麦茶にカフェインはどれくらい含まれているの?妊娠中でも大丈夫?

子供

妊娠中にはカフェインが含まれているコーヒーや紅茶、緑茶などは控えるように注意が必要と言われていますね。
妊娠中にカフェインをとっていても、少量では問題ないのですが、大量に摂取すると血流の低下などにより流産や死産のリスクがあり、胎児の発育にも影響が出ると報告されているからです。
とくに妊娠初期の発育に重要な時期にカフェインを摂取するのは、おすすめできません。

では日本では昔からよく飲まれている麦茶ですが、お茶の一種である麦茶にはカフェインが含まれているのでしょうか?
ここでは、麦茶には、どのくらいカフェインが含まれているのか、妊娠中に飲んでも大丈夫なのか、紹介したいと思います。

麦茶のカフェイン含有量はどれくらい?

お茶の一種である麦茶ですが、緑茶や紅茶の原料である茶葉とは違い、番外茶と言われていて緑茶などとは区分が異なります。
茶葉から作られている、緑茶や紅茶、ウーロン茶とは違い、麦を焙煎したものから作られていて、これにはカフェインが含まれていないのです。
茶葉から作られたものと違い、麦を焙煎して作っているので、コーヒーにも似た香ばしい香りが特徴ですが、麦そのものから抽出しているノンカフェインのため、妊娠中の妊婦さんにも、お子さんにも安心して飲めるお茶となっています。

飲み物100mlに含まれるカフェインの含有量は麦茶がノンカフェインで0mlであることに対し、緑茶や紅茶、ウーロン茶などは20mlで、玄米茶でも10ml、コーヒーは含有量が多くてエスプレッソになると280ml、ドリップコーヒーでも90mlにもなります。
意外な落とし穴として、ココアやコーラなどにもカフェインは含まれていて10~30mlにもなるのです。

麦茶にはさまざまな栄養や効能もあります。
ミネラルを多く含んでいるのは、皆さんもご存じのことと思いますが、むくみを解消してくれるカリウムや、発がん性物質を抑える働きをするp‐クマル酸、イライラを抑えてくれるGABA、血流を促す効果のあるアルキルピラジンなど多くの効能が含まれています。

カフェインが全く含まれていない上に栄養やさまざまな効能を考えると、お子さんから妊婦さん、お年寄りまで全ての方に安心で身体に優しい飲み物といえそうです。

参考
ねむりの参考書(http://www.berry-counseling.com/1362/)

麦茶にはカフェインはないので妊娠中でも安心!

麦茶には妊娠中に摂取したいミネラルや食物繊維が豊富に含まれているので、食欲のないつわりなどの時期にも、栄養補給のために飲んでもらいたい飲み物といえます。
ただ、はと麦を主原料とした麦茶には気を付けてください。はと麦茶と麦茶は全くの別物です。
麦茶は大麦を主原料としていて、はと麦茶は、名前の通り、はと麦を主原料としているお茶となっています。
このはと麦は漢方ではヨクイニンと言われていて薬用としても使われているものです。
このヨクイニンという成分には利尿作用や解毒、抗菌作用などがあり、さらには子宮収縮作用があると言われているので、妊娠中の方は避けた方が良さそうです。
もちろんこれも、飲んだからといって直ぐに問題がおきるものではありませんが、大量、かつ長期に渡って飲むことは避けた方がいいでしょう。
妊娠中の方は大麦が主原料の麦茶を飲むことをおすすめします。

そして、夏の暑い時期に冷たくした麦茶をガブガブ飲むことはおすすめできません。
お腹の温度を冷やし、冷えの原因になることもあるからです。
キンキンに冷やした麦茶を飲むのは控え、常温か少し温めた麦茶を飲むようにしてください。

先ほども書きましたが、麦茶はコーヒーと同じように、焙煎し抽出した飲み物です。
麦茶を焙煎するときに生成されるアルキルピラジンという成分はコーヒー豆を焙煎するときにも同じ成分が出ます。
麦茶の香ばしい香りは、コーヒーを焙煎したときと同じ成分が出るため少しコーヒーに似ているのですね。
私は妊娠中に大好きなコーヒーが飲めなかったので、濃いめに抽出した熱い麦茶をコーヒー代わりに飲んでいました。
ミルクを入れると一層コーヒーと同じような味がして、満足することができました。

麦茶には利尿作用に加え、便秘の解消にもいいですし、妊婦さんの悩みでもあるむくみ解消にも効果があります。
母乳の出を良くする効果もあると言われていますし、GABA(ギャバ)というアミノ酸の一種が含まれていてイライラの解消にも一役かいそうなので、赤ちゃんを出産した後、お子さんが大きくなるまで強い味方の飲み物となってくれそうです。

いまではノンカフェインのコーヒーなども出ていますが、麦茶のさまざまな効能から見ても、麦茶コーヒーを飲むことをおすすめしたいと思います。

良好倶楽部(https://ryoko-club.com/food/barley-tea-effect.html)

さいごに

麦茶のカフェインについて紹介しましたが、いかがでしたか?
麦茶がノンカフェインということは知っている人は多いかと思いますが、麦茶に含まれる栄養や効能の多さや、はと麦茶は漢方に使われていて妊婦さんへは影響があるこということに驚いた方も多かったのではないでしょうか?
これらのことを踏まえ、それでなくても不安を取り除き大切にしたい時期でもある妊娠中や授乳中は、健康に気を付けて飲み物を選びたいものです。
自身の体調のためにも、赤ちゃんのためにも、出来るだけ身体に良い飲み物を見極めて飲むようにしましょう。