麦茶は効能いろいろ!夏しか飲まないのはもったいない

身体

夏になると麦茶の出番が増えますよね。

麦茶は夏の飲み物というイメージが強いですが、実は1年を通して

飲んでほしい飲み物なんです。

そこで、麦茶の効能や夏以外でも飲んでほしい理由について紹介したい

と思います。


麦茶の効能にはミネラルが欠かせない

烏龍茶は茶葉を摘み取り、発酵の手順の途中でわざと発酵を中断させて作ります。

途中で発酵作業を止めて、完全に発酵させないからこそ、烏龍茶の独特な香りと

味わいが出るんです。

烏龍茶はたくさんの効果効能があります。

烏龍茶の効果効能をについて紹介したいと思います。

≪ミネラル豊富≫

麦茶には、熱くなった体を冷やす効果があると言われています。

暑い日は汗をかくと、水分だけなく、ミネラル(ナトリウム、カリウム)も

体から不足します。

ミネラルが不足するとより熱中症の原因になります。


麦茶には、そのミネラル(ナトリウム、カリウム)が豊富に含まれているんです。

水分といっしょに不足するミネラルも摂取できるため熱中症の予防に効果的です。

体内で発生した熱は、血流によって皮膚に集まって体外に放出されます。

これにより、体温を一定に保つことができるわけです。

ところが、水分やミネラル不足により血液がドロドロになると、皮膚に

血液が集められず、熱を放出できなくなってしまいます。

これが熱中症の原因です。体温調節機能が未発達な乳幼児、体温調節や

発汗機能が低下している高齢者は、とくに注意が必要です。

≪脂肪の吸収を抑える≫

ウーロン茶は、脂肪の吸収を抑える働きがあります。

脂肪が体に吸収されることなく体の外へ排出されるよう促してくれるんでます。

よくCMなどで、「油っこい食べ物と一緒に」と宣伝しているのも、脂肪の吸収

を抑えてくれるからなんですね。

もう少し詳しく説明すると、烏龍茶には烏龍茶茶ポリフェノールという

成分が含まれています。

この烏龍茶ポリフェノールには、脂質の分解や吸収の働きを行う消化酵素

の働きを抑えることによって、体内で脂肪の吸収をせずに腸まで運んで

排出させてくれるんです。

その結果、脂っこい脂質多めの食事をしても烏龍茶の手助けで太りにくい体

にしてくれるんですね。

≪むくみ解消≫

烏龍茶にはむくみ解消の効果もあります。

烏龍茶にはカフェインが含まれていて、このカフェインには利尿作用が

あります。

体内に溜まった水分を尿の量を増やして外に排出することで、むくみの解消

効果があるんです。

≪アンチエイジング効果≫

烏龍茶には抗酸化作用もあります。そのため、活性酸素を抑制してくれるんです。

性酸素が体内で過剰に増えると、細胞などを酸化させ、老化が進んでしまうん

です。

そこで烏龍茶の出番です。烏龍茶ポリフェノールには、「SOD酵素」という成分の

働きをサポートし、過剰な活性酸素を減らす働きがあるんです。

烏龍茶ポリフェノールの働きによって、アンチエイジングが期待できるですね。

また、新陳代謝も活発になり、美肌にも効果が期待できますよ。

≪虫歯対策≫

烏龍茶は、虫歯対策にも役立つんです。

烏龍茶は虫歯原因菌の酵素の活性化を邪魔する働きも持っています。

簡単に例えると、キシリトールのようなものです。

また、烏龍茶には殺菌効果もあるため、口臭を防ぐ効果もあります。

口内環境のためにウーロン茶を飲むのもいいですね。

もちろん、毎日の歯磨きはしっかりやりましょうね。

≪烏龍茶茶ポリフェノール≫

ポリフェノールはワインやチョコレートに含まれていますよね。

実はウーロン茶にもポリフェノールが含まれているんです。

その名も、烏龍茶ポリフェノールです。

烏龍茶ポリフェノールは、多くのカテキンが結合してできています。

緑茶などには含まれない特有のポリフェノールと言われているんですよ。

烏龍茶ポリフェノールは、上記で説明したように、脂肪の吸収を抑える

働きがあります。烏龍茶が肥満予防に効果があるのは、このポリフェノールの

おかげなんですね。

≪烏龍茶のその他の効果効能≫

烏龍茶には、むくみ解消効果やアンチエイジング効果以外にも、たくさんの

効能、効果があるんです。

消化不良予防や、高血圧予防などの効果もあり、さらには抗がん作用まである

とも言われています。

烏龍茶にはたくさんの効果効能があることを紹介してきましたが、注意する点

やデメリットもあります。


麦茶の効能はたくさんある!冬の病気予防にもおすすめ

麦茶は夏の飲み物と思う人は多いかもしれません。

しかし、麦茶は一年中スーパーで買えるし、ホットでも美味しいんです。

麦茶にはたくさんの効能があります。夏はコールド、春秋冬はホットで

一年中通して飲む習慣をおすすめします。

また、ミネラル豊富な麦茶は夏の脱水予防に適していると紹介しましたが、

実は、脱水は夏だけでなく冬も起こるんです。

冬は、外気の乾燥により体から水分が失われやすいことに加え、喉の渇きを

自覚しにくいなどの理由から水分補給を怠りがちになり、脱水になるリスクが

高まるんです。

さらに、冬は乾燥の季節です。喉が乾燥していると乾いた咳が出やすくなり、

そのせいで喉に炎症が起きやすくなります。
そこにウイルスが付着し、風邪やインフルエンザへと発展することもあります。

喉を乾燥させないためには、麦茶でこまめに水分補給をしましょう。

水分補給には水でもよいのですが、おすすめなのはミネラルを含む麦茶です。


また、糖分の高いジュースやスポーツ飲料は虫歯の原因となりやすく、緑茶や

紅茶はカフェインを多く含みますので、お子さまにはおすすめできません。


麦茶で水分補給する際は、冷たい飲料はおなかが冷えたり咳が出やすくなったり

する原因になるので、ホットまたは常温でのみましょう。

まとめ

夏の水分補給のイメージが強い麦茶ですが、たくさんの効能があるので

ぜひ、1年中飲んでほしい飲み物です。

特に、冬は乾燥が強くなり、喉が乾燥すると、ウイルスが体内に入りやすく

なります。冬の脱水もあります。

寒い冬にはホットで体を温めながら、しっかり水分補給をして喉を潤し

ましょう。