突然の嘔吐に注意!子供で熱なしのときの対処法

人間関係

子供が突然嘔吐の症状が出たけど、熱はないときはどんなタイミングで、病院に行ったらいいのか悩みますよね!?
子供が嘔吐して病院に行くタイミングや家での対処方法について紹介したいと思います。

嘔吐した子供の様子は?元気かぐったりしているか

子供が吐いた子供がぐったりしていても、すぐにポカリや食べ物を食べさせないで、1~2時間くらいようすを見ましょう。時間がたって何も吐かなければ水分を少しずつ飲ませましょう。
水分は、塩が入っている飲み物やOS1などの体に負担がないものが大切です。

吐いてから何も水分をとるときは、スプーンで1杯くらいとスプーン半分を飲ませる。
嘔吐の症状がなくても、たくさん飲ませないで、5~15分くらい時間を少しずつ増やしましょう。

水分を飲ませたあと、機嫌が悪くなり、体がぐったりして6回以上吐き続けるときは、病院に行くかタクシーをよぶことをおすすめします。

嘔吐したあと対応

・水分が胃を通るのにかかる時間は、20~30分かかります。
吐いたあとに、飲ませるときは、子供が飲みたがっても、すぐに飲ませないで様子を見ましょう。
飲ませる量は、100mlを飲むことができれば一安心です。

・吐き気があるときは、オレンジやみかんの果汁、ヨーグルトやヤクルトは、吐きたくなるので飲ませないようにする。
吐かなくなったら少しの量だけ飲ませましょう。

嘔吐以外の症状があるとき

吐いたあとや吐いているときに、熱がある人もいます。
胃腸炎にかかると、嘔吐や熱は1日で治まりますが、何日も熱や嘔吐などの症状があるときは、別な病気が原因の可能性があります。

水分がのめるようになると、下痢の症状が出る子もいます。
赤ちゃんは、1週間や2~3週間続くこともあるので注意が必要です。

食事

下痢に食べさせたらダメな食べ物は、脂っこい食べ物や甘いお菓子や辛い味付けの料理や食物繊維がたくさんあるご飯は、元気になってから食べましょう。
吐くのがおさまって、水分も少しずつとれるならお腹に優しいお粥やうどんや野菜スープ、煮込みうどんなどを、少しずつよくかんで食べさせましょう。

嘔吐した子供の元気がないのが続くとき

嘔吐は1~2回で止まって、元気があり顔色がよくなっているときは、家で様子をみましょう。

・嘔吐や下痢などの症状があり、お腹が張っているとき。
・頭痛があり呼吸をするのがだるそうにしている。
・元気がなく、ぐったりしている。
・吐いたものに血や緑色の液体が混ざっている。

などの症状が出ているときは、かかりつけの病院にいくことをおすすめします!

子どもは病気になると、脱水になりやすく、胃腸の感染症にかかりやすいです。
何回も吐いていると、胃が空っぽの状態になり、黄色の胃液をはくようになります。
吐いたものが赤い色をしていれば血液で、緑色は「腸閉塞」と呼ばれる怖い病気です。
症状が悪くなる前に、先生に相談しましょう。
※腸閉塞は、原因は分かっていない、風邪などで腸の壁のリンパ節が腫れ、腸の働きが制限されるとおこる病気です。
元気に遊んでいた子供が突然、お腹が痛さで泣き出して嘔吐します。
赤ちゃんは、機嫌が悪くなり、激しく泣き出します。
2~3分で痛みはおさまりますが、しばらくするとお腹の痛みがあります。
症状が悪くなると、血が混ざった排泄物が出ます。症状が悪くなる前に病院にいきましょう。

病院に行って点滴をしてもらう

・嘔吐や下痢が何回も続く。
・口や舌が乾いている。
・尿が半日以上でない。
・食べ物やお水を飲んでいないのに、何回もはいている。
・けいれん、ひきつけがある。
・ぼっーとして眠気が強い時。
・吐いたら血液や黄色や緑の液体が混ざる。

などの症状があるときは、脱水の可能性があります。
水分を取って体や症状が回復しないときは、すぐに病院に行って薬を処方してもらいましょう。

赤ちゃんの対処方法

母乳やミルクは飲ませて、ミルクを吐いたときは、1回に飲む量を少なめに作る。
お風呂は、嘔吐や下痢が続いて、元気がないときは入らない。
お尻は、きれいに優しく洗ったあとは、ベビーオイルなどで皮膚が乾燥しないように、お尻や顔回りの湿疹に塗りましょう。

子供をウイルスから守る対策は!?

手洗いうがいが基本

吐いたものを触る、吐いたものがついた服やシーツなどを触った後は、手洗いやうがいをしましょう。
子供からの感染を防いで、まだ感染していない家族にうつさないためにも、指の間や手首までしっかりと洗うようにしましょう。

手指、衣類の消毒をする。

吐いたものには、ウイルスがついている可能性があるので、ウイルスに感染しない、させないためにも、吐いたものに触ったあとは、手を洗い、手洗いをしたあとは、消毒液を使うことを忘れないようにしましょう。

トイレやお風呂にも注意が必要。

トイレやお風呂場などで、吐いたり下痢をすると、体をきれいにするために、お風呂に入ったあとは、排泄物についているウイルスが空気に飛び散ると、感染することがあります。

※症状がある時は、入浴するのをやめる、一番最後に入りましょう。入浴したあとは、消毒液をトイレやお風呂に向かける、浴室トイレ内の空気をハイターがついたタオルで、ドアノブやテーブルなどを拭く。

料理は生ものは避ける。

吐いた物に触ったあとは、よく手を洗いウイルスが手についている可能性があります。
料理をするときは、刺身や生で食べる食べ物は調理しないで、火を使う料理を作りましょう。

まとめ

子供が突然嘔吐でぐったりしていたら驚きますよね!?子供はよく嘔吐や下痢などをして体調を崩しやすいので、慌てなくても大丈夫です。
子供がはき続けたり、下痢の症状が出て水分をとることができないときは、かかりつけの病院に行くことをおすすめします!
だいたい一日様子を見て、症状が悪くなって、いなければ家で様子をみて、少しずつお粥などを食べさせましょう。
子供は、風邪やウイルス性の腸炎などに、かかりやすいので、日頃から手洗いうがいを毎日して、体調を整えることが大切です!