キッチンでできるネギの育て方!簡単水栽培にチャレンジ

料理

ネギは料理の薬味や彩りとして万能な野菜です。

ネギを利用することは多いけれど、それほど大量に必要としないことも。

少しだけ利用したいと思うとき、手元に好きなだけカットできるネギがあれば

便利ですよね。

そんなとき便利なのが、ネギの水耕栽培です。

好きなときに好きな量のネギをカットして使うことができます。

水耕栽培は部屋の中で簡単に野菜を育てられるだけでなく、観葉植物代わり

としても活用できるので人気を集めているんです。

ネギは水につけておくだけでも再生するため、初心者でもまず失敗すること

なく栽培できますよ。

今回は、キッチンで簡単にできる、ネギの水耕栽培の育て方を紹介します。


キッチンでのネギの育て方!水栽培ってどうやるの?

水耕栽培は、土の代わりに水で植物を育てる方法です。

工場のような大規模な施設で行っていることもあれば、キッチンで

あき容器に水を入れて野菜を発芽させるのも水耕栽培の一種でです。

ネギの水耕栽培は、キッチンで簡単に始められます。

≪必要な材料≫

・ねぎの根がつかるほどの深さのプラスチック容器

・水

これだけです。容器は、ペットボトルをカットしたものお家の使わないコップや

使い捨てプラカップでも利用できます。

≪育て方≫

ネギは、長ネギなら根元5㎝くらい、万能ネギなら根元4㎝くらいを

残しておきましょう。

スーパーで購入する時でも、頂き物でも、大切にしてとって置く場所は

ネギの根っこです。

頂き物は選べませんが、スーパー等でご購入の際は、根っこが長いものを

選びましょう。

カットしたねぎは輪ゴムなどで束ねておき、根がつかる程度の水を容器に入れます。

水の入れ過ぎに注意しましょう。

日光にあてることで早く成長しますので、できるだけ日当たりの良い場所に

置きましょう。

窓辺や、風通しの良い明るい場所が最高の栽培スポットですよ。

何日も濁った水のままで置いておくとねぎが腐ってしまうので、毎日水は

取りかえるようにしましょう。

キッチンでのネギの育て方!水のキレイさを保つことがポイント

思っている以上に、水耕栽培は身近にできるものなんです。

しかし、「ネギなどが再生できると聞いて根っこを水につけておいたけど、

結局ダメだった」という経験はありませんか?

それは、水に原因があったんです。

原因としては、水質が悪くなってしまった可能性があります。

水もほかの有機物のように悪くなります。池や沼と川を思い浮かべてください。

池や沼は水が濁ったり藻などが発生したりすることがあります。

しかし、川は水質が汚れていても藻が発生したり濁ったりすることはあまり

ないですよね。

これは、水に流れがあるからなんです。

動かない水は雑菌が繁殖しやすく、腐りやすいんです。

大規模な施設で行う水耕栽培は、水を循環させて流れを作っています。

ですから、雑菌などが繁殖しにくいと同時に新しい酸素も取り入れやすく

なっているんです。

でも、キッチンで行う水耕栽培は水を循環させたり、流れを作ることは

できませんよね。

これが、水耕栽培失敗の原因なんです。

水耕栽培は、水の中に植物をつけて育てます。

ですから、植物から死んだ細胞などもはがれ落ちます。また、植物だけでなく

カビやほかの微生物にとっても繁殖しやすい環境です。

さらに、植物は根からも呼吸をしています。ですから、植物を水耕栽培して

いると老廃物が水中に出て、それだけ汚れるんです。

そこで重要なのが、水の定期的な交換なんです。

水質悪化のスピードとして、水が少ないほど早くいたみます。

ですので、キッチンでネギを水耕栽培する場合は、毎日水を取り換えましょう。

また、同じ条件の植物を水耕栽培していても、日当たりのよい場所に置いて

おくほど水は早くいたみやすくなります。

日光は植物にとって大切な栄養源です。日なたに置いておくほど植物だけでなく

雑菌なども繁殖しやすくなるでしょう。

日中、日が当たるような場所に置いてある水耕栽培している植物は、こまめに

水を換えましょう。

最低でも一日に一度、できれば朝晩の二度程、水を交換する事がおすすめです。

夏の暑い盛りは、水の中の衛生状態と酸素の欠乏が原因での根腐れが起こり

やすい状態です。

冬の場合は、2日に1度は水を取り替えるかんじで大丈夫です。

水が濁って、異臭がする。と感じたら、腐っているサインです。

残念ですがネギの栽培、チャレンジ失敗となります。そんな時は、潔く

捨ててしまう事をお勧めします。

ネギの水耕栽培でのポイントとして、水耕栽培をする際、誤解されがちなのが

根をすべて水につけてはいけないということです。

植物の根は呼吸しています。土は隙間があるため、しっかりと埋めても

呼吸ができますが、水に根をどっぷりとつけてしまえば呼吸できません。

また、植物の茎の部分まで水につけてしまうと、底から腐ってくる場合もあります。ですから、根は1センチほど外に出しておきましょう。

初めて水耕栽培を行う場合は、水は根っこに触れるか触れないかのぎりぎりの

ところにしておきましょう。

そうすれば、根が伸びやすくなりますよ。

まとめ

ネギがキッチンで簡単に作れるのは嬉しいですよね。

水耕栽培の方法もそんなに難しくないので、初めての方でもチャレンジしやすい

ですよ。

ネギの水耕栽培のポイントは「水」です。毎日水を交換して

おいしいネギを収穫してみてください。