車の運転はセンスじゃない!安全運転に必要なことって何?

マナー

免許をとって長く運転していても運転に自信がない人はいると思います。
運転はセンスがなくても安全に運転することが大切です。
運転に必要なことやコツなどについて紹介します。

運転センスがないという人でもできる安全運転のコツ

人の命を大事に思う心が安全運転のコツです。

道路に歩いている全ての歩行者、自転車を運転している人、まわりのドライバー、すべてを自分の家族のように考えてアクセルやブレーキを踏みましょう。

クラクションを鳴らし過ぎるスピードを上げてあおることはなくなります。

交通ルールは道路を安全に整理するための大切な約束ですが、運転する人にルールを守る意識がなければ、交通規則を守ることは大切なことです。

道路状況はいつも変化しています。したがって、その変化に応じて安全運転をする必要があります。

そのためには、絶えず注意力を上げて集中して運転することが重要です。一瞬も心に隙があってはならないのです。

最近は、スマホを片手にWEBを見たりメールを読んだり(書いたり)、電話をしたりしているドライバーがいます。また、カーナビを注視して、道路状況に対して注意が散漫になることがあります。

① 運転中は絶対にスマートフォンを操作しない。

ながら運転は、もっとも危険な運転となり、運転に集中することが安全運転のコツです。

② 心に余裕を持つ

実際に運転してみると交通規則では決められない現象があり、お先にどうぞと譲り合いの精神が安全運転のコツなので心に余裕をもった運転をしましょう!

③ もしかして運転を心がけます。

自分に都合良く予測することは「だろう運転」と言われています。
もしかして、前の幼児は飛び出して来るかも」、最悪の事態や危険を予測して運転するのは「もしかして運転」です。
もし幼児が飛び出してきても心構えができます。

④ 心の状態を平静に保ちます。

ドライバーが交通事故を起こす理由はドライバーの心理状態が起因しています。

怒っている、焦っている、疲れている、イライラしているなどの心理状態は、ドライバーが交通事故を起こす可能性があります。
睡眠不足は注意散漫になる、判断力が衰えたりする原因になるので睡眠をとりましょう。

うつ病などの心理状態にある人は、医者と相談して、自分が運転しても大丈夫なのか相談しましょう。

運転免許取り立ての時期が事故率は最も高いです。
運転に不慣れで免許を取得したのだから大丈夫だという過信が事故につながっている可能性が高いので慎重に運転をする必要があります。

⑤ 自分の運転能力を把握して慎重に丁寧に運転しましょう。

運転するときは、運転しやすい靴を履きましょう。
ハイヒールやかかとが引っかかってしまう靴ははかないようにしましょう。

⑥ 危険は油断の先にあります。

スマホを見ながらの運転をするのは絶対にしないようにしましょう。

止まっている自動車や建物の陰から人が飛び出してくる可能性があります。
すぐ止まれるように徐行と停止ができると事故を避けることができます。

油断した時が一番事故がおきることをわすれずに、発車時、停車時、カーブ、バック時は徐行を心がけましょう。

中見出し②安全運転に必要なイライラ対策3つ

① Sはスピードです。

スピードを出せば出すほど停止距離が延びて、事故になる可能性が高くなります。
スピードを抑えて運転をしましょう。

② SはストップのSです。

見通しの悪い交差点など安全確認がしにくい場所は、止まることが必要です。

③ Sはシーは見るです。

何事もよく見て安全確認を徹底すれば事故になることはありません。

ガムを噛んだりアメを舐める行動がストレス解消になる、甘いものを摂ることで心が落ち着く効果が期待できます。

コーヒーに含まれるカフェインにも鎮静作用があり気分をリラックスさせます。

イライラ解消法が音楽を聴いたり、歌ったりする方法、大声で歌うときには窓が閉まっているのを事前に確認するようにしましょう。

運転中に溜まった疲れは、信号待ちや渋滞で停車しているときなどに、腕を回して体を動かしましょう。
肩を上下させたり、首を回す、手足や背筋を伸ばすなどが効果があります。

長距離の運転は2時間くらい運転したら外に出て体を動かすと眠気も覚めます。

まとめ


免許をとって長い間車に乗っていても運転に自信がない人はいますが、運転センスでなくて運転するときに安全に運転することが大切だと思います。
運転するときに心がけることは、周りに人がいないか、左右を確認して安全に運転することが大事です。

最近は高齢者による運転事故が多いので、運転をするときは周りをみて運転をしましょう。