不要になった冷蔵庫の回収を無料で引き取って貰う方法あれこれ

家事

新しい冷蔵庫を手に入れることが出来たら嬉しいですよね。
しかし困ってしまうのが、今まで使っていた冷蔵庫をどうするかです。
冷蔵庫を2台も置いておくスペースを確保できる人はなかなかいないので、不要になった冷蔵庫の回収を考える人が多いと思います。
そこでここでは冷蔵庫を回収してもらう方法を紹介します。
是非参考にし、新しい冷蔵庫を気持ちよく使いはじめましょう。

家電4品目は粗大ごみはでの回収は不可?!捨てられる物、捨てられない物~冷蔵庫・洗濯機・エアコン・テレビのリサイクル料金一覧

家電リサイクル法でリサイクルすることが義務付けれている家電があります。

その家電4品目はこちらです。

①冷蔵庫・冷凍庫
②エアコン
③テレビ(ブラウン管、液晶、プラズマ)
④洗濯機・衣類乾燥機

この4つは粗大ごみとして出すことができません。
細かくわけるとこの家電の中でもリサイクル対象のものとそうでないものがあります。

1、冷蔵庫のリサイクル対象

商品の付属品(製氷皿、棚、野菜かごなど)、吸収式冷蔵庫、ワインセラーなどです。

2、冷蔵庫のリサイクル対象外

取扱説明書などの印刷物、ホテル用システム冷蔵庫、冷水機、製氷機、化粧品専用の保冷庫などです。

3、エアコンのリサイクル対象

ワイヤレスリモコン(電池は除く)、室内機用の取り付け金具、ウィンドウ形のエアコン、室外機などです。

4、エアコンのリサイクル対象外

室外機の置き台及び屋根、除湿器、天吊り形セパレート形のエアコンなどです。

5、テレビのリサイクル対象

ワイヤレスリモコン(乾電池は除く)、着脱式付属用スピーカー、付属のスタンドなどです。

6、テレビのリサイクル対象外

テレビ台、携帯用液晶テレビ、建設物に埋め込むことができるように設計された液晶テレビなどです。

7、洗濯機・衣類乾燥機のリサイクル対象

二層式洗濯機、小型洗濯機などです。

8、洗濯機・衣類乾燥機のリサイクル対象外

脱水機、衣類乾燥機能付き布団乾燥機などです。

リサイクルにはこのように細かい決まりがあるので必ず守りましょう。

次にリサイクルにかかる料金を説明します。

冷蔵庫(内容積171以上) 4644円
冷蔵庫(内容積170以下) 3672円
エアコン 972円
テレビ(ブラウン管式16型以上) 2916円
テレビ(ブラウン管式15型以下) 1836円
テレビ(液晶・プラズマ式16V型以上) 2916円
テレビ(液晶・プラズマ式15V型以下) 1836円
洗濯機・衣類乾燥機 2484円

冷蔵庫を回収してくれる業者の一覧~料金による比較と依頼時の注意点をまとめてみました!

処分の仕方にはこの回収業者を使う方法もあります。
自分で冷蔵庫を運ぶ必要もなく業者の方がきて運び出してくれるので、この方法は処分するのに手間が少ないのがメリットとしてあげられます。
また回収日も自分の都合のいい日にすることが出来るので仕事などのお休みがとれない忙しい人にもすごく助かると思います。
このよな回収作業を行っている業者の一覧とその業者の強みを紹介します。

①エコピットは別途料金となることの多い搬出作業費、お掃除作業費、車両費、出張費などが全て込みの料金となっているので後から追加料金は発生しません。
②エコランドは即日対応が可能で運び出しも行ってくれる業者です。
③片付けエコデュースは業界トップクラスのサービス価格がうりの業者になります。
④片付けレスキュー隊は回収したものを買い取れるものはすべて買い取りしてくれます。
⑤クリーンクルーは小さなゴミから大きなゴミまで安く対応してくれます。
⑥ダストマンは安心・満足をモットーにサービスを提供しています。
⑦チャレンジは夜間の回収も可能になっています。
⑧ファイトサービスはオフィスや家庭どんなシーンにも対応可能で、高額買取がうりの業者です。
⑨ワンナップは安心できる明確な料金表があり分かりやすいです。
⑩マルケイ回収は徹底的に安さにこだわった業者です。

業者にはそれぞれ特徴があります。

自分の重視する点を決めることでどの業者にするか選びやすくなるでしょう。
今の時代はインターネットで検索すると本当にたくさんの業者の情報がでてきますが、選ぶときに注意が必要になってきます。
その業者はきちんと市町村から許可を得て営業しているのか確認しましょう。
不法投棄されてしまいその不法投棄が発見されると自分が疑われしまうかもしれません。
無料で回収しますと言われるとお願いしてしまいそうになりますが、正しく処分するには料金がかかるので怪しいと思ったほうがいいでしょう。
無料だといわれたのに積み込むのに後からお金をとれてたりとトラブルになる場合もあるようです。

さいごに

冷蔵庫の処分の仕方にはいろいろあり、業者の種類もたくさんあることがわかりました。
どの方法が自分にあっているかを考えて選択しましょう。
自分で運び処分する場合は大変な作業になるので車の手配や家の床や壁に傷がつかないように保護するなどしっかり準備してからおこないましょう。
業者にお願いする場合は後からトラブルにならないようにしっかりした業者を選びましょう。