2月22日「猫の日」の愛猫自慢!3選

ペット

2月22日の猫の日に、ちなんで我が家の愛猫自慢を集めてみました。
どの記事を読んでも猫に対する愛情の深さを感じ紹介することにしました。

我が家の猫自慢!第1弾

愛猫のタイトルは愛しのニャンコさん

愛猫を飼い始めた動機はなんですか?

家族の友人が遠い知り合いが飼っている猫がたくさん赤ちゃんを産んで育てきれないため飼い主さんを探しているとのことだったのでうちで飼い始めることにしました。
一度買う前にお顔を見に行ったのですがとてもふわふわで可愛かったので家族で喜びました。

愛猫の年齢と何年ぐらい飼っていますか?

現在8歳くらいなので人間の年で言うとだいぶおばちゃんの猫です。
産まれて数ヶ月の時から飼い始めているので飼っている暦も8年です。
種類は雑種ですがペルシャ猫に似た外見でふわふわとしたウサギのような毛質です。

愛猫の好きな食べ物はありますか?

キャットフードならチュールが大好きで一瞬で食べつくします。
あとは人間が食べる焼き鮭やケーキの生クリームも好きです。

愛猫の好きな場所どこですか?

狭い場所、暗い場所、暖かい場所が大好きです。
炊飯器や冷蔵庫、テレビの上になど温かい場所によくいます。冬場は毛布の中やストーブの前にいます。
ビニールや新聞紙の上、取り込みたての洗濯物の上にもよく座っています。
遠出は苦手なようであまり出たがりません。

あなたにとって愛猫はどんな存在ですか?

目の中に入れても痛くないくらい子供のように可愛くて愛おしい存在です。
毎日何しているのか気になりますし、ただ近くにいるだけで幸せです。
時々吐きまわったりお世話も大変ですが何をしてても許せてしまいます。
いないととても寂しいと思います。

我が家の猫自慢!第2弾

タイトルは我が家の3代目 夏海(なつ)

愛猫を飼い始めた動機なんですか?

愛猫を連れて自宅の駐車場を毎晩散歩しているのですがそこに気軽に寄ってきた子猫が。
数日前から父親になついている雌猫についてやってきたらしい。
愛猫が威嚇するのでその場では保護できなかったが、毎日やってくるので3日目に保護して室内飼いで我が家の3匹目の家族になりました。

愛猫の年齢と何年ぐらい飼っていますか?

2013年の夏に実家の運営している駐車場で保護しました。
連れてきた猫はお腹が大きくなく出産した形跡もなく生まれて数ヶ月程度の子なので迷い猫を猫が保護した?
およそ生まれて2ヶ月程度の茶トラの男の子でした。
今は五歳八ヶ月くらいでしょうか。
うちの子になって五年五ヶ月目です

愛猫の好きな食べ物はありますか?

基本的には何でも食べますがモンプチクリスピーキッスのチーズのはいったのが好きですね。
ウエットは好き嫌いがあるかも

愛猫の好きな場所はどこですか?

完全室内飼いなので全く遠出はしないです。
網戸が破れてても基本的にうちが好きなようで脱走しませんでした。
アウトドアのデッキチェアが適度に弛みができて好きなようです。
かといってハンモックは怖いようです。
私の布団に飽きたらデッキチェア、デッキチェアに飽きたら布団でくつろぎたいようす

あなたにとって愛猫はどんな存在ですか?

正直猫は好きではなかったです。
犬の方が好きでした。
嫌いな人に寄ってくるのは本当ですね。
性格的にマメに世話をするのでなつかれてしまう流れです。
やんちゃな子供のような存在ですが可愛げが子供よりあるので今はベタぼれです。
人生のパートナーです。

我が家の猫自慢!第3弾

タイトルはうちの子はルル

愛猫を飼い始めた動機はなんですか?

父が亡くなって寂しかったのと元々動物が好きだったのもあり
特に猫が好きなので母とペットショップに行ったらちょうどうちの子が居て
その可愛さに一目惚れしましたし、運命の子だと思いましたの
で母と相談して即決で飼いました。

愛猫の年齢と何年ぐらい飼っていますか?

年齢は10ヶ月で今年の3月から飼い始めましたので、9ヶ月になります。
猫種は、マンチカンを飼っております。
短足のイメージが強いですがこの子は、脚の長いタイプです。
カラーとしましてはレッド&ホワイトで三毛猫の血も入っているので茶色ぽいです。

愛猫の好きな食べ物ありますか?

ciaoチュールのとりささみ味が好きなようで、しょっちゅうよくねだられます。
おやつとしてあげております。

愛猫の好きな場所どこですか?

うちの中だとトイレの中やキャリーバッグの中、ソファーの上、クローゼットの中などがお気に入りのようでそのような場所によく行きますね。後は椅子の下などにもよくいますね。
やはり暗くて狭いところが落ち着くようです。

あなたにとって愛猫はどんな存在ですか?

一言で言うと家族です。私の大切な娘です。
産んではいませんが、私にとってはそうです。
独身ですし、子供もいませんのでなによりも私のかけがえのない存在です。
来世があるなら、この子と出会いたいと思っているぐらいです。

さいごに

記事を構成していて思いますが猫はかわいいですね!
私は犬派だったんですが猫の魅力を感じています。

猫自慢記事は複数作成していますのでご覧いただければ幸いです。