健康効果たっぷり!マカデミアナッツの成分を調べてみた

人間関係

ナデミアナッツは体にいい栄養がたくさん入っているけど、一日に食べる量やカロリー、成分、どんな効果があるのか紹介します!

マカダミアナッツの成分は?カロリーはどれくらい?成分は?

マカダミアナッツとは?

手でひと掴みしたマカダミア(15個・およそ30g)は、1日に必要なビタミンB1の1/3 – 食べ物からエネルギーを吸収して、心臓と神経系が正常に機能するために必要なビタミンです。

1日に必要なマンガンの1/4 は、抗酸化作用、骨の健康、通常代謝のために重要な微量元素で、1日に必要なマグネシウムの12% は、電解質のバランス、神経と筋肉の機能、骨強度維持のために必要な栄養です。

1日に必要な鉄分は、健康な血液とエネルギです。

1日に必要なナイアシンは、神経系の健康、食べ物からのエネルギー吸収、肌の健康状態の向上のために必要です。

1日に必要な銅は、抗酸化作用、免疫システムの機能、肌と髪の毛の健康状態を高めるために必要です。

マカダミアは、体に必要な栄養をとるために積極的に食べましょう。

どんな成分があるの?

① オレイン酸

オリーブオイルやアボカドにもたくさん入っているオレイン酸は、不飽和脂肪酸の1種なで、パルミトレイン酸も含め不飽和脂肪酸は、血行を促進し血液をサラサラにして健康にいいですよ。

② パルミトレイン酸

動脈硬化や高血圧などを予防する働きがあります。
パルミトレイン酸は酸化しにくいので保存ができます。
マカダミアナッツオイルは、美容マッサージなどで使うキャリアオイルが人気があります。
マカダミアナッツオイルを使うと肌にすぐなじみやすくバニシングオイルと呼ばれ色々な人が愛用しています。

③ タンパク質、脂質、糖質

マカダミアナッツは脂質、タンパク質、糖質も入っています。
タンパク質は、筋肉や皮膚、爪や髪の毛など、体を形にするために必要な栄養です。
脂質や糖質は、脳や体を動かすエネルギーの働きがあり生活するために必要です。

④ ビタミンB群(B1・B2・B6)

健康な体を維持するために欠かせない栄養が入っているビタミンB群(B1、B2、B6)も入っています。

ビタミンB1は、糖質などを体の中でエネルギーに変えるのを助ける働きがあります。
疲れた体を回復する効果があり、ビタミンB2、B6は、一緒に摂るとニキビやアトピー性皮膚炎に効果がありいつまでもきれいな肌を保ちたい人にぴったりです!

⑤ ビタミンE

マカダミアナッツに入っているビタミンEは、抗酸化物質として活性酸素から体を守ってくれる大事な働きがあります。
他にも免疫力を高める機能、血管内で血液が固まるのを防ぐ効果も期待できます。
ビタミンEは、老化や生活習慣病予防に効果がある栄養です。

⑥ カリウム

カリウムは、塩などにたくさん入っているナトリウムを体の外に出す働きがあります。
体の中にあるナトリウムの濃度を調節して、高血圧や腎臓疾患などの予防することができますが、カリウムが体の中で足りないとナトリウムの濃度の調節ができません。

高血圧や脳梗塞の病気にかかる可能性が高くなります。
尿として体の外に出されるため、利尿作用のあるアルコールやコーヒーなどをたくさんとる人はカリウムがたりません。
自分から積極的にカリウムを摂るために、アルコールやコーヒーのおともをマカダミアナッツに変えると効果が高まります。

⑦ マグネシウム

カルシウムとマグネシウムは、骨の形成に必要なミネラルです。
他にも体の中にあるエネルギー代謝を助ける働きや血液の循環を促す働きがあります。
マグネシウムは日本人が足りない成分で最近は、加工食品や外食が多くアルコールをのむ人が増えている食生活が影響しているようです。

睡眠が足りない、ストレスがかかることで、体の中にあるマグネシウムをたくさん使うため、足りなくなります。

マグネシウムが足りなくなると、頭痛や便秘だけではなく骨粗しょう症などの生活習慣病、うつ病などの精神病気になります。
動脈硬化や心筋梗塞になる可能性が高まるので注意が必要です。
マカダミアナッツ15個(およそ30g)は、一日に必要なマグネシウムの約12%(39mg)をとることができます。

⑧ 鉄

体の中にある鉄不足は貧血の原因で、マカダミアナッツは鉄も入っているので積極的に食べると貧血の予防を改善できます。

鉄は動物性食品にたくさん入っている「ヘム鉄」と植物性食品は非ヘム鉄があります。
マカダミアナッツに入っている非ヘム鉄は、ヘム鉄に比べると体内の吸収率が低いがビタミンCと合わせてとると、体の中へ吸収率が高めることができます。
鉄が足りなくなるので、栄養バランスの良い食をしましょう!

⑨ 食物繊維

食物繊維は腸に良いのは昔から知られていますが、整腸作用による健康効果が挙げられ、最近はからだに必要な栄養素で、タンパク質・脂質・炭水化物・ビタミン・ミネラルだけではなく、食物繊維は、血糖値が上がるのを抑える働き、血液中のコレステロール値を下げる効果があります。
食物繊維は不溶性と水溶性の二種類があり、腸を刺激して老廃物を出す不溶性食物繊維が入っています。

カロリーは?

マカダミアナッツのカロリーは10g(5個)で72kcalのカロリーです。

マカダミアナッツは100gで720kcalカロリー、80kcalあたりのグラムは11.11g。
脂質が多く7.67g、炭水化物が1.22g、たんぱく質が0.83g、ビタミン・ミネラルではセレンと銅の成分が高く糖質の量は0.6gです。

マカダミアナッツオイルにはこんな効果があった!

① 冷え性の改善できます。

オレイン酸とパルミトレイン酸がたくさん入っています。
オレイン酸とパルミトレイン酸は、血行を良くするために体温の上昇を補助する働きがあり、冷え性の人におすすめしたい栄養素でマカダミアナッツを朝ごはんで食べましょう。

人は朝に体温を上げてからだを目覚めさせると体内の働きを活性化させます。
マカダミアナッツを食べると体温の上昇を手助けしてくれます。

朝食でマカダミアナッツを手軽に取り入れたいなら、シリアルやグラノーラに乗せる、温かいスープにして食べましょう。

マカダミアナッツオイルを使っても効果があります。
朝食の味噌汁に入れる、マカダミアナッツオイルを使ったドレッシングを作り置きすると毎日のサラダで簡単に食べれます。

② 便秘の解消できます。

食物繊維は整腸作用が高く便秘解消の効果がある栄養で、ダイエットにおすすめです。
ダイエット中は好きなものを好きなだけ食べられないので、ストレスがたまってしまう可能性があります。
腹持ちがいい栄養がたくさん入っているマカダミアナッツをおやつのかわりに食べると少量でもおなかにたまりイライラも改善されます。

③ コレステロール値を下げます。

オレイン酸は血液の中に入っている悪玉コレステロールを減らして、善玉コレステロールを守る働きがあります。

オレイン酸は不飽和脂肪酸の中で熱に強い脂肪酸の一つで、炒めものや揚げ物は成分がダメになりません。

マカダミアナッツで簡単にオレイン酸をとるなら肉や魚を炒めるときの油や揚げ油をマカダミアナッツオイルに変えるといいですよ。
煎ったマカダミアナッツを料理に添えると、普段と一味違うレストラン風のおかずに変えることができます。

④ 脳卒中を予防できます。

脳卒中は脳血管の栄養不足が原因で脳血管は限られた栄養素だけ通ることができません。
マカダミアナッツに入っているパルミトレイン酸は、血管を通ることができる数少ない脂肪酸です。

パルミトレイン酸をからだの中に取り入れる方法は、マカダミアナッツを食べることができ、おつまみやデザートにして食べる、ごはんのおともにマカダミアナッツを食べると効果があります。

⑤ 血管を丈夫にします。

パルミトレイン酸は血中に溶け込みやすく、パルミトレイン酸を摂ると血管内に栄養を供給する役割を果たすために血管が丈夫になる効果あります。

パルミトレイン酸がたくさん入っているマカダミアナッツを毎日の生活で、手軽に取り入れるために自宅でかんたんに作ることができるマカダミアミルクがいいですよ。

マカダミアミルクを作ったあとは、3日くらい冷蔵保存ができます。
マカダミアミルクにかえると毎日体に必要な栄養を取り入れることができます。

⑥ 心疾患のリスクを軽減します。

たくさんの女性が悩んでいる冷え性や肩こりなどの症状に効果があるビタミンEもたくさん入っています。
ビタミンEは血液循環を改善して抗酸化作用もあり心臓病のリスクを下げる効果もあります。

まとめ

マカダミアナッツは様々な栄養が入っているので、貧血がある人や1日の栄養が足りない人などにおすすめの食べ物です。
マカダミアナッツを食べて生活習慣病から体を守る必要があります。
マカダミアナッツをおやつかわりに食べてみませんか!?