認定こども園とは?メリットデメリットを徹底比較!

人間関係

子供が幼稚園に通う年齢になると幼稚園や保育園だけではなく、認定こども園もあると迷いますよね!?
認定こども園のことやメリットやデメリットについて紹介します。

認定こども園を選ぶメリットとは

認定こども園

幼稚園と保育所の機能や特徴を両方持っている地域の子育て支援も行う場所です。

3~5歳になると親が働いていない、働いているなどは関係なしに、教育、保育を一緒に受けることができます。
途中から働きだしても今通っている園に卒園するまで過ごすことができます。

子育て支援する場所があって園に通っていない子どもの家庭や子育て相談や親子の交流の場などに参加できるのはいいですね!

幼保連携型の認定こども園

幼稚園教育要領に基づく幼稚園の機能や保育所保育指針に基づく保育所の機能の両方を盛っている園です。
幼保連携型の認定こども園は1日11時間、土曜日も開園しています。

幼稚園型の認定こども園

公立、私立の認可幼稚園で長い時間保育をして、保育の必要な子供を預かる、0歳からの乳
児も預かるなど、保育園的な機能も備える施設で認定こども園の機能もあります。

幼稚園型の認定こども園は、保育時間が11時間より短く、土曜日は休みの園もあります。
園児の定員割れに対して幼稚園が幼稚園型の認定こども園になっている幼稚園もあり、認定こども園のなかで幼稚園型が多いです。

保育所型の認定こども園

保育所型の認定こども園は公立、私立の認可保育所をしています。
保育を必要がない子供。受け入れ、働いていないパパママも利用ができる幼稚園的な機能を備える施設で認定こども園の機能があります。

幼保連携型と同じで保育所型の認定こども園も1日11時間、土曜日も開いています。

地方裁量型の認定こども園

認可外保育園が自治体に認定されると認定こども園になることもあります。
待機しているこどもを解消させるために新しい認定こども園と考えているようです。

名前は、○○認定こども園、認定こども園△△幼稚園、認定こども園□□保育園など、色々あります。
希望している園が認定こども園か確認する必要があります。

① 1号認定と2号認定の子どもは同じ教室で過ごします。

14:00の降園以降は子どもの数が減り、学年合同の縦割り保育になります。

3~5歳児の延長保育の預かり保育は、無償化で保育の必要性が認められると月額最大11300円まで無償になる可能性があります。

認定こども園は縦割り保育をしているので、年齢が違う子供同士と接することで成長できます。

普通の幼稚園は3歳から就学前まで子供が通いますが、認定こども園は0歳の子供から入園ができるので、6歳まで年齢の離れたお友達と接することができます。

② 幼児教育が充実しています。

小学校に入るまでの発達や生活リズムを大切にした教育や保育を行う認定こども園は、3歳~5歳児に対して毎日4時間くらい教育時間があります。
子供を習い事に通わせられない、仕事を持つパパママに魅力的なサービスです。
体操や水泳、絵画教室や英会話など、認定こども園で様々です。

③ 認定こども園の多くは給食があります。

お弁当の日がある場所もありますが、認定こども園は栄養バランスの良い給食を食べます。
毎日のお弁当作りが苦手なパパママだけではなく、お友達と一緒に温かい給食を食べて食育にも繋がります。

認定こども園の知っておきたいデメリット


認定こども園は待機児童解消のためにできた園です。
パパママが働いている、働いていなくても一人親世帯などで入園の優先順位が変わります。希望する人が必ず入園できるとは限りません。
入園の可否は自治体によって申し込みが違うので注意が必要です。

① 認定こども園の金銭面の負担します。

地域で公立か私立かによって内容は違いますが、月額の保育料以外に教育時間のための費用が追加される可能性があります。

② 認定こども園は平日の行事参加への負担があります。

認定こども園、幼稚園から移行した園は、一般の保育園に比べて平日の行事が多いときがあります。
平日の行事参加を負担に感じるパパママもいて、就労の有無により送迎時間帯が違うため保護者同士のコミュニケーションが取りづらいですね。

③ 下の子を預ける必要があります。

行事の話し合いや集まりがあるときは、近くに住んでいる家族に預ける必要があります。
預けられないときは幼稚園に連れていく必要があります。

まとめ

こども園の幼稚園は子供が3歳になったら預けることができますが、親が働いていれば0歳から預けることができます。
認可こども園に通わせることで様々なことを学ぶので成長できるのはいいですね。
今認可こども園にこどもを通わせていますが、体操や勉強など様々なことを学んでいるので毎日幼稚園が楽しいと言っています。
認可こども園に通わせてよかったです!