冷蔵庫が不要になった!回収するときの料金やその処分方法など

人間関係

冷蔵庫が不要になったときの正しい処分の方法をご存知ですか。
家電量販店などでは、買い替えのときに不要となる冷蔵庫を引き取ってくれるサービスがあります。
しかし、あなたが購入したお店でそのようなサービスがなければ自分で処分しなくてはならないですよね。
「“家電リサイクル法”って聞いたことあるけど、処分の方法を間違えたら罰則を受けてしまうのかな・・・」などわからないことが多いのではないでしょうか。
しかし、家電リサイクル法では処分の方法が定められていても消費者への罰則はないので安心してください。
ただし、山奥に棄ててしまう行為など、いわゆる“不法投棄”は別の罪になるので消費者に罰則がないとは言い切れません。
では、どのような方法があるのでしょうか。
不要になった冷蔵庫の回収方法はいくつあるの?それにかかる料金はどれくらいなの?」、という方のためにそれらについて調べてみました。

粗大ごみの回収で冷蔵庫は依頼できる?自分で清掃工場へ持ち込めるの?冷蔵庫の廃棄に関する注意点等をまとめてみた

まず、正しい冷蔵庫の処分方法を知るには「家電リサイクル法」を知らなくてはなりません。
これは、一般家庭で処分する家電製品から有用な資源のリサイクルや廃棄物を少なくし、資源の有効活用を目的としています。
対象となる家電製品は、エアコン、テレビ、冷蔵庫、洗濯機などです。
そのため、現在では冷蔵庫を粗大ごみとして処分することは出来ません。
しかし、市町村区役所に問い合わせしてみてください。
回収を行っている業者などを紹介してもらえるはずです。
では、自分で清掃工場などに持ち込んで処分してもらう場合はどのようにしたらいいのでしょうか。
まず、あなたが持ち込もうとしている場所が指定取引場所であるかどうか確認する必要があります。
(指定取引場所であるかどうかは家電製品協会のHPで確認出来ます。)
指定取引場所であったならば、持ち込む前に郵便局で家電リサイクル券(郵便局にある振込用紙)を記入し、リサイクル料金を支払ってください。
家電リサイクル券には、冷蔵庫の製造者名、内容量を記入する欄があります。
郵便局に行く前にそれらを確認しとくと、一度で済みますよ。
持ち込むと引取運賃がかからないので、処分料も少しお得になります。

冷蔵庫回収業者の一覧表~冷蔵庫の廃棄は民間業者の回収に依頼しよう!回収業者ごとの料金を一覧で紹介!

パワーセラー

出張を可能とする最低料金で設定されていらっしゃいます。
ただし、料金は時期や地域、タイミングによって異なりますので一度お電話にて確認することをオススメします。
また、現地で品物を見てから料金が加算されることもあるようです。
予め、ご了承ください。

<料金(税込)>
別途リサイクル料がかかることはありません。
・冷蔵庫170L
6,000円~

・冷蔵庫3~4ドア
12,000円~

・冷蔵庫5~6ドア
14,000円~

<問い合わせ先>
0120-85-2060(年中無休10:00~18:00)
メールでの問い合わせも対応しています。

家電リサイクル受付センター

こちらのセンターでは、回収する地域を“東京23区”のみと限定しています。
また、回収の対象となるものも限定されており、特定家庭用機器である家電4品目のみです。
家電4品目・・・エアコン、テレビ、乾燥機を含む洗濯機、冷凍庫を含む冷蔵庫

<料金(税込)>
価格はあくまでも目安表示です。
詳しい金額についてはお問い合わせしてください。
・冷蔵庫170L以下
3,672円(リサイクル料)
3,100円(運搬料)

・冷蔵庫171L以上
4,644円(リサイクル料)
3,100円(運搬料)

<問い合わせ先>
03-5296-7200(月曜~土曜8:00~17:00)
家電リサイクル受付センターホームページでも受付可能です。

家庭の冷蔵庫を回収、処分出来るのは「一般廃棄物処理業」の許可を持つ業者だけです。
許可を持たない業者が回収した廃家電は、不適正処理がされるというケースもあり、環境省でも無許可業者を利用しないよう注意勧告をしています。
悪質な冷蔵庫回収業者になると高額な処理料金を請求されることもあり、注意が必要です。
また、冷蔵庫の型式があまり古くないのであれば買い取りの冷蔵庫回収業者を利用することも検討してみてはいかがですか。
費用をかけるどころかお金がもらえることになります。

高く売れるドットコム

全国対応しており電話、もしくはホームページから買い取り価格の査定を行ってくれます。
査定は、もちろん無料です。

<問い合わせ先>
0120-937-644(年末年始を除く9:15~21:00)

最後に


不要になった冷蔵庫を処分するには、買い替えでない場合以外は、お金がかかってはしまいます。
しかし、廃棄物を減量したり、その廃棄物を資源として有効活用していくためには正しい処分方法で処分しなくてはなりません。
処分にお金をかけたくないならば、買取してくれる業者を探すのも一つの方法です。
買い替えでない限り、どの方法も少し面倒かもしれませんが、一人ひとりの努力によって環境は守られていきます。
あなたに合った正しい処分方法を選んでみてください。