知ってた!?紅茶には実は驚くべき効能がある…!

料理

紅茶には色々な効能があると聞きますが、実際どのような効能かは

はっきり分らないですよね。

なんとなく、体が温まりそう、美容にもよさそうというイメージは

ありますが、細かな効能までは知らない人が多いと思います。

紅茶には、脂肪燃焼や利尿作用、風邪予防や虫歯予防、美容効果、

冷え症予防など様々な効能があります。

中でも、現代人に多い冷え性に効果的なのは嬉しいですよね。

紅茶はコーヒーと同じで、カフェインが入っているから、体を冷やして

しまうのでは?と思いますよね。

しかし実際は違うんです。そこで、紅茶の効能の1つにある「冷え」

の効果について紹介したいと思います。

また、紅茶の利尿作用に効果についてもまとめました。紅茶を飲むと

トイレが近くなるのはどうして?の疑問にお答えします。


紅茶の効能その1 冷えに抜群の効果あり!

手足が冷えて体がなかなか温まらない。いつもお腹がひんやり冷たい。

冬の季節だけでなく、一年中冷えに困っている人は多いですよね。

冷えは万病のもととも言われていて、軽く見てはいけないんです。

冷え性を改善するためには、色々な方法がありますが、実は紅茶がとても

効果があるんです。

温かい飲み物ならなんでも冷えに効くというわけではありません。

緑茶やコーヒーはかえって冷えを悪化させてしまうと言われているんです。

緑茶やコーヒーに含まれるカフェインが実は体温を下げてしまいます。

では、紅茶のカフェインも体を冷やしてしまうのでは?

いえいえ、紅茶は大丈夫なんです。

紅茶は発酵した茶葉を使っているため、酸化酵素が活発になり、

代謝を高めてくれるんです。

そのため、体温を下げずに温めてくれる効果があります。

紅茶の体を温めてくれる成分を、紅茶ポリフェノールといいます。

なんとなく、聞いたことがありますよね。

冷えを感じた時には温かい紅茶を飲むのがおすすめです。

でも、紅茶ってたくさん種類があって、どれが一番冷えに効能があるのか、

分らないですよね。

一般に紅茶には、どの種類であっても冷えを改善する効果はありますが、

特に紅茶ポリフェノールを多く含む茶葉は、「ウバ」や「ディンブラ」です。

ウバは独特の風味があり、ストレートティーで飲むこともできますが、ミルク

と一緒に飲むのがおすすめです。ディンブラもミルクティーが合いますよ。

また、紅茶と「生姜」を組み合わせると、さらに冷えに効果的になりますよ。

生姜には身体の血流を良くし、新陳代謝を上げてくれる効果があります。

根生姜をすりおろしたり、絞り汁を入れるのが一番効果的ですが、市販の生姜の

チューブを入れてもいいですよ。

冷えが強い方はぜひ、試してみてください。


紅茶の効能その2 利尿作用に働きかけます!?

紅茶はもちろん水分なので、尿になりますが、水やジュースよりもトイレが

近くなりますよね。

紅茶には、利尿作用があり、身体の老廃物の排出循環を促してくれる働きが

あるんです。

ここで、トイレが近くなる(利尿作用)の仕組みを紹介しますね。

紅茶を飲むと、紅茶に含まれるカフェインによって、交感神経が刺激され

て腎臓の血管が広がります。

腎臓には体の中の血液をろ過して、カラダの中にある不要な老廃物を尿として

体の外に出し、必要な栄養分は体の中に戻す機能があります。

紅茶を飲んで広がった血管にたくさんの血液が流れ老廃物がたくさん出ることに

よって尿がたくさん作られます。
さらにカフェインには水分の吸収を抑制する働きもあるので、トイレが近くなるん

ですね。

利尿作用はトイレが近くなるからあまりいい効能ではないと思いがちです。

しかし、悪いことばかりではないんです。

利尿作用によって、体から老廃物が出て、むくみがとれ、見た目をスッキリ

させるので、ダイエット効果にもなります。

また、老廃物は肌荒れの原因になるとも言われています。 尿と一緒に老廃物を

出してくれることで美肌効果、デトックス効果も期待できますよ。

まとめ

冷えや利尿作用について紹介しましたが、紅茶には他にも、殺菌作用や

虫歯予防といった効能があります。

紅茶に含まれるタンニンには殺菌作用があり、風邪予防や口臭予防に効果的

なんです。

風邪予防や風邪を引いたときは、ただの水よりも紅茶うがいがおすすめです。

紅茶で体を温めて、体を冷やさないようにしたら、さらに紅茶うがいで風邪予防

するといいですね。

このように紅茶には様々な効能があります。

即効性のある効果ではありませんが、ゆっくり続けていくことが大切です。

また、生姜やはちみつ、黒糖を加えたり、ミルクティーにしたりと紅茶には

色々なアレンジができます。

同じ味に飽きた時は、紅茶をアレンジして飲むのも楽しいですよ。

ただし、どんなものにでも言えることですが、摂りすぎは体に毒になります。

紅茶の飲みすぎは控えましょう。

個人差はあると思いますが、紅茶を飲む習慣を作ることで、少しずつ体質は

改善していきますよ。