紅茶の入れ方の基本!おうちカフェでも美味しい紅茶を楽しみたいあなたへ 

人間関係

紅茶にはリラックス効果があり、ストレスを軽減するには最適な飲み物です。
味も種類も豊富で1日を通して、その時に合った紅茶を選んで飲むのも楽しみですね。
でも美味しい紅茶の入れ方って皆さんご存知ですか?色が出たらそれでいいのでしょうか?
意外と知られていない紅茶の美味しい入れ方について紹介したいと思います。

実は、紅茶の入れ方は簡単なんです・・・押さえるべきポイント3つ

①紅茶には軟水を使うようにしましょう。
水には硬水と軟水があります。ヨーロッパやアメリカなどは硬水が多く、海外のミネラルウォーターも硬水のものが多いと言われています。
日本は一部地域の水を除き一般的には軟水ですので、日本の水道水を使うようにしましょう。

水はミネラル類と酸素とカルシウムの割合により硬水や軟水、純水などに分かれています。
この割合が紅茶の香りや色に関係してきます。
日本の水道水は、この割合がお茶に適しており、そのまま飲むミネラルウォーターやピュアウォーターに比べ、沸騰させて飲むお茶や紅茶には適しているといっていいでしょう。
ミネラルウォーターやピュアウォーターは、基本的に、そのまま飲むために作られています。
ミネラル類がおおく、酸素の含有量が少ないため、お湯を沸騰させてのむお茶には適していません。

②汲みたての水道水を2分くらい沸騰させたお湯を使いましょう。
紅茶にはミネラル成分と酸素とカルシウムの割合のいい水道水がおすすめと書きましたが、水を長時間沸騰させると酸素が無くなり、カルシウム濃度が上がってしまい、紅茶には適さないお湯になってしまいます。
魔法瓶の中のお湯を再度沸騰させるのも、一度沸かしたお湯を再度沸騰させるのも酸素が無くなっているので良くないでしょう。

③沸騰させたお湯を一気に茶葉の入ったポットに注ぎましょう。
茶葉の対流を促すために、高い位置からお湯を注ぐといいと思う人も多いかもしれませんが、沸騰したお湯は直後から急激に温度が下がります。
お茶の成分を十分に出すには95℃以上のお湯であることが大切です。
沸騰したお湯を一気にポットに注ぎ、できるだけ温度が急激に下がらないよう、ポットカバーやフタなどをかけて待つようにしましょう。

本場をマネしてみたい方向け 紅茶の入れ方 イギリス家庭バージョン

先ほど、ヨーロッパでは硬水が多いとお伝えしましたが、紅茶の本場イギリスではどうしているのでしょう。
硬水はミネラル類が多く含み、その水で紅茶を入れるとどうしても紅茶の水は黒ずんで、香りも抑えられてしまいます。
そこでイギリスではコクのある紅茶をブレンドする技術が発達したといわれています。
そのため日本では紅茶をストレートで飲む人が多いかと思いますが、イギリスなど硬水の地域ではミルクティーで飲むことが多いようです。これは紅茶の黒ずみを隠しているのでは?
とも言われています。

ではイギリス本場ではどのように紅茶を楽しんでいるのでしょう?
イギリスでは90%以上がティーバックで飲まれているようです。
日本人が緑茶やコーヒーを手軽に楽しんでいるように、イギリスでも紅茶は日常的に飲まれています。
カップもティーカップではなく、マグカップを使い、たくさんの紅茶を気軽に楽しんでいるようです。

ミルクティーにする場合は、ミルクをティーバックと一緒にマグカップに入れ、そこに沸騰したお湯を注ぎいれ、フタをして4分~5分ゆっくり抽出しましょう。
ミルクティーにはアッサムかセイロン、ウバなどのミルクに負けないコクと甘みのある濃いめの紅茶が合い、おすすめです。

正式な英国式ストレートティーの入れ方をご紹介したいと思います。
1.汲みたての水を火にかけます。
2.お湯を沸かしている間にポットに水を入れレンジで温めます。お湯が沸いたらポットの中のお湯は捨てましょう。
3.カップ1杯につきティースプーン1杯(1~2g)の茶葉をポットに入れ、沸騰したお湯を一気に注ぎます。温度は95℃以上のお湯を注ぐようにしましょう。
4.3分~5分蒸らし、ポットを軽く回し茶殻を対流させ、濃さを均一にしてからカップに注ぎ分けます。ミルクティーにする場合は、ミルクを入れたカップに紅茶を注ぎ入れましょう。飲みごろの温度は60~65℃となりますので、やけどには十分注意して温かく美味しいうちに飲むようにしましょう。

参考
日本紅茶協会(http://www.tea-a.gr.jp/)

さいごに


スポンサーリンク

アフタヌーンティーというと、少し上品でお高いイメージがありますが、日本人が日常的に緑茶に親しんでいるのと同じように、イギリスでも一般的な飲み物として気軽に飲まれているものです。
これでなくてはならない。という正解があるわけではなく、色々な楽しみ方があっていいのではないでしょうか。
紅茶の特性を知り、それぞれの暮らしに合った紅茶との付き合い方を見つけて、楽しんでいただけたらと思います。