お金をかけずに今すぐできる!目の下のたるみ解消方法3選

人間関係

お金をかけずにマッサージをすることはできますが、たるみにきくパックも一緒に使うことで目の下たるみを改善される可能性があります。
目の下を改善するマッサージとパックについて紹介します。

自分でできる目の下のたるみ解消方法3選

目の下のたるみ原因について紹介します。

① 目元の筋肉が衰えている。

目の下のたるみと関わっているのが目の周りを覆っている「眼輪筋(がんりんきん)」の筋肉です。

眼輪筋は眼球をクッションのように支えている脂肪が、前に出ないように押し留める働きがあります。

眼輪筋の筋力が年を重ねていくと、筋力が下がり眼輪筋を使うことが少なくなるなど目の下の脂肪が眼輪筋を押し出すことで目の下のたるみができます。

目の下のたるみをケアする方法は、「眼輪筋を鍛える体操」がおすすめです。

② 肌のハリや弾力に関わる組織が減っている。

目の下やたるみを保つために肌は肌内部の真皮という層にあるコラーゲンやエラスチンなどで肌のハリを維持しています。

③年を重ねると肌が衰えやすい。

乾燥や紫外線による刺激で負荷がかかると衰えて、肌のハリがなくなるとたるみができます。
目元のたるみをお手入れするときは、肌内部のコラーゲンやエラスチンなどを作る細胞を増やす必要があります。

眼輪筋全体を鍛える体操

① 目を軽く閉じたらゆっくりと目をとじます。
② そのまま5秒間保ったら少しずつ目の力を抜きます。
③ 眉を上げて目をすぐ開きます。
④ 5秒間維持ながらゆっくりと目を開けます。

上まぶた部分を鍛える体操

① 口を「お」の形にして鼻の下を伸ばします。
② 目線を上に向けて目の下を伸ばします。
③ 下まぶたを引き上げてまぶしい顔をして5秒間保ちます。
④ ゆっくり目を開きます。

下まぶた部分を鍛える体操

① 人差し指を眉の上に置いたら眉をゆっくりと上げます。
② 人差し指は上がり眉を下に押さえて動かさない。
③ 上まぶたが伸びたら5秒間維持します。

※3つの体操を1日5回ずつすると効果があり、体操を毎日することで表情筋が動きます、顔の頬のたるみに悩んでいる人におすすめです。

時間がない人でも3分でスッキリした目元になるので、毎日継続してケアをしましょう。
目の下のたるみの改善するには、筋肉を鍛えることが重要で普段意識的に動かさない部分を3分動かすことで効果を実感できます。

目の下のたるみ解消便利グッズも使ってみよう

① クリアターン 集中ケアアイマスク

肌に直接触れるので天然コットン生まれの不織布ベンリーゼが、目元を包み込みデリケートな目もとから目じりまでお手入れができます。
肌へのやさしさにこだわっているので、弱酸性、無香料、無着色、無鉱物油でたっぷり使える22回分入っています。

「使い方」

・化粧水や美容液をつけたあとに使い、マスクを1枚ずつ取り出して開いたら目もとに静かにのせます。
10分くらいおいてからはずします。
週2~3回ですが毎日使うと効果を実感でき、乾燥が気になる人は朝、晩と2回使うこともできます。

② ぷるぷるアイシートマスク(60枚入)

フェイスマスク開発、製造で定評のある有限会社SPCが作っている保湿アイシートマスクです。
肌を柔らかくして乾燥しないように3種類のコラーゲン(純度の高い水溶性コラーゲン、乾燥から肌を守る加水分解コラーゲン、外部刺激を和らげるサクシノイルアテロコラーゲン)を使っています。

「使い方」

① 洗を洗った清潔な肌の上にアイシートマスクを貼ります。
② 5~10分そのまま時間を置きます。
③ シートをはがす前に手のひらで押さえて美容液を肌に浸透させてからシートをゆっくりはがしたら乳液や保湿クリームで水分が逃げないように蓋をしましょう。

④ 目もとパックシート 10枚

家で寝たまま集中ケアひと晩かけてビタミンが満ちていく3つの保湿オイル成分、レチノール(ビタミンA) コエンザイムQ10 ビタミンE+ヒアルロン酸(保湿水溶性成分)が入っています。
肌の奥までビタミンのパック成分が浸透して、気になる目もとやビタミンのパック使い続けると、少しずつ肌が元気になります。
寝ている間にゆっくりと肌になじむので、デリケートな人にもおすすめです。

⑤ インジェクション ケアパッチ (ヒアルロン酸 マイクロニードル) 2枚×1袋

マイクロニードルが美容成分を角質層に注入されます。
肌に潤いを与えるヒアルロン酸を浸透しやすくニードル状を肌につけることで、肌の隅々まで潤いを届けてくれる効果があります。
目元やほうれい線が気になる人、肌のハリが気になる人におすすめです。

⑥ マイクロニードル パッチ EGF配合

アクロパス アイズプラス) お試し 1セット(2枚入り)

寝ている間に小さい針状がヒアルロン酸を注入する目もと専用マスクです。
マイクロニードル技術は、ヒアルロン酸を針状に固めたシート状美容液パックで、特許製法で作られるマイクロニードル技術なので、肌に塗るだけでは隅々まで美容液が浸透しなかったが美容有効成分を優れた浸透力で肌の奥まで浸透させることができます。
年を重ねると気になる目もとや口まわりに使うことができ、肌に貼るとヒアルロン酸やEGFなどの成分が一日かけてパックすることで、美容液が肌の内側までじっくりとなじんで肌に潤いが戻りますよ。

まとめ

年を重ねると目元のたるみだけではなくしわやほうれいせんなど様々な顔の悩みが出てきますが、とくに目の下にあるたるみがあると実年齢よりも老けてみえるので毎日のお手入れだけではなく目元せんようのパックやマッサージをすることが大切です。