妊娠を彼氏に伝えたときの反応が微妙…これってどうしたらいい?

子供

妊娠は、新たな命が宿るということ。

それはとても神秘的で、奇跡的なことですよね。


新しい小さな命が宿ってくれたことを、彼も一緒に喜んでくれると思ったのに・・・

「妊娠した」と伝えると、彼氏は微妙な反応・・・

喜んでくれると思ったのに、何で?どうしてなの?
 
ただでさえ、女性は自分の体に宿った命に、不安と心配でいっぱいのはずなのに、

彼がそんな反応じゃ、不安になりますよね。

でも、彼が、微妙な反応をしたのには、いくつか理由があると思うんです。

妊娠したことで、彼と別れることになってしまうかもしれない。

そんな不安を抱える女性に、男性の反応の思い当たる理由を、いくつか紹介します。

男性は、女性に比べ子供っぽい部分があり、考えも未熟な事が多いです。

男性の思いに立って考えてみると反応の答えが見えてくると思いますよ。


妊娠後に彼氏と別れることになってしまうのが怖い

妊娠の報告をしたときの彼の反応が微妙だった。

男性の反応の思い当たる理由をいくつか紹介します。

・驚いて動揺してしまった

・実感がわかない

・不安が強い(金銭的将来への感じてしまう)

・正直困っている

≪動揺してしまう≫

 
どんな男性でも突然の妊娠を告げられたら、驚ろいて、動揺しますよね。
妊娠を報告した時に、彼氏の反応が微妙だった場合、もっとも多い理由が

「動揺」とされているんです。

 

2人の間に子供ができたという事実に、ただ驚いてしまい、素直なリアクションが

取れなかったと考えられます。

特に男性は、こういった関係の話題については、疎い場合の方が多く、赤ちゃんが

できたと知らされた瞬間まで、まったく心の準備ができていない状態なんです。

なので、驚きと動揺が隠せなくても不思議ではありません。

何もその兆候を知ることなく、いきなり子供ができたという事実だけを聞かされると、

反応が微妙になってしまうのも致し方ないことなのです。

彼も、赤ちゃんを授かったこと自体については、彼氏も喜びたい気持ちは

あると思います。

しかし、それを反応に示せるほど心に余裕を持てず、微妙なリアクションに

なってしまったと考えられます。

特に男性は、心底感動することや感銘を受ける瞬間ほど、それを表情や行動に

表せないという場合が多いんです。

たとえ彼女の妊娠を喜んでいたとしても、女性が考えるような反応はできない

場合の方が多いのです。

映画やドラマのように、大喜びして彼女を抱きしめる……なんて行動をとる男性の方が、実は少ないんですよね。

≪実感が湧かない≫

2人の間に子供ができたという、実感自体を彼氏が持てないことが、反応が

微妙になる原因とも考えられます。

特に男性は、この状況に陥りやすく、妊娠と聞いても正直ピンとこないことが多いのです。

実際、男性にとって妊娠とは、まったくと言っていいほど自覚するタイミングや

機会がないものなんです。

男性には、つわりもなければ、体の不調も感じることもありません。

逆に女性にとっては、自分の体内に新しい命が芽生えたという実感を得られる

機会が多くあります。

このような点からも、彼氏のリアクションや反応について、求めすぎてしまうという傾向があるのも事実なのです。

≪不安が強い≫

根本的に彼氏がナイーブな性格であったり、マイナス思考気味という彼に

多いと考えられるのが「不安」です。

主に、将来的な不安感が強いことから、彼女が妊娠したと聞いても大きな

リアクションができず微妙な反応になるパターンです。

男性は女性に比べて、現実主義的な部分も強く、妊娠の事実が嬉しくても、

ただそれだけで喜んだり出来ないものなんです。

自分がこれから父親になるという現実に、一気に不安感が押し寄せていることも

少なくありません。

経済的には大丈夫なのか・・・

家族を背負う責任・・・

普段から、メンタルが弱い男性は特にこの傾向が強いといえます。

妊娠自体は喜ばしいことであっても、今後しっかりやっていけるのか、

と将来的な不安が強まり、女性から求められるような反応ができず、

リアクションも微妙なものになってしまうのです。

≪正直困っている≫

「妊娠」という予想外の出来事に正直困ってしまい、喜ぶという反応が出来ず、

微妙なリアクションになってしまう場合も考えられます。

赤ちゃんを授かるということ自体は、喜ばしいことと分かっていても、自分が

その当事者になるとなれば、まだまだ精神的にも、準備が整っていないと思う

男性もいるはずです。

そのために彼女から妊娠の報告を受けても、微妙な反応しかできず、女性が望むようなリアクションを見られない場合も多くあり得るのです。

女性にとっては少し残念に感じる理由ですよね。

男性は、女性に比べ子供っぽい部分があります。

赤ちゃんができた=嬉しいよりも、子供ができたら、自由な時間やお金が使えない、

など自分のことを考える傾向があります。

まだお互いの年齢が若い、遊びたい盛りであればあるほど、この理由が当てはまると

考えられます。

反応が微妙になってしまうのも、彼氏自身がまだ未熟であるということですね。

女性としては、好きな人との赤ちゃんができたんだから喜んでくれると思っているので、

彼の反応が微妙だと不安になりますよね。

でも、女性と男性の感性は少し違います。

感情的になって「なんで?」となる前に、男性の感性が女性とは違うということを

思い出してみましょう。

そして、ゆっくりと彼の思いを聞いてみてください。彼が話しやすいように、

「実感ないよね?」「不安な事ある?」と言葉に出してあげるのもいいでしょう。


妊娠は彼氏の親にも伝えるべき?

彼女の妊娠が分ったら、今後の結婚も含めて両親にも伝えなければなりませんよね。

女性の親だけでなく、彼の親にもきちんと伝えましょう。

2人で親に報告する前に、まず自分の親へ妊娠したことを伝えます。

彼の親にも事前に彼女が妊娠していることを伝えておきましょう。

必ず自分の口から妊娠の報告を自分の親へしっかりと行いましょう。


次に、彼女の親に挨拶をします。
まず先に、彼女の親へ挨拶に行くことをおすすめします。

決まりはありませんが、一般的に「女性の親」に了承を得てから「男性の親」に

報告をすることが多いです。


女性の体に負担がかかっていることもあり、先に彼女の親に挨拶することによって

彼女も安心できるからです。

彼女の親に挨拶が済んだら、彼の親に挨拶です。
彼女の親へ挨拶が済んだで、早めに行くと良いでしょう。

まとめ

妊娠は、女性にとっては、とても重大なことですが、男性は、その事の重大さに、

すぐにはピンとこない場合が多いのです。

女性の方が負担が大きい事だけに、不安が大きくなり、つい彼を責めたり、

不振に思ってしまいがちです。

しかし、女性と男性の考え方には違いがあります。

そのことを理解したうえで、答えを出すことを焦らず、大切な命について

2人でゆっくり話し合ってみましょう。