車椅子のレンタルするならどこ?一日だけでもできる?

人間関係

足腰があまり強くない高齢者は、なかなか遠出が難しいものです。

道中急に歩けなくなるなどもあり、配慮する必要があるでしょう。

そこで車椅子のレンタルです。

今回はそれを、基本的な選び方等も交えてお伝えします。

車椅子をレンタルする前に!種類ごとの特徴と選び方

車椅子のレンタルについては、ネットで検索を掛けるだけで

ダスキンなどの誰もが知る企業から、地元密着型の企業まで

数多く引っ掛かってきますので、そこから選ぶ形になるでしょう。

ですがその前に、一口に車椅子と言っても種類はさまざまですし

各々で特徴があることを知っておかないと、せっかくのレンタルも

いざ座る本人が、「合わない」「疲れる」となれば台無しです。

ということで、ここでは車椅子の一般的にある種類についてと

それらの特徴を記載させていただきますので参考にして下さい。

まず車椅子というのは大きく分けて…

介助用車椅子

自走式車椅子

自動式車椅子

の3種類があり、ここから絞らなくてはなりません。

介助用は被介助者が車椅子に座り、介助者が後ろにあるハンドルを握り

介助者が操作をするもので、比較的コンパクトなのが特徴です。

自走式は、いわゆる世間に浸透している一般的な認識の車椅子で

介助用のようなハンドルもあれば、タイヤにもハンドルがあり

介助者、被介助者共に操作が出来るタイプとなっています。

自動式は、車椅子にモーター並びにバッテリーが搭載されていて

手すり付近に設置のレバーを操作することで自走するタイプです。

比較的大型で、小回りが効かないという弱点もあります。

以上が「大きく分けて3種類」のご紹介で、以下はさらにそこから

細かく種類が分かれたものをご紹介します。

1.スタンダード

介護施設、医療機関、家庭で最も多く使われている車椅子です。

おそらく車椅子と言われて、最初に想像するのはコレでしょう。

2.リクライニング

背もたれが倒れるタイプの車椅子で、同じ姿勢を長時間保てない

また同じ姿勢を取ることに問題のある、被介助者が利用します。

またリクライニングだけでなく、座席も連動するティルトタイプも

装備されている車椅子もあるので、状況によって判断しましょう。

3.多機能

細かな部分が可動、応用が効く車椅子で、高い汎用性を誇ります。

被介助者の身体や状態に、車椅子が合わせることが出来ますので

比較的症状が重い方や、スタンダードの車椅子に不満がある方は

こちらの方が、ストレスなく使用出来るかもしれません。

4.競技用

パラリンピック等のニュースで見たことがあると思いますが

いわゆるタイヤが「ハの字」になっている車椅子となります。

タイヤに角度を付け、旋回を容易にしています。

これは今回の主旨から外れてしまいますが、種類ということで

参考程度にご覧いただければ、それでよろしいかと思います。

次に選び方のご説明になりますが、やはり基本は「身体」です。

被介助者の身体の大きさが、その車椅子に合うかどうかと言うのは

長時間乗り続けるために、必須の項目になると言えますので

ここはもはや前提と言っても誤りではないでしょう。

次は、車椅子に何を求めるかが焦点となるでしょう。

あくまで移動手段としてだけ、乗り心地や機能などどうでもいい

というのであれば、介助用のスタンダードで何ら問題ありません。

逆に、乗り心地重視で同じ姿勢は辛い、自力で操作は大変な場合は

リクライニングタイプの自動式にするのがベターでしょう。

要は、被介助者の状態や要望を考慮するということですね。

次は嗜好の問題となりますが、電動か否かの選択です。

どちらでも構わないという状況なら、全く身体を動かさないのも

筋力の低下等あまりよろしくありませんので手動がおすすめですが

手動というのは案外キツく、結局介助者が押すことになるので

お好みでどうぞ、というのが答えになります。

車椅子のレンタルは一日からでもできる?

これで、車椅子に関する基本的な知識やその選び方については

問題ないと思いますので、良いチョイスが出来るでしょう。

もっとも、レンタルというと最低◯日とか1週間、◯週間など

ある程度まとまった期間でなければ、レンタルは出来ないのでは?

と思われる方は少なくないと思いますし、そう思って然りです。

ですが最近の車椅子レンタルというのは、それこそ文字通り

「利用者が指定する期間だけ」のレンタルが可能になっており

それに伴い1日からでも車椅子をレンタルすることが出来ます。

もちろん、1カ月などの長期もそれ以上の期間も相談により可能で

非常に自由度の高いレンタルを実現しているのが現代ですので

気軽に連絡をして、まずは相談という形を設けてみましょう。

オペレーターが親切丁寧に、しっかりと説明してくれます。

なお金額についてですが、企業によっては利用者に対して

介護保険の有無を求めてくることがあり、その有無でレンタル料が

非常に大きく変わってくることがあるのでそこは要チェックです。

例えば、介護保険の有無でそれぞれ月1,000円、10,000円と

10倍ほど料金が変わる場合もありますので、それについては

企業のサイトを見て、しっかりと確認する必要があります。

中には、最初から介護保険を求めない企業もあるのですが

料金がそもそも高額だったり等、それを知らずして契約すると

後のトラブルに発展するので、そこは怠らないようにして下さい。

もちろん、介護保険の有無抜きで格安なところも存在します。

そこさえ理解出来て、且つ介護保険をお持ちであるのなら

大抵は格安でレンタル出来ますので、悩む必要はないでしょう。

場合によっては、一月何百円でレンタルすることも可能です。

金額が金額ですし、ハードルはとても低いのではないでしょうか?

なお余談になるかもしれませんが、車椅子を購入する場合は

まさにこれもピンキリではあるものの、最低でも10,000円以上

高額なもので400,000円を超えるようで…さすがに後者は

手が届きませんし、どこに保管したらいいのやら…です。

【まとめ】

今のご時勢、車椅子も購入ではなくレンタルの時代です。

その時だけ必要であるにも関わらず、購入するなどナンセンスで

そういうケースが多い家庭には、本当に大助かりですよね。

その車椅子はお母さんのためですか?

適切は車椅子をレンタルしてあげて、心配のない遠出を

思う存分させてあげて下さい。