2月22日「猫の日」の愛猫自慢!3選

ペット

2月22日の猫の日に、ちなんで我が家の愛猫自慢を集めました。
今回のアップで15家族目の紹介になります。
ペット好きな方は、記事にアップしている写真を見ていただくと各家庭の猫ちゃんの違いが判って楽しいと思います。
猫が飼いたくなってしまいます!

我が家の猫自慢!第1弾

タイトルはチロルとポポです。

愛猫を飼い始めた動機はなんでですか?

2匹とも元からいた飼い猫ではありませんでした。
1匹はうちのお庭に捨てられていて、必死に窓を叩いているのを見て、もう1匹は引き取る人がおらず、保健所に連れて行かれる一歩手前でうちで飼うことになったことがきっかけです。

愛猫の年齢と何年ぐらい飼っていますか?

1匹が10歳(人間で言えば50代?60代くらい)私が高校生くらいの頃なので、10年くらいは飼ってます。
もう1匹は4歳くらい(人間で言えば30代くらいで若い盛り)私が25歳くらいの時なので、4年くらい飼ってます。
どちらとも雑種です。

愛猫の好きな食べ物はなんですか?

カリカリと缶詰め、チュールも食べます。
極端に安いエサは食べないので、缶詰はうおまさ、カリカリは銀のスプーンなどを与えてます。

愛猫の好きな場所はどこですか?

外全般がすきです。
お風呂場の窓は柵をしてますが、猫ちゃんたちが行ったり来たりするための小さい窓を作ってます。
そこから好きな時に出たり入ったりしてます。
たまに、ゴミ捨てに行く時、ゴミステーションまでついてくることがあります。

あなたにとって愛猫はどんな存在ですか?

癒しです。
気まぐれで、スマホで友達や会社の人とお話をしていたら、電話口でニャゴニャゴ言ってスマホをかじってくる私にかまってと言わんばかりですが、仕事から帰ってくると、玄関でお出迎えしてくれたり、一緒に寝たりするのでかわいくてかなり癒されてます。

我が家の猫自慢!第2弾

タイトルはネルとルル

愛猫を飼い始めた動機はなんですか?

息子の友達の所で何匹か生まれたので、猫好きの息子が貰ってきたのがきっかけで、あまりに可愛くて、もう1匹欲しいなと思い、たまたま通りかかった街の譲渡会が有り、その中で一番元気に動き回ってる子を譲り受け里親になりました。

愛猫の年齢と何年ぐらい飼っていますか?

年齢は、1年8ヶ月と8ヶ月です。お互い2ヶ月の時に譲り受けたので、1年半になります。もう1匹は6ヶ月になります。
猫の種類は雑種今はミックスとも言いますがキジトラ猫と、サバトラ猫になります。
1年半ですがあっという間に過ぎました。

愛猫の好きな食べ物はなんですか?

ロイヤルカナンとささみ、カツオ、おやつ、ちゅーる、スープなど食べます。
一番はちゅーるです。
ちゅーるは飛びつきます。

愛猫の好きな場所はどこですか?

家猫なので、外には出して無いのですが、家の中ではキャットタワーの一番上や段ボールの中や、窓際、布団の上洋服掛けの下に隠れていたりもします。
クローゼットの一番上にも、よくいます。
気がつくと洗面の下の扉を開けて入ってたりもします。

あなたにとって愛猫はどんな存在ですか?

疲れを癒してくれる存在。
家族子供のような存在です。
可愛くて、可愛くて構い過ぎてしまっているかもしれないのですが、いとおしいくて、今の私には無くてはならない存在です。
今一番愛情を注いでいるもの、2匹ともです。

我が家の猫自慢!第3弾

タイトルは家族のミイ

愛猫を飼い始めた動機はなんですか?

実家におるときに、親猫が見当たらず、赤ちゃん猫が、実家の裏でうろうろしていて、夏場だったので、喉が渇いていないかなとか、暑くないかなとか心配していました。
そこから、母親が、赤ちゃん猫にミルクをあげるようになり、家にずっと来るようになり、そこから飼い始めました。

愛猫の年齢と何年ぐらい飼っていますか?

7歳、家に来始めたときが赤ちゃん猫、少し大きかったから何ヶ月か経っていたとおもいますが、7年ほど飼っています。
猫の種類は、雑種の中でよく見かける、有名かはわかりませんが、キジトラという種類だそうです。

愛猫の好きな食べ物はなんですか?

市販のドライフードは毎日食べています。
そして、おやつに、たまにチャオのチュールというペースト状のおやつは喜んで食べます。

愛猫の好きな場所はどこですか?

季節によって好きな場所は変わります。
夏場だと、家の中があついので、ベランダに出て涼んでいるか、家の中でもソファーの下が涼しいようです。
冬場はさむがりなので、昼間は日の当たるベランダに出て、あとは、ソファーで寝ているか、布団の中に潜り込んでいます。

あなたにとって愛猫はどんな存在ですか?

なくてはならない、家族です。
愛猫が赤ちゃんの頃から、育てているので、旦那よりも長くいますし、帰ったら玄関まで迎えに来てくれるとても優しい猫です。
子供の面倒も見れるくらい、母性がたくさんある本当に優しい猫です。

さいごに

最初の2記事は多頭飼いの紹介でした。
捨て猫の里親と引き取りでの里親と、ペット好きな人はイイ人が多いですよね。
また3記事目の方は、旦那さんより長くいて、なくてはならない家族ってすごく気持ちが伝わってきますよね!

猫自慢記事は複数作成していますのでご覧いただければ幸いです。