気分が何となく良くなってくる?紅茶を飲むとどんな効能が?

人間関係

紅茶にはどんな効果があるのか気になりますよね?
最近はスーパーやドラッグストアにも売っているので手軽に購入できるので、のみたいときに購入することができます。
紅茶はいつ飲んだ方がいいの?飲み方について紹介したいと思います。

眠れなくなったりしない?紅茶の効能って寝る前だとどうなる?

ハチミツ紅茶を寝る前に飲んで効果を実感する正しい飲み方があります。

 

紅茶にはカフェインが入っているので夜寝る前にのむと眠れなくなる原因は覚醒してしまうからです。

ハチミツ紅茶を寝る前より寝る1前間前に飲むことをおすすめします!
200mL~400mLの温かい紅茶に大さじ一杯分ハチミツを入れてよく混ぜて、1時間前に飲むことで紅茶の持つカフェインの覚醒作用に影響されません。

ハチミツには安眠効果があるので温かい紅茶だけではなく温かいミルクに入れて飲むと、質のいい睡眠をとることができます!
体の疲れもとれて体の代謝が上がり健康やダイエットに効果があります。

紅茶って種類がかなり増えてきたけどその効能と効果って?

①脳卒中予防や血圧上昇を抑える働きがあります。

血圧は健康のバロメーターに大切です。最近は昔に比べて塩分がたくさん入っている食事が多いので、高血圧になりやすいです。
茶カテキンを使って飼育したときは脳卒中が2週間も遅れる結果が出ました。

②ガンを抑制する働きがあります。

健康を意識した食事に改善することでガンの発生を予防したり減少するそうです。
紅茶の成分にはポリフェノールが入っているのでガン細胞が別の血管に接着するのを防ぐことができます。

③動脈硬化の進行を抑えてくれます。

体に必要な血小板の固まる効果が必要以上に増えすぎると病気になる原因になります。
血管内で血液が固まって血栓ができると血液の循環を妨げてしまうので脳梗塞や心筋梗塞が起きる原因になります。
血栓ができる原因は動脈硬化の進行は血管が老化しているからです。

紅茶と緑茶に効果がありセイロン(スリランカ)産、ケニヤ産、アッサム産の紅茶の中に、
カテキン類をとることで悪玉コレステロールを抑える作用があり、血栓の予防に効果があります。

④食中毒の解消

細菌性の食中毒は症状が重いときは紅茶をのむことをおすすめします!
殺菌作用があり食中毒の症状を和らげるのに効果を発揮してくれます。
以前流行したO-157も紅茶で効果があります。

⑤インフルエンザの感染から守ることができる。

紅茶にはインフルエンザのウィルスの活動や菌を抑える働きがあります。
紅茶の中に含まれるテアフラビンの働きでA型、B型などウィルスの種類に関係なく即効性があります。
細胞がウィルスに感染しても菌を抑える働きがあります。

紅茶の抗ウィルス作用を市販のうがい薬と比較すると紅茶のほうに効果があることがあり、出がらしの紅茶で十分効果があります。
インフルエンザが流行する冬場はお出かけ前や外から帰ったら後に毎回「紅茶のうがい」をする習慣をつけることが大切です。

⑥アレルギー予防にも効果があります。

花粉症をはじめアレルギー性鼻炎、気管支ぜんそくなど、アレルギー疾患の症状を和らげたり予防したりするのに紅茶が効果があります。
アレルギー反応に深く関与する抗体を持ったラットに紅茶、緑茶、ウーロン茶を与えたら、お茶にもアレルギーを約50%抑える効果が認められました。

⑦筋肉を刺激して運動能力を高める

紅茶にはカフェインが含まれていてカフェインは筋肉刺激剤ともいわれているそうです。
カフェインは中枢神経に作用して特に知能的な要素、精神的な精密さと関連する競技に深い関係があり、長距離走、クロスカントリー、サイクリングなど持久力を必要とする競技に有効です。
中枢神経の興奮によって表れる疲労をカフェインが抑えてくれます。
カフェインは脂肪の燃焼を促進させる働きがあり眠気を覚ます効果もあります。

⑧虫歯予防に効果がある。

甘いお菓子やケーキに紅茶はとても合いますがお菓子を食べすぎると虫歯になると思いがちですが、紅茶にはフッ素が含まれているので虫歯予防の働きを持っています。
脂肪の燃焼を促進させる効果があるので太る心配もなく安心して食べることができます。

⑨目の疲れをとる

紅茶の抽出液をまぶたに塗ると目の疲れを解消してくれますが、ビタミン類やカテキン類が目の皮膚に浸透することで効果を発揮します。

⑩精神的にリラックス効果があります。

紅茶を飲んだあとのほうが精神的にリラックスしていました。
紅茶にはリラックス効果がありストレスを解消して慢性疲労を感じる方にもお勧めです。

⑪自然に無理なくダイエットできます。

カフェインには脂肪の燃焼を促す働きがあり、カフェインが入っている紅茶にもダイエット効果があるので紅茶のダイエット効果はありません。
ダイエットするときは砂糖は入れないでできるだけストレートティーで飲みましょう。

まとめ

紅茶は身近にあるお茶なのでのみたいときはスーパーやドラッグストアなどで購入しましょう。
紅茶はカフェインが入っているので寝る前に飲むと眠れなくなるので、寝る1時間前にのむことをおすすめします!
夜眠る前以外だけではなく昼間のむことでリラックス効果や生活習慣病などを予防することができます!