛むというのは「エチレン」というガス状の物質がキーポイントです。
このエチレンは青果物がおいしく熟す為に必要不可欠な物質ですが、成熟が進みすぎると痛んでしまうのです。

冬が旬であるりんごを1年中おいしく頂くことができるのは、収穫時から青果物のエチレンをコントロールすることが不可欠です。
青果物は常に養分を消耗して呼吸をしているので味や鮮度が落ちていきます。
そこで保存している倉庫内では低温度に管理され、空気中の酸素を減らして二酸化炭素増やすことによって呼吸を抑制します。
そうすることによってエチレンの発生も抑制され、普通の冷蔵庫に比べて鮮度の保持期間が大幅に伸ばせることができることができるのです。
本当にありがたいことです。

それでは自宅で新鮮にキープできる保存期間はどのくらいでしょうか。

・常温   冬場―2週間~1ヶ月程度、夏場―1週間程度
・冷蔵庫  丸ごとの場合―2ヶ月程度、カットした場合―2日程度
・冷凍庫  カットした場合―1ヶ月程度

りんごの最適な保存環境は温度が0~5度、湿度が80%、さらに温度変化と乾燥が苦手です。
夏場に常温でおくとすぐに傷んでしまうので長期保存をする場合は冷蔵庫に入れるのが基本ですが、冬場は乾燥に気をつければ常温でも長期保存も可能のようですね。

りんごの保存は冷蔵庫が最適?冷蔵庫に入らない場合はどうすればいい?

りんごは温度が低くて湿度が高く、温度変化が苦手ということで、乾燥には注意しないとなりませんが温度を一定に保つことができる冷蔵庫が最適なようです。
ですが、冷蔵庫に入りきらないほど大量にいただいてしまったらどうしましょう?
安心してください。大量に頂くのは一般的に寒い時期なので常温でも2週間から1ヶ月程度は大丈夫です。
暖房の影響が少ない暗い所に乾燥に注意しておいてください。
万が一夏場に大量にりんごを頂いた場合はジャムやコンポートなど、日持ちのするお料理に使うのも一つかもしれません。

【冬場の常温で保管する場合】2週間~1ヶ月程度

・リンゴを乾燥から守るために1個ずつ新聞紙に包む
・ダンボールや発泡スチロールなどの断熱効果がある箱に入れる
・風通しがよいなるべく涼しい場所に置く

先ほどから出てくる乾燥というキーワード。
りんごのおいしさを保つためにとても重要なポイントです。
新聞紙は乾燥を防ぎ湿度を管理するためのひと手間となります。

【冷蔵庫で丸ごと保管】2ヶ月程度

・りんごを新聞紙で1個ずつ包む
・ポリ袋やビニール袋にまとめ入れ、口をしっかり縛って冷蔵庫に入れる

新聞紙で包むのは常温の時と同様ですが、2ヶ月も保存しないので新聞紙はちょっと面倒という方もいらっしゃるかもしれません。
その場合もポリ袋やビニール袋に入れてしっかりと口を縛り密封するのがポイントです。
袋に入れるだけで乾燥はある程度防げますし、酸素が少なくなるのであまり呼吸もできない、さらにりんごのエチレンガスは他の食材も熟成させてしまうので漏れないようにするのが重要なのです。
さらに野菜室に入れることが多いと思いますが、野菜室の温度設定は5~10度とりんごの保存環境には少し高めなので、できればそれ以外の冷蔵室に入れるのが最適です。

【カットしたりんごの冷蔵保存】2日程度

・薄い塩水にカットしたリンゴをくぐらせる
・ラップで密閉して冷蔵庫に入れる

塩水はりんごをさっとくぐらせるとナトリウムイオンの膜ができる為に酸化を防いでくれます。
代わりにレモン汁をかける方法もありますが、これはりんごのポリフェノールよりも先にビタミンCが酸化されるという仕組みです。
酸素との接触を極力防ぐということでラップを密閉させるというのが重要ですが、それでも1~2日程度しか日持ちはしません。
もっと保存したい場合は冷凍保存をする必要があります。

【冷凍保存】1ヶ月程度

・薄めにスライスするかすりおろす
・塩水にくぐらせるかレモン汁をたらす
・フリーザーパックやラップなどで密閉して冷凍庫へ入れる

冷凍庫での注意点ですが、リンゴはあまり冷凍には向かないといわれており、シャキシャキとした食感は失われてしまいます。
食べる時には半解凍でシャーベットとして食べたり、スムージーやヨーグルト、カレーに入れたりと活躍の場はありそうですね。

変色防止の裏ワザで丸ごとのりんごを流水でぬるぬるを落とすように2分程度洗い、さらに塩を大匙1杯程度を手にとって2分程度揉み込むといいそうです。
縦長と横長の形で味を見分ける裏ワザとして、横長は甘みが強く柔らかめ、縦長は固めで酸味が強いそうです。
「1日1個のりんごは医者いらず」といわれています。品種もたくさんありますので、お好みのりんごを探してみてはいかがですか?