紅茶のカフェイン、気にしたことありますか?

人間関係

どんなときに紅茶を飲みますか。
仕事や家事の合間やひと息つきたいときなど、気持ちをホッとさせるには、紅茶は打ってつけですよね。
紅茶は、茶葉の種類が豊富に揃っており、ストレート、レモンティー、ミルクティーなど自分の好みや気分に合わせて飲み方が選べるので、多くの人から愛されています。
そんな紅茶を1日に何杯も飲んでしまう、という方もいらっしゃるのではないでしょうか。
しかし、コーヒーにカフェインが含まれているのと同様に、紅茶にもカフェインは含まれています。
カフェインは、ある程度の摂取であれば、良き効果をもたらしますが、過剰摂取してしまうと健康に被害を及ぼす可能性が考えられます。

みなさんは「カフェイン」を摂取すると、身体にどんな影響を与えるのかご存知ですか?

<カフェインの効果>

・眠気が覚める
・頭がスッキリする
・疲労感がとれて、疲れを感じにくくする
・集中力があがる
などの効果がありますが、身体に良くない効果があることもわかっています。
内閣府の機関である「食品安全委員会」は、カフェインの摂取によって、引き越しかねない症状を発表しました。

<急性症状>

・めまい
・心拍数の増加
・興奮
・不安
・震え
・不眠症
・下痢
・吐き気

<長期間摂取した場合の可能性>

・肝機能が低下していると高血圧になるリスクが高くなる。
・カルシウムの摂取が少ないと骨粗しょう症の発症の原因になる。
・妊婦のカフェイン摂取は、胎児の発育を阻害する。
など、健康の面において無視できない内容のものばかりです。
カフェインと上手に付き合いながら、紅茶を嗜む方法につてお話します。

紅茶はカフェインが含まれるから、夜は眠れない!?

先述しましたが、カフェインには眠気を覚ます効果があるため、紅茶を飲みすぎると「眠れない」、なんてことが起こり得ます。
でも、一日の終わりにリラックスタイムとして紅茶を飲みたい、という方もいらっしゃるのではないでしょうか。
そんな時は、“ノンカフェイン”、もしくは“ローカフェインティー”の紅茶を飲んでみてください。
これらの紅茶は、カフェインを取り除いてあるので、カフェインの効果にある「眠気を覚ます」ということがなくなります。
しかし、本来あるものを人の手によって取り除いている訳ですから、通常の紅茶より風味が劣ることは、予めご了承願います。
また、カフェインの成分は、紅茶に程よい苦味を与えるので、紅茶好きの方にとっては「必要不可欠」と考える方もいらっしゃるかもしれません。
そんな方は、苦味の代わりにフレーバーのある紅茶を飲んでみてはいかがでしょうか。
苦味がなくてもフルーツの味で飲みやすくなるかもしれません。
また、よりリラックス効果が高める飲み方としては、ノンカフェイン紅茶に、安眠を誘うと言われるカモミール。
もしくは、気持ちを落ち着けると言われるレモンバームといったハーブなどを合わせるのがオススメです。
しかしながら、眠る前にカフェインのことばかり気にしてしまうと、カフェインとは関係なく、「眠れない」なんてことが起きてしまいます。
あまりカフェインのことを考えすぎず、リラックスしながら、「紅茶を味わう」その時間こそが大切なのではないでしょうか。

紅茶のカフェイン含有量って多い?少ない!?

紅茶に含まれるカフェイン含有量が「どれくらいか」というのは、一概にはお話できません。
なぜなら、紅茶に含まれるカフェイン含有量は、淹れ方や茶葉の種類によって変わってくるからです。
しかし、ここでは敢えて紅茶のカフェイン含有量についてお話するならば、乾燥状態(紅茶を淹れる前の状態)の茶葉では、約3%のカフェインを含むと言われています。
しかし、これがどれくらいの量になるのか想像が出来ないかと思います。
それでは、コーヒーと比べてみましょう。
コーヒーのカフェイン含有量は約1%になりますが、カップ1杯に対してコーヒー豆の量は、茶葉よりも多く使っています。
なので、カップ1杯を飲んだ場合では、コーヒーの方が、結果としてはカフェインを多く摂取することになります。
それでは、茶葉の中でも人気のあるアッサムとダージリンではどれくらいの含有量になるのでしょうか。
アッサムを100度で淹れた場合とダージリンを水出しで淹れた場合では、ダージリンの方がカフェインの含有量が多くなります。
このように、淹れ方が違えばカフェイン含有量は違ってきますが、それ以前に茶葉の種類によってカフェイン含有量は大きく異なってくると考えられます。
しかし、紅茶を淹れるときは、茶葉を4~5倍以上に薄めて抽出し、飲んでいます。
そのため、どの紅茶を飲んでも、実際に摂取するカフェイン量はコーヒーより少ないことは間違いありません。

最後に

どんな食べものにでも言えますが、どの成分も過剰摂取してしまえば、身体には害になることがあります。
カフェインは、体内に入れるとすぐに吸収され、30分~1時間ほどでピークに達し、その後、数時間かけて分解されていきます。
しかし、その分解や排泄にかかる時間は人それぞれです。
カフェインが体内に長く残る体質であれば、その分カフェインが及ぼす影響も長くなってしまうこともありえます。
そのため、もともと寝付きの悪い方が眠る直前に紅茶を飲んでしまうと、睡眠に影響を与える可能性があることは忘れないでください。
一日の疲れを癒すのに紅茶が必要ならば、紅茶の茶葉や飲み方を選びましょう。
そうすれば上手にリフレッシュすることが出来るようになるはずです。