お歳暮を贈る時期はいつからいつまで?地域で違いはある?

お歳暮

お歳暮を贈る習慣は、昔からある日本の伝統文化ですよね。
しかし、ここ最近、お歳暮を贈る習慣が薄れたことで、お歳暮を受けとったことがない人も増えていると言います。
そのため、お歳暮の贈り方がわからない人も増えてしまいました。
お歳暮の意味はご存知ですか。
お歳暮は、その年一年間お世話になった人へ感謝の気持ち込めて、品物を贈る習慣のことです。
この習慣の起源は、江戸時代にまで遡ります。
商人がお盆と年末に取引先の方に品物を贈ったり、分家が本家に品物を持って挨拶に出向いていた習慣から始まったと言われています。
日ごろお世話になっています。今後もよろしくお願いします。」という意味を込め、お世話になった方々へ品物を持って、挨拶回りした習慣が徐々に定着していきました。
現在も、今年一年お世話になった人への感謝と翌年の挨拶の気持ちを込めてお歳暮を贈ります。
昔も今もお歳暮に込める想いは変わらないのではないでしょうか。
昔は、仲人してくださった人、会社の上司、取引先、習い事の先生方に贈っているようでした。
しかし、最近では会社の上下関係に関係なく、仲のいい友人、親戚の方に贈るようになっています。
必ず贈る必要はなく、あくまでも自分がお世話になった人へのお礼として贈るもの、と理解してください。
また、年末の忙しさに追われ、年の暮れになって急いで準備をする方もいらっしゃるようです。
せっかく感謝の気持ちを伝えることの出来る機会なので、贈る相手に対して失礼がないようにしたいものです。
では、いつからいつまでがお歳暮を贈る時期になるのかをご説明します。

お歳暮を贈る時期【関西地方の場合】

「関西」と「関東」では、お歳暮を贈る時期が違います。
「お歳暮」は文字のごとく、歳の暮れに贈るものではありますが、詳細に時期が決められています。

関西のお歳暮時期

12月10日から12月20日
この期間内で、お歳暮の品が相手に渡るように贈らなくてはなりません。
郵送の場合は、配送に時間がかかります。
その時間も考慮して準備するようにしてください。
ここ最近、年々贈る時期が早まっている傾向があるので、早めに贈るようにしましょう。
また、お歳暮を贈ることが出来なかった場合はお年賀を贈ります。
関西では、年明けの1月1日から1月15日までがお年賀の時期になります。
ただし、年明けとは言っても元旦を避けるのがマナーです。
お年賀と一緒に、昨年の挨拶が遅れてしまったことを詫びる手紙を添えると、より丁寧な気持ちが伝わります。
本来、松の内は1月7日までになりますが、関西では1月15日までとされています。
そのため、お年賀を贈る時期はこれに合わせて問題ありません。

お歳暮を贈る時期【関東地方の場合】

関東のお歳暮時期

12月1日から12月20日
この期間内で、お歳暮の品が相手に渡るように贈らなくてはなりません。
また、お歳暮を贈ることが出来なかった場合はお年賀を贈ります。
年明けの1月1日からから1月7日までがお年賀の時期になります。
ただし、年明けと言っても元旦を避けるのがマナーです。
お年賀と一緒に昨年の挨拶が遅れてしまったことを詫びる手紙を添えると、より丁寧な気持ちが伝わります。
お歳暮もお年賀も贈り忘れた、喪中の方に贈りたい、そのような場合は寒中お見舞いを贈りましょう。
寒中お見舞いの時期は、松の内が過ぎた立春のころです。
立春は1月8日から2月4日までの時期を言います。
喪中の方に寒中お見舞いを贈るのは、お年賀の「賀」が適当ではないからです。
「お歳暮」、「お年賀」、「寒中お見舞い」があるので、その時期に相応しい熨斗をつけて贈るようにしてください。

さいごに

お歳暮の時期がわかると、次は何を贈ればいいのか迷ってしまうのではないでしょうか。
どのような品が良いのか」、「どのくらいの値段が相場なのか」わからない人もいらっしゃると思います。
お歳暮の相場は、3,000円~5,000円程度です。
この価格は地域によって変動することありません。
お歳暮の定番にビール、お菓子、お茶、コーヒーなどがありますが、無難に選ぶより相手の家族構成や相手の好みを考えた品の方が喜ばれるのではないでしょうか。
しかし、好みがわからない相手に贈るときがありますよね。
そんな方には、自分で欲しいものが選べるカタログギフトをオススメします。
また、最近は購入したお店から郵送する方が多くなりました。
日ごろお世話になっている方へ感謝の気持ちを込めて贈るものなので、本来は、直接出向き渡すのが習わしであります。
相手宅に持参できる場合は、購入した店の紙袋を使用してもマナー違反にはなりません。
渡すときに紙袋から取り出し、贈る品が相手から見て正面になるように向きを変えて渡すのがマナーです。
もちろん、郵送がマナー違反になるわけではないので安心してください。
「お歳暮」は、一年の最後にお世話になった人へ感謝の気持ちを伝える心のこもった日本の伝統文化です。
お歳暮と一緒にその年お世話になった感謝の気持ちを込めて贈ってみてはいかがですか。