家計が苦しくなってきた!?夫の小遣いの平均額が知りたい

人間関係

毎月どのくらいの金額のお小遣いを渡しているか知りたくはないですか?
サラリーマンのお小遣いの平均金額について紹介したいと思います。

家庭によって金額も違う?夫の小遣いと平均年収を見比べると?

ある銀行が行った「2016年サラリーマンのお小遣い調査」をしたそうです。
夫のお小遣いの平均金額は「37873円」だったそうです。
37873円という金額は全体の平均なので1万円くらいの人や10万円お小遣いをもらっているそうです。

サラリーマンのお小遣いは子供がいる家庭や子供がいない家庭によって金額が違うそうです。

年代別平均金額
20代…40879円、30代…36846円、40代…35670円、50代…38113円です。

世帯別平均金額
結婚していない人…45097円、既婚・子どもなし・共働き…42116円です。
既婚・子どもなし・専業主婦…31977円、既婚・子どもあり・共働き…30083円です。
既婚・子どもあり・専業主婦…32254円だそうです。

サラリーマンのお小遣いの平均は年代別にみたら20代が多くて30代、40代になるとお小遣いが減っている理由は、30代を過ぎると結婚して子どもが生まれる。
家庭が多くなると、子供が多いとお小遣いが少しずつ減っているためです。

子どもがいる家庭や妻が専業主婦のときは共働きで働いている人よりも夫のお小遣いが少なくなることがあります。

夫の小遣いって平均でいくら?昼食代はその中に含まれる?

一般的にサラリーマンの人達はお小遣いを何に使っているのか?
・お昼のご飯、お付き合いの飲み代、コーヒー代、雑誌代

サラリーマンの人がつかうお小遣いの使い道はお昼のご飯や飲み代で使う人が多いそうです。
1日で使うご飯代は587円が平均金額で1回の飲み代は5102円かかります。
1カ月は22日働きに出ていると考えると昼食代は12914円ほどかかるそうです。
サラリーマンが1カ月に飲む回数は平均2回なので合計で10204円になります。

昼食代と飲み代を合わせると23118円でコンビニで飲み物などを買うと3万円のお小遣いはなくなってしまうので注意が必要です!

夫はお小遣いが少ないと旦那は出世しないという言葉があるそうです。
夫は同僚や後輩たちと飲み会を通じて職場関係を築いて信頼を深める場所になります。
仕事をスムーズにするために飲み会への参加は誘われたら行くべきだと考えられているそうです。

たくさん飲み会に参加すると夫のお小遣いでやりくりができなくなって家計に影響が出てくるので夫のお小遣いを決めるときは一ヶ月分の生活費がどのくらいかかるのかをよく奥さんと話し合う必要があります。

夫のお小遣いの決め方
夫に渡すお小遣いの決め方として手取りの10%くらいをお小遣いとして旦那に渡している人が多いそうです。
手取りが20万円くらいならお小遣いは2万円になります。

金額を決めるときは家計の状況と夫が必要と考える費用の両方をしっかりと考えましょう。
生活費のやりくりが難しいから旦那のお小遣いを減らすとお小遣いが少ないことに対して旦那は不満がたまり、飲み会が多いからお小遣いを余分に渡すと家計が赤字になります。

夫のお小遣いを決めるときは毎月必ず必要になる生活費と旦那の収入をみて、夫に渡せる基本金額を決めていくことで、月ごとにお小遣いの金額を考える必要があります。

出費が多い月は夫婦で相談してお小遣いを減らしたり余裕がある月はお小遣いを増やしてその月の収入や支出によって考えていくとお互いに不満がたまりにくくなりますよ。

夫のお小遣いを下げたいときは子どもの教育資金を貯める、数年後に車の買い替えをしたいなどの理由を旦那に相談してみてはどうでしょうか?

 

お小遣いがほしいなら副業をしよう!

お小遣いを上げてほしいと奥さんに言っても家計に余裕がないときはお小遣いをあげることは難しいので、今もらっている給料より収入をあげるようにしたら家計に余裕ができて今よりお小遣いが増える可能性があります。

収入を増やす方法は副業です。最近は昼間はサラリーマンで働いていても夜は自分でブログを立ち上げている人など様々な副業が、ネット上でお仕事のやりとりができるようになっています。

初めて気軽に始めやすい副業はアフェリエイトを使った方法もあります。
インターネットで個人ブログを開設して商品を紹介したら商品リンクのクリックや購入によって仲介手数料をもらえて、ブログ訪問者を増やすことで月に5万~10万円、さらに100万円以上と収入を増やしている人もいるそうです!

働きながら副業を認めている会社もありますし、自分が働きやすいスタイルで副業として会社を経営している人もいるそうなので、副業に興味がある人は初心者でもできる仕事をホームページで探してみてはどうでしょうか?

さいごに

夫のお小遣いは収入によって違いますがサラリーマンとして働いていると奥さんから毎月もらうお小遣いの中から、お昼ご飯、職場での飲み会、飲み物代などをなんとかやりくりして一ヶ月を乗り切る必要があります。
今のお小遣いでギリギリの人は副業を始めてみてはどうでしょうか?
今はパソコンやスマホがあればネット上でのやりとりでお仕事をさせてもらうことができます。
文字を書くことが好きな人はライティングなどの記事作成なとがあります。
初心者の人でも気軽に仕事ができる案件が多いので自分にあった仕事が見つかるといいですね!